JRA競馬『当てるコツ』は、TOPリーディングジョッキーで買う。勝率倍増なるぞ!

今年の凱旋門賞でも、期待がかかる日本のTOPジョッキーの川田を深掘りしたい。競馬に対してストイックすぎる彼の生い立ちは、 良い意味で競馬の世界から逃れられない環境で育ってきた。

2022年84勝(7月24日現在)のTOPジョッキー『川田将雅』

目次

川田将雅プロフィール

  • 生年月日 1985年10月15日
  • 身長 159センチ
  • 体重 51キロ
  • 星座 天秤座
  • デビュー日 2004・3.7
  • 出身地 佐賀県
  • 所属 フリー栗東 
公式ホームページ引用元

川田将雅の少年期〜競馬学校時代

佐賀県の鳥栖市出身の彼は、競馬一家の中で産声を上げた。

3代にわたって(騎手、調教師)の父、祖父等から受け継ぐ、競馬業界のサラブレット騎手である。

小学3年生の時に、早速!父が懇意にしていた馬主の御息女が経営している、『マーキュリーライディングクラブ』に入会して、中学2年の頃には、福岡県大会の(障害飛越部門)で春秋2連覇を成し遂げて話題となった。

そして2001年4月JRA競馬学校の20期生として入学するも、早々落馬で右足首を骨折していまい、それらのきっかけで、自主退学を申し出てしまうも、一ヶ月にわたる関係者や家族からの説得により退学をしない選択をして、憧れの騎手デビューを果たした。

今となっては、ほんとに『諦めない大切さ』を感じているだろう。

騎手の同期は錚々たるメンバーがいる

  • 上野翔
  • 高野和馬
  • 丹内祐次
  • 津村明秀
  • 藤岡佑介
  • 吉田隼人

上記の騎手の一覧を見ると、最近では結果を残してきてるジョッキーばかり。

この年代騎手は、しばらくブレイクしていくと思われ、予想の当てるコツとして、意識していかなければならないメンバーですね。

川田将雅騎手のデビューから躍動

2004年3月7日に、騎手デビューするも、4戦目にして『ホーマンルーキ』で初勝利をあげる。

同年の6月にカレンバレリーナで(11着)重賞初騎乗を経験。またまた同年の9月に行われた特別戦の愛知杯を『ゲヴァルト』で初勝利した。

2006年からフリーに転身するも、競馬騎手にとって待望の重賞初勝利がやってきた。

それは小倉大賞典だった!!

『メジロマイヤー』でゴール後雄叫びをあげる。

G1初騎乗では、『スーパーホーネット』で15着と残念な結果で、日本ダービーの洗礼を浴びるも、後に『マカヒキ』で日本ダービージョッキーとなる。

彼の勝率は年々,,,,,脅威の数字を出している。

  • 2013年 16.6%
  • 2019年 26%
  • 2020年 28.1%

本日の7・24の騎乗の2頭

公式ホームページより引用
  • 10R岩国特別 『グットディール』
  • 中京記念   『ファルコニア』

昨日も騎乗した2頭の結果は、1着と2着で馬券内に結果を残した川田騎手の確率は、数字以上に期待値が高い。

もちろん買い方次第だが。当然、人気になってしまうので、単勝買いは倍率が低い,,,

1番人気になった時は、結果2、3着になることがしばしば、悔しい思いをしてる人が多いと思う。逆に、2番人気〜5番人気の時の川田騎手は、一発やってくれることが比較的多いのです。

馬券予想を当てるコツとして、このことを念頭に入れると、ほんとに勝率が良くなるのです。今年も、全国1位のリーディングジョッキーとしてまだまだ活躍してくれるでしょう。

そんな彼の公式ホームページもセンス抜群!

無料の競馬のコミュニティ【ウマスマ】

ー合わせて読みたいー

コメント

コメントを残す