いまさら聞けないと、日銀のマイナス金利政策とは?そもそもどんな仕組みだったのか?小学生でもわかるように解説!

日本銀行(日銀)のマイナス金利政策は、経済を活性化し、物価上昇を促すための政策です。この政策の仕組みを、小学生でもわかるように説明します。


まず、銀行はお金をたくさん持っています。でも、そのお金を全部貸し出すわけではありません。一部のお金は日本銀行に預けています。これを「当座預金」と呼びます。


通常、銀行が日本銀行にお金を預けると、日本銀行から少しだけお金(利息)をもらえます。でも、マイナス金利政策が始まると、このシステムが逆転します。銀行が日本銀行にお金を預けると、逆に銀行が日本銀行にお金を払わなければならなくなるのです。


これにより、銀行は日本銀行にお金を預けるよりも、そのお金を企業や家庭に貸し出した方が得になります。だから、銀行はお金を貸し出すことを増やし、その結果、経済が活性化するというわけです。
ただし、このマイナス金利が適用されるのは、銀行が日本銀行に預けるお金の一部だけです。そして、この政策は2016年1月に導入されました。


以上が、日銀のマイナス金利政策の基本的な仕組みです。この政策により、銀行はお金をより積極的に貸し出すようになり、それが結果として経済全体を活性化させることを目指しています。

まず、日銀って何してるの?

日銀は日本のお金を管理しているところです。銀行が日銀にお金を預ける時、今までは「預けるとお金が減る」っていう不思議なルールがあったんです。

これを「マイナス金利政策」といいます。みんながもっとお金を使えるようにするための工夫だったんですね!

どうしてルールを変えたの?

  • みんなの生活が変わってきたから: お菓子の値段が上がったり、ママやパパのお給料が増えたりと、少しずつだけど生活が元気になってきたんだ。だから、日銀さんも「もう、このルールは必要ないかな?」と思ったんです。
  • お仕事でお給料が上がった: 最近では、たくさんの会社がお仕事を頑張る人たちに、「よく頑張ったね!」って、もっとお給料をあげてるんだ。

これからどうなるのかな?

  • お財布にやさしい変化?: マイナス金利政策がなくなると、銀行からもらえるおこづかい(利息っていうんだけど)が少しずつ増えるかもしれない。それで、みんながもっと楽しくお買い物できるようになるといいですね。
  • 家や車を買うときの注意: でもね、金利が変わると、お家や車を買う時に払うお金(ローンって呼ぶんだよ)も増えるかもしれない。でもね、その分、日本の経済がもっと良くなるかもしれないから、それも大事なことなんです。

日銀さんが決めたこの変更。お金の話は難しいけれど、これからがとっても楽しみだね!お金って不思議な力があるから、みんなでどう変わっていくかみまもりたいですね。

著:池上 彰
¥704 (2024/03/19 21:13時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで見てみる

コメント

コメントを残す