映画『そして僕は途方に暮れる』クズ役の藤ヶ谷太輔さんが舞台挨拶?

2023年1月13日の金曜日の今日、そして僕は途方に暮れるが上映となる。気になる舞台挨拶は,1/14(土)のTOHOシネマズ六本木(東京都)の予定だが『チケットぴあ」では、すでに予定枚数終了のお知らせの人気ぶりです。

この作品の映画監督は、2017年上映した『娼年』松坂桃李主演の映画で活躍した三浦監督です。今度は『Kis・My・Ft2』の藤ヶ谷太輔さんとの共演となり話題を呼んでいる。

タイトルの『そして僕は途方に暮れる』と聞いて、どこかで聞いたことがあるフレーズと思う人はどのくらいいるのでしょうか?

これは1984年にリリースした『大沢誉志幸』氏の曲で、耳に残る名曲と言われています。

概略

現実逃避の生活が続く主人公!が、逃げて、逃げて、逃げまくる!そんな、キスマイの藤ヶ谷太輔のクズ役が見所の昨日である。

特にやりたいことや、目標もなく自堕落な日々を過ごしていいた裕一(藤ヶ谷)は、同棲中の恋人の里美(前田敦子)に甘えた生活をしていた。

ある日、些細なことから言い合いになる。彼女から今後の行方の話し合いを深く求められた裕一はバツが悪くなり、家を飛び出してしまった。

裕一は、同郷の友人の家に転がり込むが、身勝手な居候ぶりクズぶりが治らず、彼をキレさせてしまう。

結果、またその場から逃げ出してしまうのだ。

その後あらゆる人間関係を断ちっきっていく裕一。

『共感』と『反感』をの間をさまよう裕一の役を、藤ヶ谷は絶妙なさじ加減で演じていると関係者は語った。

よく存在する『憎みきれない男』といった所でしょうか!

男性は少なくとも共感の部分が多い。

さらに、父親役の『豊川悦司』も、クズっぷりを上回る父親役を演じる。

ひょうひょうとした演技からは、大人の色気が凄いと、女性陣からも共感を得てしまうかもしれないと関係者は語った。

ロケ地

新宿区『歌舞伎町』のゴジラロードや、苫小牧でのロケーション撮影にこだわった映像も、映画を支える重要なARTの役割が大きい。

エンドロールで,,,

ある情報では,,,,,,,

エンドロールで『そして僕は途方に暮れる』の新アレンジした編曲が流れる?

その曲が深い余韻を残すと噂されている。

また豊川、藤ヶ谷が残すセリフの『面白くなってきた』のワードは、ポジティブ思考たっぷりの奥深いセリフなのです。

Happinet phantom引用

コメント

コメントを残す