齋藤飛鳥、映画『マイホームヒーロー』で新境地へ!演技とアクションに注目

2024年、乃木坂46出身の人気女優齋藤飛鳥が、新たな挑戦を続けています。3月8日に公開される映画『マイホームヒーロー』では、これまでのイメージを一新する役柄に挑み、話題を集めています。この作品は、娘の彼氏を殺してしまった父親が半グレ犯罪組織との壮絶な戦いを繰り広げるサスペンスドラマで、ドラマ版の最終回から7年後の物語が描かれています。

齋藤飛鳥は、映画について「皆さんあんなに得体の知れないお芝居をされているとは思わなくて、観てビックリしました。こんな気味の悪い人たちがいっぱい出ていたんだと改めて思いました」と語り、彼女自身も7年経った設定に合わせて成長した演技を見せています。

特に注目されるのは、齋藤飛鳥のアクションシーンへの挑戦です。映画で初めてアクションシーンに取り組んだ彼女は、その努力と成果を同僚俳優の佐々木蔵之介から高く評価されました。「すごく努力されていた。めっちゃシャープだった」と佐々木は述べており、齋藤飛鳥の新たな魅力が映画を通じて発揮されています。

映画『マイホームヒーロー』は、青山貴洋監督、脚本は船橋勧、音楽は堤博明が手掛け、主題歌はEveの「インソムニア」が流れます。制作はTBS スパークル C&I エンタテインメント、配給はワーナー・ブラザース映画が担当しており、業界内外からも高い注目を集めています。

ファンならずとも、齋藤飛鳥の演技の幅とアクションシーンでの新境地を目撃する絶好の機会です。映画『マイホームヒーロー』は、齋藤飛鳥の新たな一面を見せつける作品として、2024年の映画界に新たな風を吹き込むことでしょう。

コメント

コメントを残す