コンサルティング会社スピーディの福田淳社長(58)は何者?ドラマ『あまちゃん』のんとの関係?

今、芸能界で話題になっている『スマイルアップ』元ジャニーズ問題で浮上してきている人物をご紹介します。株式会社スピーディーの福田氏は日本大学芸術学部を卒業し、東北新社やその他の企業を経験した後、1998年に株式会社ソニー・ピクチャーズテレビジョン・ジャパンに入社しました。

2007年には、ソニー・デジタルエンタテインメント・サービスの会長に昇進しました。現在は以前に述べたスピーディの代表として活動しながら、エンターテイメント業界では非常に評価されている存在となっています。

さらに、福田氏はのんとの代理店契約を結び、一貫して日本の古風な芸能界にフランクな意見を公に表明してきました。2019年8月20日の朝日新聞でのインタビューでは次のように述べています。

yahoo引用

目次

古い芸能事務所の体質改善が必須

『テレビ業界から締め出される人々が再度現れないように適切な対策を講じるべきです。一部の老舗芸能事務所の体制改革を強く望む。また、タレントの移籍が芸能界に受け入れられる自由を要求します。これは労働条件の管理にも繋がるため、公正取引委員会も同様のサポートを提供すべきだと私は思います。』

『テレビプロデューサーたちは、のんや元SMAPの3人へ最初に提案するのは誰かという競争を行っています。テレビ関係者の上層部に対しては、新しい企画に対する偏見を抱かずに取り組むように求めます。私の願いは、のんや元SMAPの3人の才能を活かして、この芸能業界の構造がさらに改善されることです』

朝日新聞社

スマイルアップの社長に名乗り?

 現在、旧ジャニーズ事務所はタレントに対して新社長の人事説明を行っていますが、果たして「福田社長」の実現は可能なのでしょうか。

公式ホームページ引用

コンサルティング会社スピーディの福田淳社長(58)

プロフィール

福田淳氏は、1965年7月26日生まれの実業家で、大阪府高槻市出身です。

彼は株式会社スピーディの代表取締役社長を務めています。福田氏は日本大学芸術学部を卒業後、1988年に東北新社に入社し、その後スター・チャンネルに出向しました。

1998年には、株式会社ソニー・ピクチャーズテレビジョン・ジャパン(SPTVJ)の設立と同時に入社し、ハリウッドの大手スタジオ、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントに転職したとされています。しかし、2007年時点では、福田氏は米国のソニー・ピクチャーズ エンタテインメント・インク(SPE)ではなく、その日本子会社である株式会社ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント(SPEJ)に籍を置いていました。

福田氏はSPEJで、衛星放送「アニマックス」および「AXN」の立ち上げに関与しています。

さらに、福田氏は「連続起業家」としても知られ、ソニー・デジタルエンタテインメントの創業者であり、横浜美術大学と金沢工業大学コンテンツ&テクノロジー融合研究所の客員教授を務めています。

また、福田氏は、新たに設立された旧ジャニーズ事務所の新会社の社長に就任することが決まっており、これによりのんとのエージェント契約を結ぶことになったと報じられています。

以上の情報は、以下のURLから確認できます。

福田氏は日本の芸能界の旧態依然とした態度に対して批判的な発言

記事によると、福田氏は日本の芸能界に対して批判的な発言をしているようです。具体的には、福田氏は日本のテレビ局が制作とディストリビューション(送信)の両方の権利を持っているという歴史的経緯について言及しています。

また、福田氏は旧態依然とした日本の芸能界に対し、歯に衣着せぬ発言を繰り返していると報じられています。

芸能業界とテレビ局の変革が急募

福田淳氏、スピーディ社の社長は、日本の芸能業界とテレビ局が大きな変革の時期にあると指摘しています。多くのクライアントが「右にならえ」の精神で動いており、ジャニーズなどの大手事務所のタレントを起用する傾向があると言います。

しかし、テレビ局はその変革に消極的で、人権や透明性に対する課題が多いと指摘。

人権意識と透明性が問題点

福田氏は、テレビ局がどのような人権意識で運営されているのか、総務省が調査すべきだと主張。また、芸能事務所にはビジネスライセンスがなく、透明性が欠如しているとも指摘。これが日本の芸能業界が近代化できない一因だと言います。

キャスティングの不透明性

福田氏は、日本のドラマが世界的に見てもレベルが低い一因として、キャスティングの不透明性を挙げています。

大手事務所が独自のルールでタレントを押し込むことが多く、これが品質の低下を招いているとのこと。

グローバルスタンダードが必要

最後に、福田氏は日本の芸能業界がグローバルスタンダードに適応する必要があると強調。特に、テック系の人材がこの分野に参入することで、業界の正常化が進むと期待しています。

記事の内容は、J-CASTの記事に基づいています。

福田淳『参考動画』

公式ページ引用

福田淳『X』Twitter

福田淳社長の書籍ご紹介

作品あらすじ

ストリート系都市2022

タワーマンションが都市を圧迫する時代に終止符を。

新しい都市造成の方向性は、“縦”よりも“横”に広がるコミュニティ志向の街作りが求められている。人々の温かい目線が都市をより安全な場所にし、コミュニティを豊かにする。この新しい都市形態は、表面上は混沌としているが、多様な要素が有機的に連携している。

福田淳は、2020年のコロナ禍で東京の密集を避け、沖縄で新たな生活を始めた。当初は二拠点生活も順調に見えたが、都市は元の活気を取り戻し始めた。「リモートワークで地方でも大丈夫」という先入観は、コロナが都市を停止させていた特別な状況下でしか成立しなかった。この瞬間、都市への回帰が必要だと彼は感じた。

“ストリート”は、包摂性と民主主義が息づく空間であるべきだ。これは権威や資本主義が築く閉じた都市とは対極にあり、庶民の自由と多様性が反映される。

歴史から見れば、ヒトラーの独善的な都市計画、高速道路に対する抗議から生まれたヒッピー文化、国が創造した深圳といった人工都市、そして皇居を中心とした東京。これらの都市の進化には多くの教訓がある。「現在、都市に何が起きているのか」そして「これからどうあるべきか」。自然の地理が創出する建築の新たな可能性や、IT産業の成功者によるアートが都市を滑らかに動かす。これらの未知なる視点から、都市の未来を考察する。

著:福田 淳
¥1,760 (2023/10/31 05:39時点 | Amazon調べ)

SNSで儲けようと思ってないですよね?~世の中を動かすSNSのバズり方~

作品あらすじ

インターネットで疑問点を解決しようとしていませんか?

売上げの最大化が目的のマーケティングプランを考えていませんか?

広告にちょっぴり白いウソを混ぜていませんか?

SNSを無料のプロモーション手段としか見ていませんか?

もし、これらの質問に心当たりがあれば、残念ながらSNSの真の力を引き出せていないと言えます。

この書籍では、日本を代表するソーシャルマーケティングのエキスパートである著者が、SNSを最大限に活用する秘訣を余すことなく明らかにします。

なぜあなたのSNSが注目を集めないのか、その理由を一つ一つ解明し、目の前で謎が解ける瞬間を体験できるでしょう。

パラダイスシフトできてる?ポストコロナ時代へ

作品あらすじ

日本において稀有な“ブランド戦略の専門家”として名を馳せる著者は、独自の「視点と考え方の変革」によって、ビジネス界からエンターテインメントまで、多角的なリブランディングを成し遂げています。

新型コロナウイルスの影響下でも、企業に対して先駆けて、物理的な店舗に代わる「高度なリモート接客」の実装や、5G技術に焦点を当てたライブコマースの戦略を提案して、サービスの質向上と売上の拡大に貢献しています。

例えば、女優“のん”に対しては、テレビ業界だけでなく、アジア市場やアート、音楽にも進出する多角的な戦略を展開し、そのキャリアを更に飛躍させました。

不測の事態や企業のスキャンダル、SNSでの炎上など、予期せぬ危機も彼の手にかかればチャンスに変わります。この本は、著者が未来のイノベーションを先導する形で提案する、ポストコロナ時代に必要不可欠な一冊です。

「コロナ前に確立されていたビジネスモデルは、もはやポストコロナの世界で通用しない。新しい時代では、全ての基準が必然的に変わる(中略)。成功を収めるためには、発想が鍵です。柔軟な思考力を持つ者は、AIが職を奪おうとも、パンデミックが発生しようとも、新しいパラダイムへと適応できるのです」

現役女子高生がグラビアに!

コメント

コメントを残す