父の遺志を継ぎホリプロスカウトキャラバンで『塚本恋乃葉』がグランプリ!第3位の松岡香穂さんも注目?

広島の情熱と夢を背負って、新たなスターが誕生しました。塚本恋乃葉さんは、熾烈な競争を勝ち抜き、名誉あるホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリに輝きました。

このオーディションは、深田恭子や石原さとみといった日本を代表するタレントを世に送り出してきたことで知られています。

19歳の塚本さんは、その第46回の頂点に立ち、「ぶちうれしい!」と広島弁で喜びを表現しました。

彼女の父は、元プロ野球広島投手であり、競輪選手としても名を馳せた塚本善之さん。

スポーツの世界で活躍した父と同じく、塚本さんもまた、大きな舞台で輝くことを夢見てこの道に進みました。

今回のグランプリ獲得は、ただの終点ではなく、彼女の芸能界での輝かしいスタートを告げるものです。

目次

塚本恋乃葉:ホリプロスカウトキャラバンで輝く、元広島投手の娘

神奈川県内で華やかに幕を開けた「第46回ホリプロタレントスカウトキャラバン」。

このオーディションは、日本のエンターテインメント業界における新星を発掘する場として長年その名を馳せています。

今年のグランプリに輝いたのは、広島県在住の大学1年生、塚本恋乃葉さんです。彼女の勝利は、ただの個人的な成功ではありません。それは、広島という地域の誇りと、スポーツを愛する家族の絆の物語でもあります。

塚本さんは、三姉妹の末っ子として、スポーツに情熱を注ぐ家庭に育ちました。特技はバレーボールで、その運動能力と舞台での表現力は、オーディションの審査員を魅了しました。

しかし、彼女の才能はスポーツに留まらず、モデルウォークの練習にも毎日励むなど、エンターテインメント業界での成功を目指す強い意志を持っています。

昨年、塚本さんはこのオーディションに挑戦しましたが、3次審査で敗退しています。しかし、彼女は諦めませんでした。父・善之さんの「よく練習する人」の姿勢を受け継ぎ、再び挑戦することを決意。

その結果、今年は見事なリベンジを果たし、2万824人の参加者の中からグランプリを勝ち取りました。

舞台上で、塚本さんの名前が呼ばれた瞬間、彼女は体を震わせながら涙をこらえました。その涙には、過去の挫折と、それを乗り越えた喜びが溢れていました。

そして、彼女は「最後まで諦めなくて良かった」と心からの言葉を残しました。

最終審査では、身長1メートル67の塚本さんがその抜群のスタイルでモデルウォークを披露。

さらに、顔に洗濯ばさみを挟むという“1人罰ゲーム”を行い、そのギャップが審査員の目に留まりました。彼女の明るく前向きな性格と、目標に向かって努力する姿勢が高く評価されたのです。

塚本さんの目標は、「目指せ!出川ガール」。これは、日本テレビ「世界の果てまでイッテQ!」でタレントの出川哲朗とともにロケをする女性芸能人の役割を指します。

これまで河北麻友子らがその役を務めてきましたが、塚本さんもその仲間入りを果たすことを夢見ています。

「グランプリはゴールではなくスタート。これからもっと大きく成長していきたい」と塚本さんは意気込みを新たにしています。彼女の今後の活躍が楽しみです。

Yahoo!引用

ソース元: 毎日新聞の記事

塚本恋乃葉、エンターテイメント界での成功を目指す

ホリプロスカウトキャラバンでグランプリを勝ち取った19歳の塚本恋乃葉さんは、賞金100万円を家族への感謝の印としてハワイ旅行に充てる夢を語ります。

モデルとしての野望を抱き、「目指せ出川ガール!」という目標を掲げる彼女は、父である元プロ野球選手・競輪選手の塚本善之さんから受け継いだメンタルの強さを背負い、エンターテイメントの世界での成功へと歩を進めています。

家族の絆と父の影響が彼女のキャリアを形作る中、塚本さんの今後の飛躍に期待が高まります。

塚本恋乃葉『プロフィール』

  • 名前:塚本 恋乃葉(つかもと このは)
  • 生年月日:2004年10月26日
  • 年齢:19歳
  • 身長:167㎝
  • 血液型:A型
  • 出身地:広島県
  • 趣味:スポーツ観戦・サウナ
ホリプロ引用

準グランプリと第3位(特別賞)は誰が?

準グランプリ

  • 畠中夢叶
  • 年齢: 18歳
  • 出身地: 大阪府
モデルプレス引用

第三位(特別賞)

  • 名前: 松岡 香穂(まつおか かほ)
  • 年齢: 17歳
  • 出身地: 岡山県
ホリプロ引用

松岡 香穂さんがブレイクの予感?!

松岡香穂さんは、ホリプロタレントスカウトキャラバンで特別賞を受賞しました​。

彼女は17歳で岡山県出身で、趣味は運動で、特技も運動です。


松岡香穂さんの情報は、まだ出てきていないが、スカウトキャラバン3位ながら、ブレイくしそうな予感と、AIライターは語ります。

ホリプロ引用

歴代グランプリはどんな女性?

  • 第1回(1976年): 榊原郁恵
  • 第2回(1977年): 西村まゆ子
  • 第3回(1978年): 能瀬慶子
  • 第4回(1979年): 比企理恵
  • 第5回(1980年): 林紀恵
  • 第6回(1981年): 堀ちえみ
  • 第7回(1982年): 大沢逸美
  • 第8回(1983年): 田中久美
  • 第9回(1984年): 井森美幸
  • 第10回(1985年): 山瀬まみ
  • 第11回(1986年): 伊藤美紀
  • 第12回(1987年): 坂井順子
  • 第13回(1988年): 田中陽子
  • 第14回(1989年): 一般公募なし
  • 第15回(1990年): 戸田菜穂
  • 第16回(1991年): 北地大良
  • 第17回(1992年): 菊池あゆみ
  • 第18回(1993年): 木下菜緒子
  • 第19回(1994年): 上原さくら
  • 第20回(1995年): 佐藤仁美
  • 第21回(1996年): 深田恭子
  • 第22回(1997年): 古川小百合
  • 第23回(1998年): 平山綾(平山あや)
  • 第24回(1999年): 西端沙織(西端さおり)
  • 第25回(2000年): 藤本綾
  • 第26回(2001年): 濱口順子(浜口順子)
  • 第27回(2002年): 石神国子(石原さとみ)
  • 第28回(2003年): 大竹佑季
  • 第29回(2004年): 佐藤千亜妃
  • 第30回(2005年): 名引友利恵(緑友利恵)
  • 第31回(2006年): 石橋杏奈
  • 第32回(2007年): 足立梨花
  • 第33回(2008年): 高良光莉
  • 第34回(2009年): 小島瑠璃子
  • 第35回(2010年): 安田聖愛
  • 第36回(2011年): 田所あずさ
  • 第37回(2012年): 優希美青
  • 第38回(2013年): 佐藤美希
  • 第39回(2014年): 生田若菜
  • 第40回(2015年): 木下彩音
  • 第41回(2016年): 柳田咲良(吉柳咲良)
  • 第42回(2017年): 定岡遊歩
  • 第42回(2018年): 821
  • 第42回(2020年): 山崎玲奈

ホリプロタレントスカウトキャラバン

応募資格

高校1年生~満24歳の女性

※「高校1年生」は対象年齢であれば在学かどうかは問いません。「満24歳」は一次審査を受ける時点で24歳であることとします。
※現在芸能プロダクションや劇団、レコード会社等に所属していない方に限ります。
※満18歳未満の未成年者の応募には、法定代理人親権者全員の同意が必要です。
(当オーディションにご応募いただいた時点で法定代理人親権者全員の同意が得られているものと当方では判断いたします)

ホリプロスカウトキャラバン参考動画

ホリプロ引用

この記事は『kattbe.aiライター』を併用しております。

コメント

コメントを残す