量子力学とトレードの関係が興味深い!フィボナッチは最強説

金融相場は、上げ下げのトレンドが発生しても、上がり続けることは、普遍的な出来事で、下がり続けることは、絶対なく、ある一定のところまで上下しながら繰り返すことになります。

目次

トレースメントとは最強説

その指標に参考になるのは、フィボナッチ数列(トレースメント)

フィボナッチとは、イタリアの数学者レオナルド・フィボナッチ氏が研究したことで、世に広まりました。

代表的な数字(パーセント)

  • 38.2%
  • 61.8%
  • 50%

強いトレンドは38.2%前後に止まり、弱いトレンドの場合、50%前後または、61.8%前後まで、戻ると言われています。

量子力学と古典力学の違い

古典力学 

マクロな世界で成り立つ

  • 野球ボール
  • 地球
  • 波などの流体
  • その他

量子力学

  • 素粒子
  • 原子
  • 分子
  • その他

NOBUさんコメント

投資家やトレーダーにとって、習得が求められる知識それは、自らの感情をコントロールすることができるのか?その感情や意識はどこから発生するか?なぜ素粒子からビックバンの掛け声のもと誕生した宇宙が、意識を育むまで至ったのか?トレードで勝ち続けるために、必要な本質的な知識は、この世界の仕組みの中に隠されていると強く感じます。 最先端の物理学である量子力学から、我々の存在意義やこの世界の仕組みを紐解いていきたい量子力学を学ぶとトレードに負けない秘訣がしっかりと腑に落ちること間違いなし。

下記の動画は金融トレードに参考になる、本質的な精神論!世の中の仕組みが面白く!ものすごく有益な動画です!

NOBU塾さん ホーム



コメント

コメントを残す