長瀬智也の『ライフスタイル』に憧れる男が爆増

✅記事の内容

  • 現在の長瀬智也(写真)
  • あまり知られてい長瀬の趣味

ドラマ『白線流し』に主演した頃から、『男ポッさ』が強烈だった長瀬智也の最新ショットが、自身のインスタグラムで更新された。

「カッコ良すぎて気絶しちゃう』と、、、、

女性ファンのみならず、長瀬に憧れる男からも『憧れの眼差し』で注目を集めている。

Tomoya Nagase インスタ https://www.instagram.com/nagasetomoya_/

長瀬智也の現在の姿は、、

Instagram引用元

『TOKIO』の時よりも、男力が倍増している。良い意味でワイルド過ぎると称賛の声がWEBでも上がっていて、ただ、、、ごく少数であるが『汚らしい、汚くなった』などの賛否両論。好みの問題でもあるが、そんな声もあちこちから聞こえてきている。

しかしながら、そんな長瀬ファンは、彼が本来持つ『ワイルド感』が爆増していると興味津々で、改めて彼の今後の活躍ストーリーを妄想してしまっているのだ。

長瀬智也のあまり知られていない新しい趣味とは?

ジャニーズ事務所から独立を果たして、TOKIOのメンバーからも距離を置いている、長瀬智也だが、彼のあまり知られていない、その趣味が、、、 なんと『植物』なのです。

本当は植物よりも『バイクのレース』に出たいんだ。駄々をこねる彼の実の親父は、、、、なんと元 バイクレーサーだった。

その影響を受けている彼は『バイクレース』に出たいと言い続けてきたが、危険だからと事務所に止められていてできないんだと、今に至ったそうです。

そのバイクとかけ離れている『植物』になぜ興味を持ったのだろうか????

その選んだ植物もやはり、長瀬ポッさが出ていた。『無骨な植物』よくあるガーデニングの植物とは一味違う『パキプス』という、希少種のマダガスカル原産国になる、根から幹にかけて、ボールのように大きくなる『塊根植物』と言われているジャンルの植物なのだ。

週刊女性PRIME引用元

昨今、このようなレアな植物が世界中でブレイクして、この商品も約30万円前後の値段がすると言われています。この無骨な植物の世話で、長瀬は彼女よりも大切にしていると関係者語った。

キムタクとも趣味の共通点が多く、よく一緒に行く場所は『海』?!

そんなキムタクとも趣味が合う長瀬は、唯一『サーフィン』が苦手であると告白。

その理由としては、一度潮に流されたことがあり、トラウマを持っていると目を細めた。そんなお茶目の一面も覗かしてくれている。ただバイクの話題となると、キムタクとも話が弾むらしい。そのバイクのエピソードで長瀬の武勇伝があり、それはなんと『バイクの部品』を取るために一台購入したこともあると言う。

そんな男買いをする長瀬に、キムタクも彼に一目を置いているらしい。

そんな話題の記事が、『スマートフラッシュ』の雑誌の対談で語られていた。

✅合わせて読みたい記事

水陸両用&屋内OK!一足でどこでも行ける!楽しめる!【Spaady】

コメント

コメントを残す