廣瀬すずさん『流浪の月』女児誘拐事件の被害者役の演技が観たい

映画『流浪の月』公開日がカウントダウン前評判が気になる

2022年5月13日公開予定まで、あと二日に迫った。

おさらいとして、本作ですずちゃんが演じたのは、『女児誘拐事件の被害者』の15年後の姿だ。

もし自分が、、、誰もが、、、凶悪な事件の被害者になっとした、また家族がなったらとか、想像したことがあることだろう。そこのポイントの共感を、シネマファンから得あられる演技する彼女が観られるかがポイントなのです。

関係者の間の前評判はどうなのだろうか?

スクリーンの広瀬すずは、女優、アイドルをイメージを超えて、女児誘拐事件被害者の女性そのものになっている。

関係者の間では前評判では好評らしいのである。

廣瀬すずさんファンにとっては本当に待ち遠しい時間があと二日となった。

そんな待ち遠しくて、早く観たい!なんで思っている人必見です。

U-NEXTでも約1時間にわたって、広瀬すずのメイキングや本作品に関してのドキュメンタリーインタビューが視聴できるのだ。

廣瀬すず、今後はお笑いの世界にも興味を示す?

世間のイメージの広瀬すずは、もはや女優と言っても過言では何だろう。

そんな、すずちゃんは、お笑いの世界にも興味があることを『フジテレビ系列のノンストップ』でファンからのイメージとの自分の姿のイメージにちょっとギャップがあると語った。

世間からは、すずは『冗談や、ギャグ』を使うイメージがないという

しかし彼女は、『実は基本的に、いや常に笑いをとりにいくタイプ』いつも狙ってます。と告白。

ただ、しゃべっているだけなんですど、家族や、友達を笑わせるのが、幸せなんです』と明るく語った。

廣瀬すず『プロフィール』

  • 1998年生まれ
  • 静岡県出身
  • 2012年『ミスセブンティーン2012』グランプリ
  • 『幽かな彼女』で俳優デビュー
  • 2015年『学校の怪談」ドラマデビュー

廣瀬すずの写真集とNFT化された『デジタル・プロマイド』

2022年の2月18日に、『広瀬すず10周年記念写真集レジャートレジャー』の発売を記念して、『デジタル・プロマイド』今流行りのNFT化した写真をはつ倍されているのはご存じだろうか?写真集の中に掲載されていない作品『未公開』カットが5点選べるらしい?!

✅関連記事

コメント

コメントを残す