女優『吉川愛』の魅力は、子役時代からの下積みにある?令和女優として、ブレイク寸前だ!

女優、吉川愛さん主演のフジテレビドラマ『純愛ディソナンス』が、面白くなってきた。教師と生徒の禁断の恋愛ストーリーの王道中の王道です。本日9/1放送では(第8話)ドラマのタイトル通り『ディソナンス=不協和音』の始まり、タブーの恋愛、教師と生徒の関係が、周りを徐々に蝕んでいく。

目次

ホットなワールド引用

ドラマ『純愛ディソナンス』を見て、俳優の吉川愛に魅了されてしまった方が多いのではないでしょうか?

そんな彼女の芸歴がすごかった。

子役時代から活躍していたこと、あまり知られていない!もう俳優としてはベテランのカテゴリーに属する。

最初の芸名は、『吉田里琴・よしだりこ』だったが、2016年に一時芸能界を引退しているのです。

それから2017年から復帰する。

そこで新たな名前『吉川愛』と心機一転したのです。それがきっかけで、俳優として確実に飛躍し始めている。

大人の女性と成長した吉川愛は、どことなく飯島直子が持っているような『色気』と、良い意味で女性独特の意地悪な表情を醸し出せる俳優であり、演技派女優として芸能界で息永く活躍できそうですね。

吉川愛プロフィール

  • 1999年10月28日生まれ
  • 東京都出身
  • 身長 162センチ
  • 所属 研音
吉川愛主演、青春ドラマ『転がるビー玉』をU-NEXT無料体験で見てみる

純愛ドラマ,,,禁断ドラマといえば、あの伝説作品がエグかった!

1993年、真田広之と桜井幸子が主演ドラマ『高校教師』の衝撃的なラストシーンが忘れられない!電車の中で目を瞑り、お互いの指先がかすかに解ける?目を伏せた二人の最後は、物議を読んだ伝説の純愛物語です。

数多くある衝撃の一つのシーンで、女子高生役の桜井幸子と、父親役『峰岸徹』との関係が、話題となり、衝撃を受けた人が続出した。今のドラマでは、コンプライアンス的なことでお蔵入り間違いないドラマだった。

それに、比べて『令和』のドラマはあまりにも、物足りなく感じる。

ー合わせて読みたいー

まだここに表示するコンテンツはありません。

コメント

コメントを残す