楽天証券で、トレードした時の手数料は?3つのプランの内訳!

楽天証券では、デイトレードを行う場合、選べる手数料プランは主に三つあります。「超割コース」、「いちにち定額コース」、そして「ゼロコース」です。適切なプランの選択は、取引スタイルや取引額によって異なります。

  1. 超割コース: このコースは、業界でも最低水準の手数料を誇り、取引手数料の1%が楽天ポイントとして還元される利点があります。さらに、特定の条件を満たすと、ポイント還元率が最大3%まで上がる「大口優遇」の特典が得られます。現物取引や信用取引において、約定金額ごとに手数料が定められています。例えば、現物取引では100万円までで税込535円、信用取引では同じく100万円までで税込524円となっています。
  2. いちにち定額コース: このプランでは、1日の取引金額が100万円以下であれば手数料が無料になります。特に少額で頻繁に取引を行う方に適しています。また、このコースを選択すると、デイトレード(日計り取引)を行った場合、返済手数料が無料になる特典もあります。
  3. ゼロコース: ゼロコースは、国内株の取引手数料が無料になるプランですが、SOR(スマート・オーダー・ルーティング)とRクロスの利用が必須となります。このコースは、国内株以外の取引で発生した手数料の1%が楽天ポイントで還元される特典もあります。

デイトレードに適したプランの選択は、取引スタイルや頻度、取引額によって異なります。

例えば、頻繁に小額の取引を行う場合は「いちにち定額コース」が適している可能性があります。

一方で、取引額が大きく、楽天ポイントを活用したい場合は「超割コース」や「ゼロコース」が良い選択になるかもしれません。最適なプランを選択するには、自分の取引スタイルや目的をよく考慮することが重要です​​​​​​​​​。

Rクロスとは?

Rクロスは、楽天証券が提供する特定の取引システムの一つです。これは、マーケットメーカーと呼ばれる機関投資家を含む楽天証券の顧客同士の売り注文と買い注文がマッチした場合、ToSTNeT市場で売買を成立させるシステムです。

一般的には、取引前の注文情報(気配値など)の開示がなされない私設の取引プラットフォームのことを指します。

楽天証券の手数料ゼロコースを利用する顧客は、優先的にRクロスへの注文が回送されます。

ただし、Rクロスは信用取引の対象外です。

コメント

コメントを残す