映画『刑事物語』武田鉄矢のアクションは想像以上!エンドロールで呟くセリフが心に染みる

シリーズ化の映画は、結局、第1作品が面白い。この作品は『武田鉄矢』が脚本、主演を担っており、後に大人気シリーズとなり世に広まりました。(1982年~110分)

『笑い』『感動』『アクション』あり、そして何より友情主演で幸せの黄色いハンカチ』でも共演している『高倉健』も登場する場面も?

目次

出演:武田鉄矢, 出演:有賀久代, 監督:渡邊祐介
¥3,418 (2022/10/05 17:45時点 | Amazon調べ)

映画『刑事物語』あらすじ

片山刑事(武田鉄矢)は、外見は冴えない男だが『カンフーの達人』でもあった。冒頭『トルコ風呂の事件捜査』で運命的に『障害を持つ』若い美人と知り合い、恋に落ちた。

舞台は九州の博多だ!しかし、売春組織のガサ入れに失敗した片山刑事は、静岡県沼津市に転属させられてしまう。片山刑事は、恋愛相手の風俗嬢だったひさ子(有賀久代)の身元引き受け人になり、二人は静岡県へ移動。

舞台は沼津市となる。

そこではさらなる連続殺人事件に巻き込まれてしまう。

映画とライフデザインさん引用元

映画『刑事物語』作品の見所

今となっては、古き良き時代を感じるところが満載なところで懐かしさが蘇る。

  • 公衆電話・黒電話
  • トルコ(ソープランド)
  • 女性の裸体のシーン
  • タバコ
  • 寝台列車
  • アパート

数々の昭和時代を垣間見る映像だけでも、心が震えてくる作品です。外国の方が見ても、『昭和の日本はこんな感じだったんだ』と楽しめるでしょう。

映画の中盤あたりから、俳優の田中邦衛も登場。セリフがないシーンで出てきますが、それが何を意味するのか?

後に分かる,,,とても重要な役を担っていて、武田鉄矢の脚本家としての才能がよくわかる。

さらに見事なカンフーシーンと、冴えない男の感じのギャップが、女性に必ずときめくを与えるだろう!この作品で特に好きなのは、映画エンドローる付近のセリフ。何度見ても泣ける映画で、懐かしい気持ちが蘇るのです。

この映画の続きは、映画『刑事物語』〜りんごの詩へと続く。

ー 映画終盤『名言』と吉田拓郎『名曲』が、涙を誘う

名言

鐘は叩いた時に、鐘になる

愛は与えた時に、愛になる

名曲

吉田拓郎

曲名 『唇をかみしめて

tomitoko.com引用元

映画『刑事物語』予告編映像

nextineup引用元

映画『刑事物語・りんごの詩』映像

映画『刑事物語』をU-NEXTで見てみる『無料トライアル』
https://youtu.be/xyFKhouXMYs
Nekonote.com引用元

ー 合わせて読みたい

コメント

コメントを残す