ジャニーズ新社長は『東山紀之』!かつて藤島ジュリー景子さんとグレーな関係だった?

ジャニーズ事務所のトップを務めていた藤島ジュリー景子氏(57)が、性加害問題で揺れる同事務所の経営から退くことが「週刊文春」の報道で判明した。

同事務所の関係者がこの事実を認めたという。藤島氏の後任には、ジャニーズ事務所に所属するタレントの中で最年長の東山紀之氏(56)が就くことになった。

東山氏は9月7日に開かれる予定の記者会見にも出席し、性加害問題への対策や今後の方針について説明すると見られる。

目次

東山紀之氏がジャニーズ事務所の新社長に藤島ジュリー景子氏は退任

ジャニーズ事務所の藤島ジュリー景子氏(57)が、性加害問題で批判を受けていた経営から手を引くことが決まった。

同事務所の関係者が4日、本誌に対して明らかにした。藤島氏の後任として、同事務所に所属するタレントの東山紀之氏(56)が新社長に就任することも発表された。

藤島氏は、ジャニーズ事務所の創業者である故ジャニー喜多川氏の甥であり、2019年にジャニー氏が死去した後、同事務所の代表取締役社長に就任した。

しかし、その後、同事務所に所属するタレントやスタッフに対する性的な暴行やパワハラなどの問題が相次いで報じられ、藤島氏の経営手腕や人格に疑問が持たれるようになった。

今年3月には、「週刊文春」が、藤島氏が自宅で開いた飲み会に参加したタレントやスタッフに対して、無理やり酒を飲ませたり、下着姿にさせたり、性的な行為を強要したりしたという証言を掲載した。

この報道を受けて、ジャニーズ事務所は4月に第三者委員会を設置し、性加害問題の調査を開始した。

その結果、第三者委員会は9月1日に報告書を公表し、藤島氏の一部の行為について「性的な暴行やパワハラに当たる可能性が高い」と結論付けた。また、同委員会は、「被害者や関係者の声を聞くことなく、一方的に否定する姿勢は不適切であり、信頼回復のためには経営陣の刷新が必要である」と指摘した。

これを受けて、藤島氏は4日、「私はこれまでジャニーズ事務所の発展のために尽力してきましたが、今回の報告書を受けて、経営から身を引くことを決断しました。私の行為によって傷つけられた方々やファンの皆様に深くお詫び申し上げます」というコメントを発表した。

一方、新社長に就任することになった東山氏は、「私はこれまでタレントとして活動してきましたが、今回の問題を受けて、ジャニーズ事務所の再建に責任を持ちたいと思いました。

私は被害者や関係者の声を真摯に受け止め、性加害問題への対策や予防策を徹底していきます。

また、ジャニーズ事務所の透明性や信頼性を高めるためにも、経営に関する情報を積極的に公開していきます」というコメントを発表した。

東山氏は、ジャニーズ事務所に所属するタレントの中で最年長であり、グループ「少年隊」のメンバーとしてデビューした後、俳優や司会者としても活躍してきた。

また、同事務所の看板タレントである木村拓哉氏(49)や香取慎吾氏(45)とも親交が深く、ジャニーズ事務所の内外に多くの人脈を持っている。

ジャニーズ事務所は、9月7日に記者会見を開き、性加害問題に対する今後の取り組みを説明する予定である。東山氏も出席すると見られる。

参考動画『東山紀之』裏の顔?

裏トレンドニュース引用

東山紀之の素顔とプロフィール

ジャニーズ事務所の最年長者であり、少年隊のメンバーである東山紀之さん。彼は俳優、歌手、タレント、司会者として幅広く活躍していますが、その素顔や経歴はどのようなものなのでしょうか?

今回は、東山紀之さんのプロフィールを、事実に基づいてご紹介します。

ジャニーズ事務所の最年長者であり、少年隊のメンバーである東山紀之さん。彼は俳優、歌手、タレント、司会者として幅広く活躍していますが、その素顔や経歴はどのようなものなのでしょうか?

今回は、東山紀之さんのプロフィールを、事実に基づいてご紹介します

東山紀之さんは1966年9月30日に神奈川県川崎市で生まれました。父方の祖父はロシア人の血を引いており、東山さん自身も金髪碧眼の美少年として注目されました。

しかし、幼い頃に両親が離婚し、母親に育てられた東山さんは苦労の多い生い立ちを送りました。

小学校時代は剣道に打ち込み、中学から高校時代はバスケットボール部に所属しスポーツ万能な一面を見せました。しかし、芸能界への道は偶然の出会いから始まりました。

小学校6年生の時に母親から貰った音楽番組のチケットでNHKホールへ行った帰り道、渋谷でジャニーズ事務所の社長であるジャニー喜多川さんにスカウトされたのです。

1979年にジャニーズ事務所に入所した東山さんは1、先輩タレントのバックダンサーを務めながらレッスンを受けました。

1982年に少年隊のメンバーとなり、1985年に「仮面舞踏会」でデビューしました。以来、グループ活動とソロ活動を両立させてきました。

俳優としても高い評価を得ており、テレビドラマや映画、舞台などで多くの作品に出演しています。特に舞台では自身が座長を務めることも多く1、ダンスやアクションなどを披露しています。2003年には足を骨折しながらも公演を続けたこともありました。

家族仲は良好であり、仕事とプライベートのバランスを大切にしています。

東山紀之さんはジャニーズ事務所の幹部候補とも言われていますが、本人はそうした話については控えめに語っています。現在も少年隊として活動する予定はないものの、グループ名は存続しており、錦織一清さんや植草克秀さんとも交流があるようです。

東山紀之さんはジャニーズ事務所の最年長者でありながら、若々しく元気な姿を見せてくれています。これからも俳優や歌手として、さまざまな魅力を発揮していってほしいと思います。

この記事は『kattbe.aiライター』を併用しております。

コメント

コメントを残す