世界のリアルタイムニュース2023/12/10

  1. 国連の自然に悪影響を及ぼす金融フローに関する報告書: 国連環境計画(UNEP)はCOP28で報告書を発表し、毎年約7兆ドルの公的および民間の資金が自然に直接悪影響を及ぼす活動に向けられていると発表しました。この金額は自然に基づく解決策に費やされる金額の約30倍です。報告書は、気候変動、生物多様性の喪失、土地の劣化といった環境問題への緊急対応の必要性を強調しています​​​​。
  2. インドの持続可能な金融イニシアティブ: インドのナレンドラ・モディ首相は、グジャラート州のGIFTシティを持続可能な金融のグローバルセンターにする計画を発表しました。この取り組みは、インドが2070年のネットゼロ排出目標に必要な10兆ドルの投資を賄うことを目指しています。GIFT-IFSCは、グリーンボンドやサステナブルボンドなどの金融商品を通じて、シンガポールなどの世界的な金融ハブと競合する税制上の優遇措置と緩やかな規制環境を提供する税金中立的な金融センターです​​​​。
  3. チュニジアの移民危機: チュニジアは2023年に地中海を渡ってイタリアに向かう約70,000人の移民を摘発したと報告しました。これは2022年の数字の2倍以上です。この大幅な増加は、地中海地域での移民管理の継続的な課題を浮き彫りにしています​​。
  4. 世界的な経済減速の影響: バングラデシュ商工会議所連盟(FBCCI)は、世界的な経済危機のビジネスコミュニティへの影響について議論しました。彼らは、これらの課題に対処するために、非党派的な協力と団結を強調しています。FBCCIは、民間部門をサポートし、経済状況に適応するために、新しいオフィスの開設や女性起業家への支援拡大など、いくつかのイニシアティブを進めています​​。

コメント

コメントを残す