「サマンサタバサ、業績悪化に伴い冬の賞与支給中止へ ─ 赤字予想で経営戦略見直し」

先日、ファッションブランドのサマンサタバサジャパンリミテッドが2024年2月期の連結業績予想を下方修正しました。修正後の売上高は236億円、営業損益は10億円の赤字、純損益は11億円の赤字となっています。

同社は、構造改革による販管費削減などで一定の成果を出すなどしてきましたが、暖冬による来店数の減少や主力商品のバッグやジュエリーの低調な販売により業績が低迷したため、予想を下方修正せざるを得なくなったと思われます。

サマンサタバサの業績予想の下方修正

不支給になった冬季賞与について

同じ日に、同社は従業員への冬季賞与を不支給とすることも発表しています。これは、業績不振による手元流動性の確保が必要なため、という理由が挙げられています。同社の従業員数は23年2月期末時点で1851人です。また同社は、所有する静岡県沼津市の土地・建物を譲渡し、譲渡益8200万円を24年2月期に計上することも発表しています。

以上のように、サマンサタバサジャパンリミテッドは業績の低迷により厳しい経営判断を迫られる状況にあります。今後の業績回復に向けて、どのような戦略を展開していくのか注目が集まります。

ソース元 [1][2][3][4]

業績予想の下方修正に関する詳細

サマンサタバサの売上高の修正後の数字について

ファッションブランド、サマンサタバサジャパンリミテッドは、2024年2月期の連結業績予想を下方修正しました。修正後の売上高は236億円となり、以前の予想(261億円)から大幅に引き下げられました。構造改革によって販管費削減などで一定の成果を出すことができていましたが、暖冬により来店数の減少や主力商品も低迷。

販売低迷の原因について

サマンサタバサの主力商品であるバッグやジュエリーの販売低迷

サマンサタバサジャパンリミテッドの2024年2月期の連結業績予想が下方修正された原因は、主力商品であるバッグやジュエリーの販売低迷です。暖冬により来店数が計画に対して8割程度にとどまる見通しとなったため、主力商品の売上高が低迷しました。これは、バッグ販売ピークの年末商戦が低調に終わったことも大きな要因です。

構造改革で販管費を削減したものの、暖冬が影響したとの報告

同社は構造改革によって販管費を削減し、一定の成果を出していましたが、暖冬によってその成果を打ち消す形となりました。バッグやジュエリーの販売低迷に加え、来店数の減少もあったため、売上高は以前の予想より大きく引き下げられ、営業損益も赤字に転落しました。このような状況を受け、同社は従業員への冬季賞与を不支給にすることを発表しました。「手元流動性の確保を経営の優先課題と認識」したとコメントしています。

また、静岡県沼津市に所有する土地・建物を譲渡して、固定資産の譲渡益を計上することも発表されています。サマンサタバサジャパンリミテッドは今後、販売促進策の強化や業績の回復に向けた取り組みを行っていくことが予想されます。

冬季賞与の不支給について

従業員に支給しない理由について

サマンサタバサジャパンリミテッドは、2024年2月期の連結業績予想が下方修正されたことを受け、従業員への冬季賞与を不支給にすることを発表しました。特に法的義務はなく、就業規則等に「業績により支給しないこともある」と定めてある場合には、不支給としても問題はありません。

手元流動性の確保が優先課題とのコメント

同社は、手元流動性の確保を経営の優先課題として認識しています。今回の冬季賞与の不支給も、この課題解決を目的として発表されたものです。また、静岡県沼津市に所有する土地・建物を譲渡することで、固定資産の譲渡益を計上することも発表されました。一部報道では、同社が販売低迷による業績不振であることが報じられています。具体的には、バッグやジュエリーの販売低迷が主要な原因として挙げられています。

サマンサタバサジャパンリミテッドは、販売促進策の強化や業績の回復に向けた取り組みを今後も行っていくことが予想されます。

従業員の人数と影響について

サマンサタバサの従業員数について

サマンサタバサジャパンリミテッドは、2023年2月期末時点で従業員数(連結)が1,851人であったとされています。今回の冬季賞与の不支給は、これらの従業員にも影響を及ぼすことが予想されます。

冬季賞与の不支給が従業員にどのような影響を与えるか

従業員に冬季賞与を支給しないことで、その年のボーナス収入が減少することになります。ボーナス収入は、年収の一部を占めることが多いため、減額されることで生活費や貯蓄、将来的な不安感につながることもあります。ただし、同社が就業規則等に「業績により支給しないこともある」と定めている場合には、法的問題はないとされています。また、同社が手元流動性を確保することで存続を図るための判断なので、今後の経営改革に期待されるところです。

経済情勢や業界環境の変化によって、企業の業績も大きく左右されることがあるため、従業員にも影響が及び得るということを忘れずに、企業としての責任を果たしていくことが求められます。

土地・建物の譲渡益について

沼津市の土地・建物を譲渡することを発表

同社は、静岡県沼津市西沢田に位置する土地と、鉄骨造合金メッキ鋼板葺3階建の建物を譲渡することを発表しました。譲渡先は国内法人だが詳細は非公開とされており、譲渡益は8200万円です。物件引渡期日は2024年2月21日を予定しています。

この譲渡によって、同社は業績不振から脱却するための財源確保を図ることとなります。ただし、今後の事業展開にどのような影響を与えるのかは分かりません。また、これが同社の経営戦略の一環となるのか、単なる財源確保のための手段なのかは、今後の状況次第と言えます。

まとめ

サマンサタバサ「冬季賞与」不支給に 業績予想で赤字に転落のまとめ

サマンサタバサジャパンリミテッドが、業績不振により従業員の冬季賞与支給を取りやめることを発表しました。同社は「Reborn計画」のもと、全方位的な構造改革に取り組んでいますが、見込んでいた客数が大きく下回り、売上高は計画値の約8割にとどまってしまいました。このため、2024年2月期の業績予想を下方修正し、売上高は前回予想から5%減となる236億4000万円に引き下げ、営業損益は10億5000万円の赤字(前回予想は4億3000万円の黒字)、親会社株式に帰属する純利益は11億4000万円の赤字(同3億2600万円の黒字)といずれも赤字転落の見通しに修正されました。

また、同社は土地と建物の譲渡により、8200万円の譲渡益を得ることを発表しました。これにより、同社は業績不振から脱却するための財源確保を図ることとなりますが、今後の事業展開にどのような影響を与えるかは分かりません。

冬季賞与支給の取りやめにより、従業員には減収となってしまいますが、同社が手元流動性を確保することで存続を図るための判断とされています。企業が経営において取りうるあらゆる可能性に備え、従業員や業界、社会に対して責任を果たしていくことが求められます。

同社は第4四半期ではインバウンド需要の獲得、季節対応型商品企画、ブランドパートナー企業と協働した商品の展開や販売施策に取り組む予定です。また、新業態事業モデルの出店拡大も進める方針であり、今後の経営改革に期待されます。しかし、経済情勢や業界環境の変化によって、企業の業績も大きく左右されることがあるため、不確実性が高まる中、経営陣が最善策を打ち出していくことが求められます。

コメント

コメントを残す