Mira Murati(ミラ・ムラティ):OpenAIの未来を担う先駆者としての道程

Mira Murati – 彼女は単なる名前以上の存在です。OpenAIの新しいCEOとしての昇進は、人工知能(AI)分野における彼女の卓越した貢献の頂点に過ぎません。

この記事では、Muratiがいかにして技術の最前線で彼女の道を切り開いたか、そしてOpenAIにおける彼女の革新的なリーダーシップがどのように同社の未来を形作っているかを探ります。

アルバニア系アメリカ人としての彼女の背景、機械工学の専門知識、TeslaやLeap Motionでの経験から、OpenAIのCTOを経てCEOへと至るまでの彼女の印象的なキャリアパスを追います。

MuratiがOpenAIで取り組む人工知能の安全で有益な使用への取り組みや、ChatGPTを含む画期的なプロジェクトの指揮についても深く掘り下げていきます。

目次

Tech引用

Mira Muratiは、現代の技術革新の最前線に立つ卓越したリーダーです。

彼女は、人工知能分野における先駆的な取り組みを通じて、OpenAIの未来を形成する重要な役割を果たしています。

ミラ・ムラティ・早期のキャリアと教育

Muratiは、機械工学の学位をダートマス大学から取得しました。

彼女のキャリアは、ゴールドマン・サックスでのインターンシップとフランスの航空宇宙グループであるゾディアック・エアロスペースでの勤務から始まりました。

その後、テスラで3年間、Model Xのシニアプロダクトマネージャーとして勤務し、同社のAI支援運転支援ソフトウェアであるAutopilotの初期バージョンのリリースに貢献しました

2016年には、PC用の手と指のトラッキングモーションセンサーを開発するスタートアップ企業、Leap Motionに加わりました。

Muratiは、コンピュータとの対話を「ボール遊びのように直感的なものにしたい」と述べています。

2018年にOpenAIに入社し、VP of Applied AI and Partnershipsとして活動を開始しました。

2022年にCTOに昇進し、AI支援チャットボットChatGPT、テキストから画像を生成するAI DALL-E、およびGitHubのCopilot製品を支えるコード生成システムCodexなどのプロジェクトを指揮しました

ミラ・ムラティのCEOとしてのビジョンと影響

Muratiは、マルチモーダルモデル、つまり画像とテキストの両方のコンテキストを理解できるモデル(例:OpenAIのGPT-4 with Vision)をOpenAIの未来として見ています。

彼女はこのタイプの、AIをオープンにテストすることで、欠陥を見つけ出し、新しい用途を発見することを強く信じています。

🔗PR

DALL-Eを追求した理由の一つ

「より堅牢な世界理解を得ること、これらのモデルに私たちのように世界理解させること」であり、「技術を現実と接触させ、人々がそれを使うか、制限は何かを見て、それから学び、技術開発にフィードバックする」ことを重視しています

ミラ・ムラティ『プロフィール』まとめ

ミラ・ムラティは、アルバニア生まれの技術者で、現在はアメリカで活躍しており、OpenAIの最高技術責任者(CTO)を務めています。

ムラティは1988年にアルバニアのブローラでアルバニア人の両親のもとに生まれました。2006年にアルバニアのユナイテッド・ワールド・カレッジを卒業し、その後アメリカに渡り、ダートマス大学で機械工学とコンピュータサイエンスの学士号を取得しました。大学在学中は、マサチューセッツ工科大学(MIT)のコンピューター・アニメーション・ラボでインターンを経験しました。

大学卒業後は、テスラに入社し、ソフトウェアエンジニアとして自動運転技術の開発に携わりました。その後、拡張現実(AR)技術を開発するスタートアップ企業のマジックリープに転職し、AR技術の開発と普及に貢献しました。

2018年にOpenAIに入社し、CTOに就任しました。OpenAIでは、ChatGPTやDactylなどの人工知能技術の開発をリードしています。また、OpenAIの非営利団体から事業会社への転換にも携わりました。

2023年11月、OpenAIの共同創業者で最高経営責任者(CEO)のサム・アルトマンが解任されたことに伴い、ムラティが暫定CEOに就任しました。

ムラティは、AIの安全性と倫理性に関する懸念を強く抱いており、AIの開発と利用において透明性と説明責任を重視しています。また、AIを人類の利益のために活用することを目指しています。

ムラティは、AI分野の有力なリーダーとして注目されており、今後の活躍が期待されています。

主な功績・実績

  • ChatGPTやDactylなどの人工知能技術の開発
  • OpenAIの非営利団体から事業会社への転換
  • OpenAIの暫定CEO就任

人物像

  • AIの安全性と倫理性に関する懸念を強く抱く
  • AIの開発と利用において透明性と説明責任を重視する
  • AIを人類の利益のために活用することを目指す
mikimikiwebスクールさん引用

この記事は『kattbe.aiライター』を併用しております。

コメント

コメントを残す