俳優『駒井蓮』さんが映画『いとみち』でファンが急増!津軽弁が心地よい?新ドラ『束の間の一花』に主演

2022年10月17日(月)スタートの深ドラマ『束の間の一花』毎週月曜日0時59分〜1時29分のメインビュジュアルが公開されます。

駒井蓮さんも主演するので、彼女のファンがざわついている。

蓮さんの役は、一花(藤原さくら)の親友役で『土橋じゅん』を熱演する。このドラマは『タダノなつ』原作の漫画をドラマ化したもので、哲学講師と生徒の恋の物語です。二人には共通した運命が待ち受けていて、共に余命宣告を受けている。涙が満載の展開?タイトル通り『束の間』の短い日々を共に過ごす展開ですが、繰り広げる大学生トークが、多く笑いも含むシーンも多くある作品となっているらしい!注目されています。

目次

J .Storm引用元(写真)

駒井蓮さんコメント(土橋じゅん役)

脚本を読ませていただき、一花ちゃんと萬木先生のやりとりにほっこりしつつ、一花、かおり、じゅんちゃん3人のやりとりが微笑ましくて笑ってしまいました。また、先生と友達と、こんな青春があったらいいなと想像してドキドキもしました。じゅんちゃんは、原作とは異なる雰囲気になっているのですが、マイペースさと効率重視な部分が魅力なので、そこを楽しみながら演じていければいいなと思っています。一花、かおり、じゅんちゃんはそれぞれのキャラが濃いにもかかわらず、なぜか話すとみんなんでゆるやかな気持ちになる3人です。毎シーンとっても楽しく撮影させていただいてます。なので、萬木先生のゆるゆるさも見どころですが、3人組のゆるゆるさもぜひ注目していただきたいです。

Yahoo!ニュース抜粋

『プロフィール』

駒井蓮さんは、西暦2000年生まれでの俳優・タレントなどマルチに活躍されている、もはや女優さんです。

特に印象的たところは、化粧とかも派手な印象はなく、ナチュラルメイクが基本で素朴な感じ。青森県出身で方言で話されている時はとても親近感が持てる。万人に愛される俳優と言われて、インパクトがある『津軽弁』は彼女の良さを助長してるでしょう。

YouTubeで、津軽弁講座の動画をアップしているので見ていただければ、不思議な魅力に取り憑かれる事間違いなしです。

駒井蓮さん出身地である、観光名所『ねぶた祭り』にも興味が湧いてくるのです。青森県平川市にとっては強烈なマスコットガールを手に入れたに違いない,,,

駒井蓮さんの〜津軽弁を聞きたい方は、声のアプリ『Voicy』~れんのことば』で聴ける。(下記リンクあり)

芸能界入りのきっかけ

青森県の中学校時代に、家族の春休み旅行の際に訪れた原宿の竹下通りで、現在のボックスコーポレーションにスカウトされた。王道のスタート。

このBoxコーポレーションの前身は、モデル事務所が出発だった。当時、中山美穂、山口智子、石田ゆり子などの水着キャンペーンガールを送り出していた。しっかりした芸能事務所です。この事務所のスタッフの逸話が有名で、『石田ゆり子、石田ひかり』の姉妹を、偶然にも別々の場所でスカウトしたという。(同じスタッフ)

そんな有名な事務所にスカウトされて、ラッキーだった『駒井蓮』さんは、才色兼備『慶應義塾大学』とクレバーな女性と言えるでしょう。このまま俳優として、飛躍してほしい。

反面、現在の清楚さを持ち続ける俳優になってほしいとファンの間では語られる。

BOX CORPoRATION引用元
名前駒井蓮
生年月日2000年12月2日
出身地
学歴
青森県平川市 
弘前大学教育学部附属中学校 
慶應義塾大学文学部(英米文学)専攻
身長168センチ
趣味絵を描く事
ピアノ
読書
映画鑑賞
特技
習字
マガジン光文社「FLASH」2021年7月20日号 7.6
双葉社「EX大衆」9月号 8.16
雑誌読み放題!月額418円(税込)で700誌以上が読み放題
Voicyれんのことば
TwitterRen Komai
ウィキ引用元

映画『イトミチ』

movieコレクション引用
駒井蓮さんの津軽弁が堪能できる映画をU-NEXTで見てみる
映画のアークチャンネル引用元

映画『いとみち』のロケ地を歩く


駒井蓮さん『主演CM』

パナソニック

パナソニック引用

エルム・ポカリスウェット

CT引用元
著:駒井蓮, 編集:proto star編集部, 写真:東京祐
¥594 (2024/02/24 18:38時点 | Amazon調べ)
チャンネルアイドル引用

モデルニコラ時代映像

公式ニコラ引用元

駒井蓮の『津軽弁講座』

映画のアークチャンネル
映画アークチャンネル引用元

日刊スポーツ『新人賞』受賞

日刊スポーツ引用元

その他『主演映画』

出演:津田寛治, 出演:駒井蓮, 出演:勧修寺保都, 出演:松本穂香, 出演:内田理央, 出演:波岡一喜, 出演:川瀬陽太, 出演:筒井真理子, Writer:守口悠介, 監督:戸田彬弘
¥408 (2022/10/13 17:58時点 | Amazon調べ)
出演:眞島秀和, 出演:真田麻垂美, 出演:鈴木仁, 出演:駒井蓮, 出演:菅原大吉, 出演:長谷川朝晴, Writer:ユン・ソクホ, 監督:ユン・ソクホ
¥400 (2024/02/24 18:38時点 | Amazon調べ)
出演:永作博美, 出演:井浦新, 出演:蒔田彩珠, 出演:浅田美代子, 出演:佐藤令旺, 出演:田中偉登, 出演:中島ひろ子, 出演:平原テツ, 出演:駒井蓮, 出演:山下リオ, 出演:森田想, 出演:堀内正美, 出演:山本浩司, 出演:三浦誠己, 出演:池津祥子, 出演:若葉竜也, 出演:青木崇高, 出演:利重剛, Writer:河瀨直美, Writer:髙橋泉, 監督:河瀨直美
¥400 (2024/02/24 18:38時点 | Amazon調べ)
Guest Actor:宮沢和史, Guest Actor:駒井蓮, Guest Actor:仲宗根創, Guest Actor:饒辺愛子, Guest Actor:田名真之

合わせて読みたい『映画記事』

コメント

コメントを残す