環境森林税の一人当たり負担額に驚愕!いつから始まるのか?増税メガネ氏がまたやらかす?!

岸田首相が突如として「花粉症対策」についての声明を発表した瞬間、多くの国民は一瞬の安堵感を味わった。毎年、花粉症に悩む人々が増えている日本で、この問題に対する政府の積極的な取り組みは歓迎されるものである。

しかし、この発表の背後には、一体何が隠されているのか。経験豊富なジャーナリスト、長谷川幸洋氏が明かす真実は、国民を驚愕させるものでした。

「実は、これは増税の口実なんですよ」と長谷川氏。来年4月には新たな「森林環境税」が創設される計画が進行中であり、その影響は我々の生活に多大なものとなるでしょう。

この記事では、岸田首相の花粉症対策発表の真の意味と、それが国民に与える影響について深堀りします。

ダイヤモンドオンライン引用元

目次

季節外れの花粉症対策とその裏側

ある日、岸田首相は突如として「花粉症対策」についての声明を発表した。多くの国民がこの問題に悩まされているという事実を背景に、首相は新たな対策を強力に進めると約束した。しかし、この約束には裏があった。

「実は、これは増税の口実なんですよ。」長谷川幸洋氏、経験豊富なジャーナリストが語る。

来年4月には『森林環境税』が創設され、国民一人当たり1000円が住民税に上乗せされる計画なんです。

財務省と林野庁は、批判されにくい”森林環境整備”という名目で、恒久的な財源を確保しようとしています。

この話を聞いた国民たちは驚愕した。花粉症対策という名の下に、実は全国の杉を伐採し、花粉が少ない杉や他の樹木に植え替えるという計画が進行中だったのだ。

「それだけではありません。政府与党は、防衛費を倍増させるため、さらに所得税、法人税、たばこ税を増税する方針を決めています。」

長谷川氏の言葉に、国民たちは次第に疑念を抱くようになった。花粉症対策とは一体、何だったのか。そして、この新税制によって、我々の生活はどう変わるのか。

「大義名分が必要だったんです。それが、花粉症対策です。」

この一連の出来事を通じて、国民たちは一つの教訓を得た。それは、政府の発表には常に「裏」があるということだった。

引用元のURL

環境森林税の導入日とその影響『国の言い分』

導入日とその背景

著:青木宗明, 著:飛田博史, 著:吉弘憲介, 著:其田茂樹, 著:清水雅貴, 著:佐藤一光, 編集:青木宗明
¥2,420 (2023/10/19 16:22時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見てみる

税収の配分と地方自治体への影響

この税収は、国によって「森林環境譲与税」として都道府県・市町村へ譲与されます。具体的には、税収は「森林整備及びその促進に関する費用」や「森林整備を実施する市町村の支援等に関する費用」に使用されることとなっています。

これにより、地方自治体は新たな財源を得ることができ、森林の適切な管理と整備が進むことが期待されます。

経済への影響

環境森林税の導入によって、森林産業や関連産業にも一定の影響が出ると考えられます。新たな財源が確保されることで、林業や森林保全に関するプロジェクトが増加する可能性があります。

これにより、林業を含む森林産業の活性化が期待され、新たな雇用創出にも寄与するでしょう。

環境への影響

この税制の最大の目的は、環境保全です。税収を用いて森林が適切に管理されることで、森林が果たす多機能性が高まります。具体的には、水源地の保全、生物多様性の維持、二酸化炭素の吸収といった環境へのプラスの影響が期待されます。

社会への影響

環境森林税は、市民一人一人が環境保全に貢献する手段ともなります。税金という形で環境に貢献することで、環境意識が高まる可能性もあります。

また、この税制によって生まれる新たなプロジェクトやイニシアティブが、地域社会に新しい価値をもたらすことも考えられます。環境森林税の導入は、多角的な影響を及ぼす可能性があります。経済、環境、社会の三つの側面での影響が予想され、特に地方自治体とその住民には大きな影響を与えるでしょう。この税制が成功すれば、持続可能な森林管理と環境保全が進むことで、より良い未来が築かれる可能性があります。

引用元のURL

まとめ・環境森林税とは?

環境森林税は、2024年度から国内に住所を有する個人に対して課税される新しい国税です。この税金は、市町村において個人住民税均等割と併せて、1人年額1,000円が徴収されます。この税収は、国によって「森林環境譲与税」として都道府県・市町村へ譲与される仕組みとなっています。

なぜ環境森林税が必要なのか?

森林は、国土の保全、水源の維持、地球温暖化の防止、生物多様性の保全など、多くの重要な機能を果たしています。しかし、林業の担い手不足や、所有者や境界が不明瞭な土地によって、森林の適切な管理や整備が困難になっています。このような状況が続くと、森林が持つ多機能性が十分に発揮されず、環境や生態系に悪影響を及ぼす可能性が高まります。

税収の使い道

環境森林税の税収は、都道府県・市町村に譲与され、具体的には「森林整備及びその促進に関する費用」や「森林整備を実施する市町村の支援等に関する費用」に使用されます。これにより、森林の持続可能な管理と保全が促進されることが期待されます。

パリ協定との関連性

さらに、環境森林税はパリ協定の目標達成にも寄与する税制となっています。パリ協定では、地球温暖化の防止と気候変動への対応が求められており、森林が持つ炭素吸収機能はその達成に不可欠です。この税制によって、地方財源が安定し、森林の適切な管理と保全が進むことで、気候変動対策にも一役買うことが期待されます。

環境森林税は、森林の持つ多機能性を保全し、持続可能な環境を実現するための重要なステップです。この税制は、地方自治体が直面する森林管理の課題を解決し、さらには国際的な気候変動対策にも貢献する可能性を秘めています。そのため、市民一人一人がこの税制の意義を理解し、積極的にその運用に参加することが求められます。

以上の内容は、総務省の公式ウェブサイトに掲載されている情報に基づいています。

引用元のURL

コメント

コメントを残す