あなたはパラレルワールドを信じますか?映画『ミスター・ノー・バディ』を観ると『量子力学』の本を読みたくなる

映画『ミスター・ノーバディ』の舞台は、2092年の世界。科学の進歩で、人間は永遠の命を持てるようになっていた。主人公は『ニモ』。彼の年齢は118歳で、ニモは人間で唯一『命に限りある』の人だった。

そこでは、誰も彼の過去を知るものはいなかった。

死を目前にした彼は、医者の催眠やインタビュアーの質問を通じて、自らの過去を回想していく。

しかし彼が選択をした道とは、逆の道の記憶もあった。

例えば彼は、両親の離婚の際では,,,

『父について行った記憶』と『母について行った記憶』があり、両方を語ることができた。

生前の記憶や、分岐した人生などが展開されていくのである。

パラレルファンタジー作品として、『人生の洗濯には意味がある』という言葉が相応しい内容です。

目次

美人揃いのキャストと映像美が評判

アマゾンプライムで見てみる

キャスト

主人公の『ニモ』役は『ジャレット・レト』1971年生まれ在51歳。

彼の数ある主演している作品のなかで、有名な作品の一つのブラピが主演した『ファイトクラブ』にも主演している。

ムービーウオーカー引用

この映画の特徴として、時代が移り時の相手役の女優が、美人揃いと有名である。

エリース役の『サラ・ポーリー

ウキペディア引用元

アンナの『ジュノーテンプル』

映画ログプラス引用

ジーン役『オードリー・ジャコミニ

ウキペディア引用

クララ役『キアラ・カゼッリ

ウキぺディア引用
あなたはこの映画を見ると、パラレルワールド信じることになる。映画『ミスターノーバディー』を無料体験で見てみる。
MOVIECollecthon引用

パラレルワールド書籍のお勧め1選

現象が一変する・量子力学

レビュー

周波数が変われば、現れる『人・物・事』が変わる

量子力学で有名な実験では、素粒子の二重スリット実験があるがその内容をわかりやすく説明されていて読みやすい本です。

人間が観測すると『出現』する。

素粒子の不思議な現象を考えるとワクワクすると同時に、信じがたい現象でもあった。

最近ではイーロンマスクが『この世は仮想現実の確立が高い』と公表していて、量子力学的には、時間はそもそも存在しないと言われている。

この本を読み終わった頃には、その事項がより分かる。

素粒子とは

物質の最小単位で『意識』や『感情』もその一部という。

スリット実験で出てくる『観測』というワードを、普段の生活の取り入れれば、物事がより良い結果になるような事例が、たくさん出てくるので、タイトル通りに意識を変えれば『普段の生活が良い方向』に一変する現象が起きる気がしてきます。

魂の正体も量子力学で考えると見えてくる(P137)

読み終えて一番興味深い内容が人間の『魂』世界です。

この書籍では、魂は永遠に残ると語っています。

人の思いは残る。

つまり肉体がなくなっても、意識は『電磁波情報』として残る。

私たちの体を作っているのは、細胞であり、『炭素・水素・酸素・窒素』などからできているので、人が死ぬときはそれらが抜けていく感じだという。

それが『死』である。

ただそこには『意識』や『感情』がある。

魂の実態は『電磁波情報』だと考えている。と作者は言っています。

ぜひ、深掘りして読んでみれば新しい世界が見えてくる書籍です。

この本の筆者『松浦大輔』プロフィール

  • 1975年生の群馬県生まれ:一般社団法人『GPE代表理事』
  • 東京大学工学部卒業
  • 勤続13年を迎えた頃に『うつ病』と戦う
  • 2013年能力開発塾『開華』を設立
  • スポーツ『空手道・フェンシング・卓球・レスリング』多方面で活躍
  • 企業の新人研修や」経営者が集まる倫理法人会などの講演を担う
  • YouTubeでの配信しているセミナーでは550万回再生を記録する

一緒に読みたい記事

コメント

コメントを残す