涙が止まらない映画『世界一キライなあなたに』人は,自分の死を選ぶ権利はあるのか?尊厳死問題を考える。

ある女性に勧めれて観た作品が面白かった。それは、映画『世界一キライなあなたに』です。まず安楽死・尊厳死について深く考えさせられてしまう作品で、尚且つ衝撃的な展開が待ち受けている。

心が震えっぱなしになり、涙が止まらない,,,

純粋な恋愛映画とは一味違うのです!決して美人とはいえないが、笑顔が素敵すぎる主人公のエミリア・クラークさんは,男性が『求める女性像』そのものと言われている女優です。

目次

出演:エミリア・クラーク, 出演:サム・クラフリン, 出演:ジャネット・マクティア, 出演:チャールズ・ダンス, 出演:スティーヴン・ピーコック, Writer:ジョジョ・モイーズ, 監督:テア・シャーロック, クリエイター:アリソン・オーウェン, クリエイター:カレン・ローゼンフェルト
¥1,528 (2022/10/01 20:50時点 | Amazon調べ)

映画『世界一キライなあなたに』あらすじ

育ってきた環境や、価値観も違う男女が恋愛すると『一旦は燃え上がる』が、やがてズレが生じてきて別れてしまうことが多いと言われている。しかし、この二人を繋ぎ止める出来事は運命としか言えない。

舞台となるのは、イギリスの田舎町。

26歳で失業中の『ルー』(エミリア・クラーク)は将来に不安を感じていた時に出会ったのが、大事故で体の自由を奪われてしまった大富豪青年の『ウイル』(サム・クラフリン)だった。

運命的な出会いをした二人。

やがて、オシャレが大好きな性格が明るい『ルー』が、首から下は動かせないクレバーな男性『ウイル』のお世話する仕事に携わることになるが、初めから期待をしていないウイルは、ルーに対して冷たく接してしまう。

しかし、ルーの屈託のない明るさが、彼を少しずず変えていくのである。

そんな二人を待ち受けていた衝撃の最後は感慨深く、涙を流さずにはいられない映画です。

ウイルの決断には、ルーに対して『最高の愛情の意味』を持つことに。

安楽死、尊厳死のテーマだが、誰もが羨む『恋愛映画』

予告編でも述べられているように、この映画は『涙をもらえる』映画であるが、同時に『元気をたくさんもらえる』映画でもあると語られていますが、まさにその通りです。

最後の展開は、どうしてそうなるの?と賛否両論で答えが分かれるが、それほどにも難しい問題の『安楽死』と『尊厳死』を考えさせられてしまう映画と言えます。

ワーナーブラザース引用元

女優『エミリア・クラーク』関連商品

出演:エミリア・クラーク, 出演:ヘンリー・ゴールディング, 出演:ミシェル・ヨー, 出演:エマ・トンプソン, Writer:エマ・トンプソン, Writer:ブライオニー・キミングズ, 監督:ポール・フェイグ, プロデュース:エマ・トンプソン, プロデュース:ポール・フェイグ, プロデュース:デヴィッド・リヴィングストーン, プロデュース:ジェシー・ヘンダーソン

ー合わせて読みたいー

コメント

コメントを残す