新世界が来るのか?メタバースの可能性を探る

世の中が大きなチェンジを迎える時代が来た。

現実世界で生活するよりも、仮想世界の中で生活することの時間が上回ると言われてます。

いわゆる、かつてのファイナルファンタジーの世界が、よりリアルにアップデートした世界のイメージである。

まず最初は、ゲームから盛り上げることは間違いないらしい。

記事

メタバースとは何かを探る

そして、仮想世界「バーチャル世界』が中心の生活が、数年後に訪れるだろう?新しい世界は、セカンドライフみたいな感覚になるという。

生活の買い物だとか、旅行、、仕事での会議などは当たり前にバーチャルで行われる。

Facebookで開発されている、自分にそっくりのアバターもできて、WEBの中での生活する時代が、もうそこまで訪れています。

実際に、そこにいるのと同じで言わゆる脳内で生活するのです。

本当に、そんなことができるのだろうか??

リアルに近い世界をプログラミングできるのは、まだ少数

そんな状況の中、まだ10代のクリエーターの精鋭軍団が、頭角を表してる。

一体どこが、最初のシェアを勝ち取るのだろうか?Facebookよりも、中国の技術の方が進んでいるとも言われています。ただ、懸念されるのが、情報弱者だらけの古き良き時代の大人達だ。

そこで、メターバース限らず、公的書類などはWEBで行うことになるので、歳を重ねていく中で、最低でもパソコン一台を持たなくては生きて行けない時代なのです。

そして新しく通貨となりつつある、仮想通貨の知識も保有含めて、知識を深めなければ置いていかれること間違いない。

人間の本能として、求めるフロンティア

イーロンマスクが宇宙を目指し、Facebookが仮想空間を目指す。一般庶民はどうだろうか、?

これからの子供たちは、ある意味新しい世界をすでに、無意識に生きている。

そんな中、年齢問わずプログラミング、メタバース、WEB3.0関連、自分にもそれらにも投資していかなければならいだろう。

そこを意識して生きけば、そう遠くない将来必ず輝ける時が来るのかもしれない。