「ちょっと乗ってく?」からドラマへ:堀田真由、多才な女優の軌跡とビジョン

堀田真由さん、名前を聞いてピンとくる方も多いでしょう。彼女は多くのドラマや映画でその才能を発揮していますが、最近では特に注目を集めているのが、日立ビルシステムの新CMです。

このCMで堀田さんが使うキャッチフレーズ「ちょっと乗ってく?」が話題となっています。今回は、この新CMと堀田真由さんの日常やプロフィール、そして最新のドラマでの撮影場所など深掘りします。

目次

女優「堀田真由」プロフィール

堀田真由は1998年4月2日生まれの日本の女優、ファッションモデル、タレントで、滋賀県出身でアミューズ所属です。彼女の芸能界への道は、成島出監督の2部作映画『ソロモンの偽証』の主人公・藤野涼子役のオーディションに応募することから始まりました。

書類選考と2次審査を経て、滋賀から単身上京し、東映東京撮影所での合宿に参加。最終選考の5人に残るも落選するが、この経験を通じて芸能事務所のスカウトの目に留まりました。しかし、彼女は2014年にアミューズが主催した新人発掘イベント「オーディションフェス2014」に自ら応募し、3万2214人の中からWOWOWドラマ賞を受賞しました。

2015年、彼女はアミューズ所属の先輩、仲里依紗主演のWOWOW連続ドラマW『テミスの求刑』でデビュー。

この年の4月には東京の学校に転入しました。2017年にはNHK連続テレビ小説『わろてんか』で主人公の妹・りんを演じ、この役で注目を浴び、大阪・南警察署の一日署長や大型観光船「ミシガン」の一日船長も務めました。

2020年には女性ファッション誌『non-no』の専属モデルに起用され、同年、結婚情報誌『ゼクシィ』の13代目CMガールに選ばれました。

2022年にはアニメ映画『ブルーサーマル』で声優に初挑戦し、主人公・都留たまき役を演じると同時に、NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』でも主人公・北条義時の二番目の妻・比奈を演じました。

2023年3月29日には、彼女のファースト写真集『MY』が集英社から発売され、撮影は松岡一哲が担当しました。堀田真由は映画『るろうに剣心』を見て芸能界を目指し始め、特技は6歳から10年間続けたバレエで、「オーディションフェス2014」の決勝でも披露しました。

また、普通自動二輪車免許を取得しており、好きなものはタン塩や純喫茶という昭和女子なのです。

新CMでの堀田真由

日立ビルシステムの新CMは、堀田真由さんが一緒にいる友人に「ちょっと乗ってく?」と声をかけ、エレベーターに乗るという内容です。この一言が多くの人々に感銘を与え、CMは大きな話題となっています。

HITACHI引用

日立ビルシステムの新CMは、堀田真由さんが一緒にいる友人に「ちょっと乗ってく?」と声をかけ、エレベーターに乗るという内容です1。この一言が多くの人々に感銘を与え、CMは大きな話題となっています。

「ちょっと乗ってく?」の背景

このキャッチフレーズは、堀田さん自身が日立ビルシステムのエレベーターに「ハマった」と語っています。このフレーズは、日常生活での小さな楽しみや発見を表しているとも言えます。

堀田真由『帰宅部』要約

  1. 堀田真由は大河ドラマの俳優で、YouTube企画の初回に出演。
  2. その探偵役には特定の「弱み」や「秘密」が関わっている。
  3. 彼女が演じる役には探偵が関連しており、そのために探偵の先生からの指導も受けた。
  4. 堀田真由自身は滋賀県出身で、自然環境に恵まれた場所で育った。
  5. 報告によれば、堀田真由はかつて航空関連の学校に通っていたが、芸能の道に転向。
アミューズ引用

堀田真由が演じる河野美璃役の「弱さ」が魅力:ドラマ「たとえあなたを忘れても」の深層を探る

堀田真由さんは、多彩な演技力で数々の作品に出演していますが、特に話題となっているのがドラマ「たとえあなたを忘れても」での役柄、河野美璃です。

このキャラクターで心に留めているキーワードは「弱さ」。この記事では、その「弱さ」がどのように堀田さんの演技に影響を与え、また視聴者にどのような印象を与えるのかを探ります。

河野美璃:複雑な心情の象徴

河野美璃は、多くの複雑な心情を抱えるキャラクターとして描かれています。この複雑さを表現するために、堀田さん自身が演技において最も重視しているのが「弱さ」です。

このキーワードが、河野美璃というキャラクターに深みとリアリティをもたらしています。

「弱さ」の多面性

「弱さ」という言葉には一見ネガティブな印象がありますが、堀田さんにとってはそれが人物像をより鮮明にするための重要な要素。この「弱さ」を通して、視聴者は河野美璃の内面により深く触れることができます。

堀田真由の演技哲学

堀田さんは「芝居が誰かの心に届くたびに、それが私の希望になる」と公言しています。

この信念が、河野美璃というキャラクターにも反映され、その「弱さ」を繊細な演技で表現しています。

堀田真由さんが演じる河野美璃の「弱さ」は、ただのキャラクター設定以上のもの。

それは堀田さん自身の演技哲学と深く結びついており、このドラマを一層引き込む要素となっています。このような深層心理に触れる演技が、堀田真由さんを今後も注目の女優としています。

神戸が舞台『たとえあなたを忘れても』主演・堀田真由さんインタビュー

堀田真由が語る、神戸の魅力とドラマでの新たな挑戦

神戸の印象と撮影の舞台裏

堀田真由さんが主演するドラマ『たとえあなたを忘れても』は、神戸市内で多くの撮影が行われています。

堀田さんによれば、神戸は海と山が近く、ロケーションが素晴らしいとのこと。特に神戸港中突堤での日没前と後のシーンの撮影では、景色がガラリと変わることに感動したと語っています。

ピアノと神戸の街

ドラマでは、堀田さんが演じる主人公がピアノを教える音楽教室のロケ地として、歴史ある御影公会堂が使用されました。

堀田さんは、神戸は音楽に触れる機会が多い街であると感じています。

『堀田さんがピアノを教える音楽教室のロケ地として使用された歴史ある御影公会堂』

Googleマップで見る

神戸は音楽に触れる機会が多い街であり、御影公会堂もその一つと言えるでしょう。

東京から神戸へ

堀田さんが演じる主人公は、東京から神戸に移住する設定。そのため、標準語で演じていますが、関西弁のイントネーションが出てくる可能性もあると話しています。

神戸市民へのメッセージ

堀田さんは、神戸市民が知っている風景や場所がドラマで出てくることが一番の注目ポイントだと語っています。神戸の風景の素晴らしさも、作品を通してお届けしたいとのこと。

この記事は、広報紙KOBEでのインタビューを基にしています。Respect copyrights. Issues or features? Email us at care@sider.ai. Use Link Reader in every tab? Get it here.

コメント

コメントを残す