「最悪の伝染病」ペスト、中国とモンゴルで再び発生!やばい?

14世紀に欧州で数千万人以上の死者を出したペストが、最近、中国とモンゴルで再発生しました。中国北部のモンゴル自治区でペスト患者が発見され、その後、同居する家族2人も感染が確認されました。

モンゴルでもペストが疑われる症状が報告され、3人が感染したとされています。

これらの人々は、野生のマーモットの肉を食べたとされています。ペストはげっ歯動物の体液や血液と接触したり、ノミに刺されたりして感染します。

ペストに感染すると、致死率は50-90%に達し、感染が疑われる場合は直ちに病院に行かなければならないとされています。ソース: Yahoo!ニュース

目次

もし、ペストに感染してしまったら?

ペストに感染すると、血管内凝固症で壊死などの症状が現れ、「黒死病」とも呼ばれます。

通常2-6日間の潜伏期間を経て、悪寒、発熱、筋肉痛、関節痛、頭痛などの症状が現れます。呼吸困難、咳、痰、血圧低下、腎臓機能低下などの症状も見られることがあります。

治療時期を逃すと、多発性臓器不全または死に至ることもあります。

感染を予防するためには、手洗いなどの衛生管理と野生のげっ歯動物の肉を避けることが重要です。

伝染病のペストとは?

ペストは、げっ歯動物の体液または血液と接触したり、げっ歯動物に寄生するノミに刺されたりして感染する伝染病です。

医学の発展や個人の衛生に対する認識の高まりで全世界のほとんどの地域で消えましたが、アジア、北米、アフリカなどでは散発的に発生しています。ペスト感染を予防するには、外出先から帰った後の手洗いなど、個人で徹底的に衛生管理に努めるほか、野生のげっ歯動物の肉は避けなければならないとされています。

ペストの歴史

ペストは14世紀に欧州で大流行し、数千万人の人々を死亡させました。この時期のペストは「黒死病」としても知られており、皮膚が黒くなるためこの名前がつけられました。

ペストは世界中で何度も発生しており、特に衛生状態が悪い地域での発生が多いです。現代でも、アジア、北米、アフリカなどで散発的に発生しており、感染者が確認されることがあります。

ペストの予防としては、衛生管理と野生動物との接触を避けることが最も重要とされています。

厚生労働省のペストの要約

以下は、日本の厚生労働省の公式ページからのペストに関する見解の要約です。

ペストの定義

ペストは、腸内細菌科に属するグラム陰性桿菌であるYersinia pestisの感染によって引き起こされる全身性疾患です。

ペストの臨床的特徴

ペストはリンパ節炎や敗血症などを引き起こし、重症例では高熱や意識障害などを伴い、死に至ることも多いです。臨床的には以下の3種類に分類されます。

  1. 腺ペスト: 感染部のリンパ節が痛みとともに腫れ、全身に広がり、多くは1週間で死亡。
  2. 敗血症ペスト: 局所症状がないまま敗血症症状が先行し、皮膚に出血斑が生じ、全身が黒色となり死亡。
  3. 肺ペスト: ペスト菌による気管支炎や肺炎を起こし、強烈な頭痛、嘔吐、高熱、呼吸困難などを伴い、2~3日で死亡。

届出基準

ペストの診断には特定の検査方法が必要で、医師は感染者、無症状病原体保有者、疑似症患者、感染症死亡者の死体などを診察した場合には、法律に基づいて直ちに届出を行わなければならない。

検査方法

ペストの診断には、分離・同定、蛍光抗体法、PCR法、赤血球凝集反応などの検査方法が用いられます。検査材料としては血液、リンパ節腫吸引物、喀痰、病理組織、血清などが使用される。

この情報は、ペストの診断と治療における医師のガイドラインとして提供されており、一般の人々に対する予防策や対処法についての情報は含まれていません。何か他にお知りになりたいことがあれば、お知らせください。ソース: 厚生労働省

コメント

コメントを残す