英語学習・英語脳への『コツ』は『短編物語』だ。英文の組み立ては『2つの文法用語』に凝縮する?!

中学文法に用いた短編ストーリーの文法は、やり直し英語学習に最適です。感情に届くセンテンスでの勉強は、文法の概念を楽しく英語に触れるのに最適な方法なのです。

昨今、英語学習の教材は天文学的に増え続けている事は、普遍的な事です。なぜなら学習に正解はないからという、身も蓋もない極論です。

誰もが経験するだろう、何冊もの参考書に手を出す。それより『一冊』の教材を擦り切れるまで丸暗記する方が効果的と言われています。

ただ、そこには少しでも楽しくのめりこめやすい要素が必要となってきます。

まずは、下記の超・短編ストーリーをを読んで、簡単な物語で、『分かる』という経験をしましょう。

短いので容易に読める内容になっています。

目次

中学英語の文法を網羅した音読用の短編ストーリー

① 超・短編物語『世界を旅したい少女』

(日本語)

サクラは、英語がとても苦手で、いつもテストで赤点をとっていました。

ある日、さくらは英語を話せるおじいさんに出会います。おじいさんはさくらに、英語を話すには、たくさん練習することが大切だと言います。

さくらは、おじいさんの言葉を聞いて、英語を勉強することを決心します。

さくらは毎日、英語の勉強をします。

最初は、簡単な単語やフレーズから始めました。そして、徐々に長い文章を読んだり、話したりできるようになりました。

ある日、さくらは、英語のスピーチコンテストに出場することにしました。

さくらは、とても緊張していましたが、一生懸命練習しました。

そして、コンテスト当日、さくらは堂々とスピーチをしました。さくらのスピーチは、とても素晴らしく、見事優勝しました。

さくらは、英語を勉強して、とても良かったと思っています。英語を勉強することで、世界中の人とコミュニケーションをとれるようになりました。そして、新しい友達もたくさんできました。

さくらは、これからも英語を勉強し続け、世界中を旅したいと思っています。

(英語)


Title: Traveling the World with English

Sakura was a middle school student who was very bad at English. 

She always got red marks on her tests. 

One day, Sakura met an old man who could speak English. 

The old man told Sakura that it was important to practice speaking English a lot. 

Sakura listened to the old man’s words and decided to study English.

Sakura studied English every day. She started with simple words and phrases. 

Then, she gradually became able to read and speak longer sentences. 

One day, Sakura decided to enter an English speech contest. 

Sakura was very nervous, but she practiced hard. And on the day of the contest, Sakura gave a speech with confidence. 

Sakura’s speech was very wonderful, and she won the contest.

Sakura was very happy that she studied English. 

She was able to communicate with people from all over the world by studying English.

 And she made a lot of new friends. 

Sakura wants to continue studying English and travel all over the world.


英語の根幹にあるのは、『主語・述語』

一見この変哲もない物語には、中学で習う英会話の基礎となる文法が網羅されています。

この物語を音読・完コピーすることで、重要な英文の形の『二つ』が体感できますが、その前に、この物語を分解して、一つ一つのセンテンスにしてみましょう。

Important points:重要なポイント

  • Sakura was bad at English.
  • She met an old man who could speak English.
  • The old man told Sakura that it was important to practice speaking English a lot.
  • Sakura decided to study English.
  • She studied English every day.
  • She started with simple words and phrases.
  • Then, she gradually became able to read and speak longer sentences.
  • She entered an English speech contest.
  • She was very nervous, but she practiced hard.
  • She gave a speech with confidence.
  • She won the contest.
  • She was very happy that she studied English.
  • She was able to communicate with people from all over the world by studying English.
  • She made a lot of new friends.
  • She wants to continue studying English and travel all over the world.

極論二つの文法『主語・述語』で構成されている

それぞれの英文を分解すると、さっくりだが『主語・述語・修飾語・補語』で成り立つが、極論の上『主語・述語』この二つだけに絞り、順番を意識知ることで、劇的に英語の苦手意識がなくなるでしょう。

  • Sakura was a middle school student who was very bad at English.
  • 主語:Sakura
  • 述語:was a middle school student who was very bad at English
  • 修飾語:who was very bad at English
  • Sakuraは中学生の学生で、英語がとても苦手でした。
  • One day, Sakura met an old man who could speak English.
  • 主語:Sakura
  • 述語:met an old man who could speak English
  • 修飾語:who could speak English
  • ある日、桜は英語を話せるおじいさんに会いました。
  • The old man told Sakura that it was important to practice speaking English a lot.
  • 主語:The old man
  • 述語:told Sakura that it was important to practice speaking English a lot
  • 目的語:Sakura
  • 補語:that it was important to practice speaking English a lot
  • おじいさんは桜に、英語をたくさん練習することが大切だと言いました。
  • Sakura decided to study English.
  • 主語:Sakura
  • 述語:decided to study English
  • Sakuraは英語を勉強することにしました。
  • She studied English every day.
  • 主語:She
  • 述語:studied English every day
  • Sheは毎日英語を勉強しました。
  • She started with simple words and phrases.
  • 主語:She
  • 述語:started with simple words and phrases
  • Sheは簡単な単語やフレーズから始めました。
  • Then, she gradually became able to read and speak longer sentences.
  • 主語:She
  • 述語:gradually became able to read and speak longer sentences
  • Thenは接続詞で、Sheが簡単な単語やフレーズから始め、徐々に長い文章を読んだり話したりできるようになったことを説明しています。
  • graduallyは副詞で、Sheが徐々に長い文章を読んだり話したりできるようになったことを説明しています。
  • She entered an English speech contest.
  • 主語:She
  • 述語:entered an English speech contest
  • Sheは英語のスピーチコンテストに出場しました。
  • She was very nervous, but she practiced hard.
  • 主語:She
  • 述語:was very nervous, but she practiced hard
  • Sheは緊張していましたが、一生懸命練習しました。
  • And on the day of the contest, Sakura gave a speech with confidence.
  • 主語:Sakura
  • 述語:gave a speech with confidence
  • Andは接続詞で、Sheが緊張していましたが、一生懸命練習したことと、コンテスト当日に自信を持ってスピーチをしたことの間に関係があることを説明しています。
  • Sakura’s speech was very wonderful, and she won the contest.
  • 主語:Sakura’s speech
  • 述語:was very wonderful, and she won the contest
  • Sakuraのスピーチはとても素晴らしく、彼女はコンテストで優勝しました。
  • Sakura was very happy that she studied English.
  • 主語:Sakura
  • 述語:was very happy that she studied English
  • Sakuraは英語を勉強してとても幸せでした。
  • She was able to communicate with people from all over the world by studying English.
  • 主語:She
  • 述語:was able to communicate with people from all over the world by studying English
  • Sheは英語を勉強することで、世界中の人とコミュニケーションをとることができました。
  • And she made a lot of new friends.
  • 主語:She
  • 述語:made a lot of new friends
  • Sheはたくさんの新しい友達を作りました。
  • Sakura wants to continue studying English and travel all over the world.
  • 主語:Sakura
  • 述語:wants to continue studying English and travel all over the world
  • Sakuraは英語の勉強を続け、世界中を旅したいと思っています。

②超・短編物語

『英語が大好きな中学生のサム』

昔々、あるところに、英語を勉強するのが大好きな中学生がいました。

彼の名前はサムです。

サムは英語を話すことが大好きです。

彼は英語で話すことがとても上手で、いつも新しい単語を学んでいます。

ある日、サムは学校から家に帰る途中、公園で女の子を見ました。彼女は読書をしていて、とても美しかったです。サムは彼女に話しかけることにしました。

「こんにちは」と彼は言いました。「何を読んでるの?」

女の子は顔を上げてサムを見ました。彼女は微笑んで、「ハリーポッターを読んでいます」と言いました。

「それ、面白い?」とサムは尋ねました。

「とても面白いです」と女の子は言いました。「あなたも読んだことありますか?」

「いいえ、読んだことがありません」とサムは言いました。

「でも、読んでみたいと思っています。」

「なら、貸してあげよう」と女の子は言いました。

そして、女の子はサムに本を貸してくれました。サムは家に帰って本を読みました。

彼はとても夢中になって本を読み、一晩で読み終えてしまいました。

次の日、サムは学校で、その女の子に本を返しました。そして、彼は彼女に、本をとても楽しく読んだと話しました。

女の子は笑って、「よかったです」と言いました。「私もハリーポッターが大好きです。」

そして、サムとその女の子は友達になりました。

彼らはよく一緒に遊んで、本を読みました。

そして、彼らはいつも英語を話しました。

サムは、英語を勉強するのがとても好きになりました。そして、彼は英語を話すことがとても上手になりました。

彼は、英語を話すことで、新しい友達を作ることができ、新しい世界を知ることができることを知りました。

Once upon a time,

in a certain place, there was a middle school student who loved studying English.

His name was Sam.

Sam loved speaking English.

He was very good at speaking English and always learned new words.

One day, while Sam was on his way home from school, he saw a girl in the park.

She was reading a book and was very beautiful. Sam decided to talk to her.

“Hello,” he said. “What are you reading?”

The girl looked up and smiled.

“I’m reading Harry Potter,” she said.

“Is it interesting?” Sam asked.

“It’s very interesting,” the girl said.

“Have you read it?”

“No, I haven’t,” Sam said.

“But I would like to.”

“Then, I can lend it to you,” the girl said.

And the girl lent the book to Sam.

Sam went home and read the book.

He got so engrossed in the book and finished reading it overnight.

The next day, Sam returned the book to the girl at school.

And he told her how much he enjoyed reading it.

“I’m glad,” the girl said with a smile. “I love Harry Potter too.”

And Sam and the girl became friends.

They often played together and read books.

And they always spoke English.

Sam grew to love studying English even more.

And he became very good at speaking English.

He realized that by speaking English, he could make new friends and discover a new world.

英語学習に『短編小説』が良い利点

短編小説を使う利点の1つ

文法のルールを知るだけでなく、文法を正しく、そのルールが現実の状況でどのように適用されるかを、理解することができます。これにより、学習がより興味深くなり、学習内容をより深く理解することができます。

また、中学校の英文法を扱った短編小説は、英語を書いたり話したりするときによくある間違いを練習するのにも役立ちます。

また、ショートストーリーは、日常会話や文章でのコミュニケーションでよく使われる基本的な語彙を学ぶのに、最適なツールです。

英語脳を作るのに最適な方法の『短編ストーリー』

さらに、この知識は、スピーキングやリスニングなど、他の分野にも応用することができます。

さらに、中学文法の短編小説を読むことで、キャラクター設定や会話などの文学的要素が、ストーリー全体の構成にどのように組み合わされているかを理解することができるようになります。

このような文学への理解を深めることで、創造的な文章を書く能力が向上し、一般的な読み書きの能力も向上するのです。

結論として、中学文法の短編集を読むことは、学生にとって(大人にとっても!)、楽しみながら英語脳を作るための素晴らしい方法です!

言葉の使い方に関する実践的な知識だけでなく、キャラクター設定や会話などの文学的要素に関する貴重な洞察も得られるので、教室の内外で有益なものとなるでしょう。

編集:Live ABC
¥1,320 (2023/05/19 16:39時点 | Amazon調べ)

コメント

コメントを残す