『流浪の月』広瀬すずの大人の色気がやばいのと、実際に起きた誘拐犯が語る『狙われる子供の特徴』

この記事の内容

  • 流浪の意味
  • 映画『流浪の月のご紹介
  • 映画のメイキング映像
  • 広瀬すずのインスタライブの『下ネタ』
  • 実際の誘拐事件の犯人が語る『狙われる子供の特徴』

『流浪』という言葉の意味を、あなたは知っているでしょうか?

流浪とは、『あてもなくさまよう、所定めず、さすらい歩くこと』です。

この作品を想像できる、題名の映画『流浪の月』は、主役の広瀬すずをはじめとして、相手役の松坂桃李などの、豪華キャストで、5月13日(金曜日)に全国ロードショーします。

映画のキャッチフレーズは『女児誘拐事件。その真実は、二人だけのもの』この文だけ誘拐事件であっても、犯人と子供の心情が見え隠れ、想像、もしや共感ができてしまうかもしれない作品です。

流浪の月 キャスト・あらすじ

映画『流浪の月』

主演 広瀬すず、松坂桃李

2022年5月13日(金)に全国公開します。

この作品は本屋大賞にも輝いた、凪良ゆうの小説、誘拐事件の被害女児だった女性と、その加害者とされた当時19歳の大学生の物語です。いつまでも消えない、被害者女児と加害者の十字架を背負いながらにも惹かれ合う二人の生き様を描いている。

流浪の月メイキング貴重映像

https://youtu.be/xFB4C0YjMGA

広瀬すずのインスタライブ『下ネタの話題』

NHK朝ドラの『なつぞら』映画の『ちややふる』など、多岐にわたる作品に主演している広瀬ずず。

2020年はお休みの年みたいになった一年だったので、メディアでは『すずは干された』なんかやらかしたのか?と憶測と噂が広まった。

その中でも、インスタライブなどで、ファンたちにサービスしている。

インスタの中では、意外にもフランクで、飾らないトークも人気を博している要因だ。

広瀬姉妹で、ガッツリ下ネタまでご披露している始末です。

下ネタで盛り上がったシーンは、姉妹で寄り添いながら、雑談をしていた時だ!

広瀬すずが、手首に巻いていた黒いゴム紐のワッカを外して、両手の指で引っ張った。

そして形ができたところで、アリスに『はい、、、男か女か』?と質問をしたんだ。

アリスがモゴモゴしている時に、すずが『はい、男〜』と叫び、笑いながらゴム紐を、男性器の形にして画面に見せつけたのだ。

これには、アリスもドン引きで、下ネタにハッスルするすずを見て、まずいなと思い、姉のアリスは『はい、次にいきましょう!』と話を変えたのである。

こんな、すずの姿を目の当たりにした、広瀬すずのファンは、昇天してしまった。

流浪の月の公式サイト

https://gaga.ne.jp/rurounotsuki/

服役中の誘拐犯が語った狙われる子供の特徴

東洋経済新聞引用元 https://toyokeizai.net/articles/-/222019

2018年5・26記事

映画の内容とは異なるが、おもしろい記事を見つけたので、お伝えしたい。

まず誘拐は、見るからにあや悪しい不審者が起こす犯罪ではないと言う。

親がちょっと目を離した時や、校時に誘拐するには見た目がよく、子供とすぐ仲良くなれる、見た目が立派の優しい人でも、加害者になる可能性があるという。

そして注意喚起を呼びかける、怪しい感じで犯人像が描かれているポスターは、逆効果であると犯罪心理学に詳しい、碓井教授は指摘する。

それでは『見た目が怪しい人を用心するが、それ以外の人は用心をしなくなってしまう』と情報がミスリードするのだ。

犯人が語る『誘拐方法の段取り』とは

誘拐犯は、事前調査を綿密のしている。

1〜2週間ほど観察して、何時にどこを通るのか、どこで一人で歩くのかを調べ上げ、待ち伏せのポイントを決めるという。

実際に犯罪を犯した服役受刑者から聞き取り調査した内容

浮かび上がった手口とは

  • 反抗時刻がPM3時〜4時
  • ターゲットは7〜8歳
  • 犯罪者が襲うかどうかを最後に判断するのは、相手が緊張しているかどうか

(緊張している子供は、あ貼たりする確率が高い)

対応策として、重要なのが、『常に大人の目が必要』で子供を孤立にさせない、地域住民と子供が気軽に挨拶できるようにしておく、見守り活動が必要である。

2017年に千葉県松戸であった誘拐事件(ベトナム国籍の当時小学3年生)の事件後、地域み見守り体制を強化したという。この地域では、高まった防犯意識によって、見守り活動者が1340人の登録があるという。

碓井教授は、最後にこう呼びかける

すごくいい人でも油断しないこと。子供をことさら誉めたり、仲良くなりたがる大人であっても注意を払うよう子供と大人で地域を周り、危険な場所を共有し、その結果防犯マップが作成できる。総合的に考えて、子供の安心安全を守っていただきたい。

碓井教授引用元

危険な人は、危険な格好をしているわけではないことを、きちんと子供に伝えることが必要だという。

コメント

コメントを残す