西島秀俊主演の名作ドラマ2013年放送の『流星ワゴン』ご存知だろうか?涙が出ます

西島秀俊氏第94回アカデミー賞の国際長編映画賞受賞!

関係者の皆様、名誉ある国際長編映画賞受賞おめでとうございます。

『ドライブマイカー』作品の監督の濱口氏は、オスカー像を持ち上げて喜びを存分に会場で表現して、会場を和ませた。

邦画の受賞は13年ぶりである。

この作品の主演、西島秀俊氏は、1971年生まれの超イケメンで万人に愛され続けている俳優で、今後も日本の映画界を引っ張っていくだろう。そんな彼を過去にあったことがある。

25年以上の前の話になるが、当時南青山にあった、ホテルプレジデント青山の2階にあった『某、洋食レストラン』で一緒になった。関係者と食事をしていたが後ろ姿からして、只者でないオーラを放っていた、

男からみてもカッコ良すぎて緊張した記憶がある。

そんなこんなで、そんな彼が、過去に主演を務めた名作ドラマを『流星ワゴン』を今回は紹介したい。

2015年が最終回のドラマであまり知らないだろうと思う。このドラマは、彼の魅力が存分に味わえるとともに、共演していた、女優の『井川遥』にも注目だ!美人度MAXの時なのです。

ドラマ『流星ワゴン」とは

後に名作『とんび』でもブレイクした作家の、重松清の小説を原作にした作品である『流星ワゴン』は、視聴率はあまりよくなかったが、大掛かりな宣伝と製作費をかけた作品だという。

あらすじとして、最終回の衝撃な結末を楽しみに、見ていただきたいのが一番で、物語はファンタジードラマ。絶望した主人公が、タイムスリップができる不思議なワゴンに乗り込んで、人生を見つめ直し、過去にもどり、なんとか未来を変えていこうというドラマなのです。

妻の役での井川遥の色気も味わえるので、ストーリーどうのこうの前に、そこだけでも見る価値がある。

またバラバラになった家族の個々の立場の気持ちがよくわかり、共感し、きっと自分人生と照らし合わせることでしょう。

ハラハラドキドキが止まらなかった記憶がある。

無料トライアル実施中!<U-NEXT>

コメント

コメントを残す