トーマスジョンさん、霊媒師として本物なのか?彼にある罠を仕掛けた番組があった!結果は如何に?

実は、トーマス・ジョンは日本ではあまり知られていない。彼はサイキック・ミディアムを名乗るアメリカ人です。彼は2018年のリアリティ番組『シートベルト・サイキック』や、2020年6月からのCBSオールアクセス・シリーズ『ザ・トーマス・ジョン・エクスペリエンス』に出演しました。しかし、彼の番組は日本では放送されてなかったので、今までは日本でのファンは多くなかったのです。

トーマス・ジョンが日本であまり知られていない理由はいくつかある。第一に、日本には神道と仏教の長い歴史があり、どちらも霊魂や死後の世界の存在を強調しない宗教である。第二に、日本文化は一般的に、アメリカ文化よりも心霊能力の主張に懐疑的である。

日本ではあまり知られていないにもかかわらず、トーマス・ジョンはアメリカでは人気のある霊媒である。いくつかの雑誌や新聞で紹介され、ソーシャルメディアでも多くのフォロワーがいる。プライベート・リーディングやワークショップも開催しており、売り切れになることも多い。

米国でのトーマス・ジョンの人気が、やがて日本でもも今以上に、知られるようになる可能性があります。しかし、トーマス・ジョンの信念や実践が、日本では懐疑的な目で見られ続ける可能性もあり、そこでアメリカの番組で、彼に罠を仕掛けた番組あった!

目次

トーマス・ジョンの霊媒能力に対する疑念

2019年10月24日、ラスベガスのシーザーズ・パレスで開催予定の霊媒師トーマス・ジョンの公演に対して、彼の能力に疑問を持つ人々が存在していることが明らかになりました。ジョンは、亡くなった人々とのコミュニケーションを主張しており、その主張に対して懐疑的な活動家であるスーザン・ガービックが彼に対する「スティング」作戦を主導したのです。この作戦は、ニューヨークタイムズで詳細に報じられました。その罠とは?

スティング作戦:オペレーション・ピザ・ロール

懐疑論者による罠

彼はこの特定の罠について、「科学的な実験を行うには、科学者でなければならない」と、反論して、疑惑は『グレーゾーン』のままで、解釈論議になっているのでした。

引用サイトはこちらReviewジャーナル

ジョンの反応と今後の展開

ジョンの反論

ジョンは、ショーに参加する人々のオンラインリサーチを行っていないと断固として否定し続けていて、唯一、彼の共同プロデューサーであるアラン・グリストは、ジョンの能力を支持しており、彼のリーディングが完璧であると述べています。

ジョンは懐疑的な反発にもかかわらず、成功を収めており、多くのセレブリティから賞賛されています。

彼のテレビ番組は今後も展開される予定です。

トーマスジョンのドキュメンタリー番組をAmazonプライムで見てみる

合わせて読みたい関連記事

コメント

コメントを残す