移住したい街(県)No.1はどこ?手厚い官民のサポートとワーケーションの人気の理由

コロナ禍がきっかけで、加速的に移住希望者が増え続けていることは知られている。その背景の一つには『リモートワーク』『ワーケーション』『テレワーク』などが当たり前の時代に突入した事です。

そこで今年も人気の移住先が発表されました。今回は2年連続でナンバーワンを不動のものとした『静岡県』に軍配が上がった。

その最大の理由は、官民の手厚いサポートだという。(Yahoo!ニュース引用)

目次

20〜40代のファミリー層(子育て世代)が増加

移住者データ

  • 令和3年度 1868人
  • 令和2年度 1398人

平成27年度からのみると、約5倍の伸び率です。

静岡県内での最も人気があるのが『三島市』で、続いて『富士市』『静岡市』です。

東京からの移住者の割合は、約3割ななるという。なぜなら首都圏から近く新幹線の乗り降りができる。そんな三島市や静岡市の需要が大きい。

静岡県の魅力

まず首都圏からのアクセスがしやすく、東京には無い『自然の多さ』アンケートでも『自然の環境の良さ』となっている。陸側『富士山』が聳え立ち、太平洋側には『サーフィン』『海水浴』『釣り』県全体が観光地と言っても過言ではない。

左を見れば、『山』

右を見れな。『海』

父母に囲まれているような感覚になる場所だと言われています。また産業も盛んで、名産品や食材やそれらのブランド力も強い。そんなところなので仕事の選び方も、広がるので無いでしょうか。

移住に対して『官民』の手厚いサポート

実は、移住の受け入れに『力』を入れていることとは裏腹に、大学進学や就職のタイミングで県から離れ上京してしまう。普遍的な流れの対応策としても、受け入れに力を入れている理由の一つだという。

そのターゲット層が30代です。

静岡県のキャッチフレーズ

『30歳になったら静岡県』というコピーを掲げている。

元々、地元が静岡県の方が仕事が落ち着き、子育てを始める時に、環境の良い場所を物色し始める時期なのです。

そこで、地方移住のサポートをしている機関があります。

それが、東京の『ふるさと回帰支援センター』です。

職員の人数が、静岡県の相談員が2名、静岡市の相談員が2名、就職相談員1名の多厚いサポートで、移住相談を行なっている。この人数で相談をしている県は他にはあまりなく、手厚いサポートは、トップクラスだと言われています。

移住者の希望内容

最近の移住者からは、『空き家』に住みたいとの希望が多く、そのためのサイトも構築済みdすが、まだ喝采物件が足りなく供給が間に合っていない。ただそのサイトは意外と事細かく希望検索が出来るらしい。『海が近い』『海が見える』『農地付き』などの条件を選択ができる。

静岡県の賃貸物件の坪単価

静岡県の一坪あたりの相場が、4862円

東京が(8824円)に比べて約半分になる。

手厚いサポートのひとつ

故郷回帰支援センターのサイト内に喝采されている『空き家』へ移転すると、『移転費助成制度』を利用可能になるという(諸条件あり)

移住のデメリット

こうした取り組みの裏腹には、当然『移住のデミリット』が存在します。

その移住を決める際に重要なマインドです。

まず『移住に関しては、焦らないで決めてほしい』と注意喚起を促している。

ワクワクしながら検討している分、どうしても良い面ばかりに目が向いてしまうのでしょう。そこで、静岡県の多く市町村では『約一週間』の移住先に住めるなどのお試し住宅を始めている。

いわゆる移住体験です。

そこでチェックしてほしいのが、車は必要なのか?コンビニは近くにあるか?病院は近所にあるか?

インフラ情報を確認、理解が必要となるのです。

特に都会からの移住者には、地元の人の『どれほど不便』なのかを、実体験も聞く事も重要な事柄だと言います。

ぜひ、静岡にこだわらず、自然がたくさんあるところを見つけて、ワーケーションを目指してほしい。

コメント

コメントを残す