宝塚記念をレコード勝利の『タイトルホルダー』は、凱旋門賞へ?!

ヤフーニュース

タイトルホルダー、宝塚記念をレコードで優勝!!!

おめでとうございます。

次は、凱旋門賞!

ドウデュース vs タイトルホルダーが、勝ち負けを披露してくれとみて違いない。

初の日本馬優勝の期待値が倍になった。

今年2022年の凱旋門賞は、3歳世代が中心レースです。

大手ブックマーカーでは、軒並み1番人気に設定している馬は、

無敗3連勝中の、英国ダービー馬の『デザートクラウン』だ。

さて、結果はどうなるのか,,,,

2022年度、凱旋門賞の日程と賞金?

今回で101回目の凱旋門賞は、2022年10月2日(日)にフランス・ロンシャン競馬場で行われます。

総賞金は、日本円で(約6億5,000千万円)で、1着に約3億8,000万円となる。

過去、日本馬の挑戦してきた結果、最高で2着だった。

直近では2012年のオルフェーブルの2着でした。

その年の凱旋門賞を制したのは『ソレミア』で、オルフェーブルはクビさの2着、、、

持ち前の末脚で抜け出してきたが、残りわずか100Mで、まさかの失速で悲願は遠のいてしまった。

競馬の魅力様引用元

コメント

コメントを残す