映画『花束みたいな恋をした』が再ブレイク中!有村架純と疑似恋愛できちゃう?

映画『花束みたいな恋をした』は、興行収入が30億を越えた大ヒット映画です。

若手人気俳優の二人が主演となって話題を集めた作品が、熱が冷め止まず再ブレイクです!

理由として『有村架純の風俗嬢役』で話題の映画『ちひろさん』の広報の一環として『花束みたいな恋をした』をPRしているのだろう。

この映画は疑似恋愛ができる、共感させるラブストーリーになっています。まだ見てない恋愛体質の方には、おすすめ作品1選で間違いなしだ!

目次

映画『花束みたいな恋をした』概要とあらすじ

数々のヒットを飛ばしたこの映画の脚本は、坂元裕二さんです。

  • 東京ラブストーリー
  • カルテット
  • 最高の離婚

これらを手がけてきた脚本家の映画、『花束みたいな恋をした』のあらすじとは,,,観客との共感する事ができる内容となっています。

偶然の出会いからはじまった、二人の5年間を描いた恋愛ストーリーで、何処にでもいる男女、誰しも同じ感情を抱いたことのある、優しいあらすじとなっている。

舞台は、2015年,,,,大学生の山音麦(すだまさき)は、グーグルのストリートビューに写っていた自分を発見して、喜んでいる普通の男性。そんな彼は何も考えなくてすむ交通調査のアルバイトをしながら、ぼんやりと暮らしていた。

一方、八谷絹(有村)は、映画や小説ファ大好きな普通の大学生。お笑いのライブに行こうとしたところ、知人の男性と出会って食事をすることになって、結局、彼は別の女性と街に出向き、絹もライブに行けなくなった。

そんな絹と麦は、終電に向かい改札へ急ぐが、乗り遅れてしまう。

そこで、ひょんなことで一緒に居酒屋に行くことになり、お互いの話をすることになった。お互いに距離を縮めていた結果、二人には共通点が多いことに気づき意識し始めた。それから、二人の5年間,,,,,どうなるのか?

この映画の特徴として、まるで『ドキュメンタリー』を見ているかのように、みんなが共感できる些細な事、小さな喜び、当たりどころのない不安などを、綺麗に描いている。

最も、印象に残るシーンは、付き合いたての二人が、海辺でのデートシーンです。

幸せを噛み締めて、ただ,ただ楽しむ『麦』とは対照的に、『絹』はこれが絶頂であり,恋の終わりがはじまったと感じていた。対照的な二人の恋の行方を、楽しませてくれるシーンででした。

花束(製作委員会)引用元

映画のロケ地

この映画でブレイクしたのは、映画業界だけでない,,,作品のロケ地となった、『調布市』に恩恵をもたらしました。それは映画の舞台を一度見てみたいと、恋愛体質の若者たちが多く訪れたのである。『ロケ地マップ』も増刷される程の人気となった。

主に、京王線沿線沿の調布付近で、あちこちの固有名詞が頻発したのが親近感(共感)が湧いた要因でした。

明大前駅では、『終電を乗り遅れた二人、出会った場所』にな非常に重要な駅となった。

缶ビールをに一緒に飲みながら歩いた大通り沿いは、『甲州街道の首都高4号線の高架下』あたり、そのほかにも、『つつじヶ丘駅の北口、調布パルコ』などが舞台となっている。

ぜひ、映画で出てくる『場所』にも注目してほしい作品です!

まだここに表示するコンテンツはありません。

コメント

コメントを残す