SNS『 Twitter』発のヒット作『漫画2選』をご紹介!WEBマンガの潮流を知る

記事

SNSのなかでもTwitterから始まった作品はたくさある。

その中でもドラマ化になった作品『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』は、投稿30分後に編集者からオファーを獲得して約1時間で連載が決定となった!シンデレラ凄技ストーリーだ。

昨今、SNSプラットホームでは『能動的』に作家を見つけられて、同時に作家が編集者を選ぶ時代になった。

今後にブレイクが期待されている『幸せカナコの殺し屋生活』コメディー人気作品や、その他たくさんあって更なる盛り上がりが期待されている。

この記事は『kattbe.aiライター』を併用しております。

ドラマ化になった漫画

『30さいまで童貞だと魔法使いになれるらしい』作・豊田悠

30歳になった『安達』は未だチェリーボーイだが人の心が読める魔法を得たラッキー男性。

彼が密かに思いをよせる同期の恋心を知る。(ガンガンコミックス10巻)

アニメ化になった漫画

『先輩がうざい後輩の話』作・しろまんた

ガザつすぎるけど、面倒見がいい先輩の武田と、素直になれない後輩の五十嵐のラブコメディー!

(2022年5月に〜9巻まで発売)

才能はインディー漫画業界にも埋もれている

漫画『ブス界へようこそ』の作者『河野大樹』さんが自主連載『インディーズ』を始めたのが、2018年の3月のことです。

当時、当然ながら『出版社』に持ち込んだりしたが、編集者からは『もっとシンプル』じゃないとダメだ!とアドバイス・批判を繰り返されたという。

そこで早く連載に踏み込みたい思いが強かったので、苦手だった『読み切り作品』ではなく連載作品に絞りたいがために、自主的に始めることにしたと語っている。

今でこそ、有名な『ピッコマ』で先行連載をはじめKindleや電子書籍を通じて売上が立つようになったが、一年半は収入がゼロだった。

まずは、無料公開で作品の認知度を高めて、信用を得ることを最優先にした。

利益の回収を後回しにしたことがよかったという。

このような、インディーズに潜む才能ある『漫画家』から今後も目を離せない。

『ブス界へようこそ』概略

死んだブスに取り残された最後のチャンスは、綺麗なやつを食いまくり綺麗な体を手に入れることが目的である。

主人公は『ブスであることに疲れて』自殺したのだ。

ある日、目を覚ますと『ブス界という不思議な世界』にいた。生前とは比べ物にならないほどに強烈な闘争社会で、過酷な争いをえて徐々に自己肯定する主人公が熱い!と話題だ。

先行配信の『ビッコマ』は毎週日曜に更新している。

コメント

コメントを残す