遂に日本でもGoogle Bardが公開!この対話型AIは、ググる検索システムを大きく変える歴史へ

google bard ai 日本も遂に対応

GoogleのAI技術が日本にも遂に登場! 最先端のAI技術「Google Bard」は、さまざまな分野でその力を発揮していますが、そのパワフルな機能がとうとう日本でも使えるようになりました。この画期的なテクノロジーについて、本ブログでさらに詳しく解説していきます。ストーリー作成からポエム生成まで思いのまま、AIが日本のクリエイティブ業界に革命をもたらすでしょう。どうぞお楽しみに!

目次

1. Googleの対話型AI「Bard」が日本語対応

ついに、Googleの対話型AI「Bard」が日本語に対応しました。これにより、日本のユーザーもBardを使って様々な情報を得ることができるようになります。

また、韓国語も対応し、180以上の国・地域でBardの展開が予定されています。

Bardは生成系AIを用いた会話型AIサービスで、OpenAIのChatGPTの競合とも言われていますが、ユーザーが文章を入力するだけで、考え方のアイデアやレシピなどの情報を提供してくれます。

これにより、日本の皆さんもBardを新たなパートナーとして活用できるようになりました。 

2. 「Bard」の言語モデルが次世代に切り替わる

GoogleのチャットAI「Bard」が日本語対応し、本格的な展開が始まったことで、日本のユーザーもBardを通じて様々な情報を得られるようになります。「Bard」の大規模言語モデルは、最新の「PaLM 2」に更新され、高度な数学や推論スキル、コーディング能力などが強化されました。

これにより、100以上の言語にまたがる多言語テキストをさらに多く学習し、イディオムや詩、なぞなぞなどのニュアンスが異なるテキストも理解できるようになります。

3. 「Bard」の性能が上がっている可能性がある

現在の言語モデルは「LaMDA」であり、次世代の「PaLM 2」にはまだ移行していないようです。

しかし、ユーザーからは性能が向上しているように感じられるとの報告があるようです。

これからさらに使いこなせるようになれば、より多くの日本語話者にとって便利なツールになるでしょう。今後、「PaLM 2」への移行が予定されているため、さらに進化したBardが楽しみです。 

6. 「Bard」へのメールの題名は「バルド」

Bardのメールの題名は「バルド」となっています。

この新しいAIは、ユーザーが質問やリクエストに対してクリエイティブで役に立つ回答を提供することが目的となっています。

Bardを使用すると、学習や知識の探求がより楽しくなります。

例えば、NASAのジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡に関する最新の発見を9歳の子供にも分かりやすく説明できるようになり、このような魅力的な技術を使って、日本のユーザーも新しい可能性を追求することができるのです。 

10. 「Bard」の日本語対応により利用者が増える見込み

Googleの会話型AI「Bard」が日本語対応により、ますます利用者が増える見込みです。

このAIは、様々な情報を得られる会話型サービスで、検索だけでなくアイデアの提案やレシピの提供なども可能!これまで英語環境に限定されていましたが、日本語対応が開始されたことで、日本国内のユーザーにもBardの便利さを広めることができます。

多くの利用者が新たな知識やアイデアを得るためにBardを利用することが予想されます。 

一緒に読みたい記事

コメント

コメントを残す