2021年『東京大学の進路の第4位の企業が熱い!2028年にはメタバース関連で飛躍する

この記事でわかること

  • 2021年『東京大学生』の進路先
  • 進路先の第4位の会社の今後の飛躍理由
  • メタバース2.0とは「自分で作る仮想世界』民主化


コロナ禍の時代に行われた就活で、主要大学の学生はどんな企業や団体を選んだのか?

ダイヤモンドオンラインで報じられた。

アフターコロナが近づきつつある今、2021年の就職先ランキングで、就活生やその親御さんたちに参考にしていただきたい。

2021年の主要大学ランキングを見ると、国公立大では、自動車・電気・銀行などが人気が高かった。

いわゆる大企業・有名企業が上位に君臨している。

またコンサルティング業界、WEB関連企業など、新しい分野ももちろん食い込んできている。

2021年の『東京大学生』就職先企業・団体ランキング発表TOP10

では一方、東京大学生の意外な進路先は、意外にも東京大学だった。

一位と二位が、東京大学、東京大学医学部附属病院という結果となっている

内訳はわからないが、研究員などが含まれるという。

日本最高峰の優秀な人材が大学に残る選択の理由は、研究や労働環境が、恵まれていることと、長引くコロナ禍によって就職活動に少なからずも影響があったと言われています。

一方で、コンサル業界は人気がさらに高まり、上位10社のうち4社が頭角を表してきている。

1東京大学185人
2東京大学医学部附属病院58
3アクセンチュア44
4ソニーグループ44
5日立製作所33
6楽天グループ32
7野村総合研究所32
8PwCコンサルティング30
9マッキンゼー・アンド・カンパニーズ29
10デトロイトトーマツコンサルティング26
ダイヤモンドオンライン引用元

2028年に向けてメタバース関連で飛躍する会社は?

第四位となった、ソニーグループは今後注目されていることをご存知だろうか?

ここ数年劇的な業績を回復を成し遂げ、苦境の電子業界では数少ない勝ち組に君臨していると言っても過言ではないだろう。

公平、公正を実現しつつある、人事制度や、実力主義な働き方改革が、学生に注目されているという。

今後の飛躍的に世界で活躍するだろう、期待されている企業はソニーグループとは、、

  • ソニーグループ株式会社
  • 証券6758
  • AV機器大手
  • 海外でのブランド力絶大
  • ゲーム
  • 音楽
  • 映画分野に重点
  • 4・12現在の株価 (11345円)100株単位

日本特有のコンテンツ力はメタバース成功の要因となる

ソニーグループが仮想空間で、活躍する時代が来る理由として、下記の動画でも説明しています。

2028年には、仮想空間の市場規模が100兆円と言われている中で、ソニーグループはコンテンツ力を視野に入れている企業と言えます。

それはどうの様なことか、仮想空間を民主化するには誰しもが、その仮想空間に訪れたいという何かがなければならなく、そこで我が日本国は超一流の『コンテンツ大国』なのです。

  • 漫画
  • アニメ
  • ゲーム
  • ダイバーズカルチャー

さらに、面白いコンテンツを構築できるクリエーターがたくさんいると言われています。

職人文化の日本のクリエーターは、技術力が世界的に見ても優位にあり、これらの方達が、漫画、アニメ、ゲームの新たなキャラクター仕組みを作れば、仮想空間に置き換えれば負けない時代が来るのです。

作品権利のコンテンツ一覧

  • ドラゴンボール
  • NARUTO
  • ワンピース
  • ファイナルファンタジー
  • マリオ

ソニーグループは、 米国のエピックゲームスに10億ドルを出資したと4/12に報道されました。

エピックゲームズといえば、人気オンラインゲーム『フォートナイト』で知られている企業です。

ソニーはエピック社に出資するのは3回目であり、約4.9%の保有となる。

仮想空間『メタバース』関連で注目が集まる中、ゲームや音楽、映画などに融合したコンテンツで、今後のソニーグループは飛躍していくでしょう。

『9割の人がわかっていない、メタバースの本質とは』

下記に紹介している、サラためさんの動画にもあるように、世界(メタバース)2.0とは、世の人はどんな解釈をしているのだろうか?

この動画で紹介されている世界2.0の本を要約動画にされている内容は、すごくわかりやすく、納得と期待に満ちあふれていて面白い。

楽天ブックス
¥1,650 (2022/04/12 09:21時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見てみる

この本の著者は、佐藤航陽氏です。

この方は、人工衛星で、3DCGを使い、仮想空間にもう一つの地球を作ってしまおうという企画などで、AIを開発している天才です。

そんな著者が本書『動画』では、わかりやすく仮想空間、メタバースのことを説明されています。

改めてメタバースとはなんなのか?

  • インターネット上に作られた3D空間
  • メタ(超える)宇宙(ユニバース)= もう一つの宇宙・別の世界

ただ、現在の通信技術があれば、もう仮想空間は当たり前の時代が来ていてポテンシャルがMAXなのです。

かつての淘汰された、もう一つの地球『世界』といえば、かつて一世を風靡した『セカンドライフ』をイメージする人も少なくないだろう。

セカンドライフが淘汰された理由として、一言で明らかに通信速度が全く足りなかった。

それが淘汰された理由であり、また時代もついていけてなかったのです。

思想は同じでも、技術力がともなっていなかったのです。

現在の仮想空間の代表といえば、動物の森・フォートナイト・ファイナルファンタージーとなります。

この辺でイメージが湧くことと思います。

ただ、メターバース2.0とは、これらと違って最終形態では無いのです。

今のメタバースは、限られた空間、限られた人たちが楽しんでいた空間なのです。

例えるなら、これらはメタバース1.0になる。

メタバース2.0とは、今後これらが『民主化』することなのです。

誰しもスマホを持ち歩くみたいな感覚で仮想空間上で時間を使う時代が来ることなのです。

さらに、自分でも仮想空間が容易に構築できると言います。

例えば自分だけの『デズィニーランド』もできてしまう。

その一言で凄さがわかってしまいますね。

ざっくりと、それが『メタバース2.0』で、そんな時代がもうきていると動画で紹介されています。

サラためさん引用元

コメント

コメントを残す