映画『インターステラー』で『未来の世界』体感!現実の世界でも、地球に似た惑星が発見されていた?!

実は、この世は仮想現実だとイーロンマスクが発言したときに『やっぱりそうだったのか』と,,,確信をしてしまった。トレだのコトダマ管理人です。

目次

インターステラー概略

この映画の特徴を言葉にするならば、『衝撃の宇宙体験、地球の寿命が終わる、人類の挑戦が始まる』この三つのセンテンスで、内容が想像できるでしょう。

地球の寿命が見え始めた世界がやってきた時代に、ある男が人類を救うことをミッションと担って選ばれた。住居が可能の新たな星(惑星)を探す!人類史上、限界を超えた作戦が始まる。

その計画に立ち向かうのは、まだ幼い子供を持つ元エンジニアの男性でした、そんな男に待ち受けていたのは『衝撃の宇宙だ。果たして、最後はどんな世界が待っているのか?

世代問わず、楽しめる作品です。

この映画を観た後は、間違いなく普段の悩み事が、いかにちっぽけな事なのか、気付いてしまう程だ。

公式ホームページ
22歳の青年が進める映画『インターステラー』U-NEXTで観てみる
シネマトゥデイ引用元

生命体が存在するのかもしれない、地球に似た惑星があったと2017年にANNで報道された。

太陽系から遠く離れたところに、生命が存在するかもしれないと、ニュース番組で真面目に報道されていた。NASA(米航空宇宙局)などからの発表でした。

ANN引用元

さらに、住居可能な9つの惑星があると、有名なyoutubeチャンネルのブライトサイドの動画が面白い。

概要

こちらの報道では、地球規模の惑星が88億個発見されているという事実がある。

そんな馬鹿な! って思った人は、この動画を見てほしい。

おそらく目がぐるぐる回って、どうでも良くなります。

ブライトサイドチャンネル引用元
,

ー合わせて読みたいー

コメント

コメントを残す