自然な方法で便秘を改善!薬を使わない食事方法『あのジャンルの食品』食べよう。

現代の普遍的な悩みの一つ『便秘』には、誰もが悩まされてることでしょう。芸能人の中には、便秘を公表して、食事療法を推奨している方がいます。例えば、島田紳助さんは、玄米や野菜、魚などの栄養バランスの良い食事を心がけることで便秘改善に繋ぎ、また、安室奈美恵さんは、グリーンスムージーを飲んで野菜や果物を積極的に摂取することで便秘改善。小倉優子さんは、おからや海藻、豆腐などの食物繊維が豊富な食品を摂取し、運動やストレッチも取り入れて生活している。これらの芸能人たちは、自身の経験から、便秘改善には適切な食事療法や運動習慣が重要であることを実感しています。

旬の海鮮を直送でお取り寄せ ポケットマルシェ

目次

便秘の解消を実感したい人は、薬に頼らないダイエット

便秘は、世界中で何百万人もの人々に影響を与える一般的な消化器系の疾患と言われています。

排便の頻度が少なくなり、排便が困難になることで、硬く乾いた便になり、痛みや排便困難が生じ、また基礎疾患や消化を悪くする生活習慣が原因で便秘になることがあります。

幸いなことに、薬や薬剤を使用せずにそれらの便秘を改善する自然な方法が、誰もがわかっている食事療法です。その中でも、薬物を使わない食事法の一つの『高繊維食』と呼ばれるものを摂取していきましょう。

高繊維食とは?

果物、野菜、全粒粉などの食物繊維を多く含む食品です。

それらを食べることで、食物繊維は便のかさ増しや水分補給に役立ち、便秘の症状を軽減して、食べ物が消化器官をより早く通過しやすくします。さらに、1日に十分な量の水分を摂取することで、便秘を悪化させる原因となる脱水症状を防ぐことができます。

慢性の便秘を防ぐためには?

食物繊維の多い食事に加えて、『定期的な運動』をしましょう。

誰もが、そんなことわかっていると思われるが、運動をすることは、便秘解消に欠かせないワードなのです。運動することで、消化器系の健康を改善し、慢性便秘になるリスクを低減することが示されています。運動は消化を助ける腸の筋肉を刺激し、腸内に老廃物が溜まって膨満感やけいれんなどの不快感を引き起こすことを防ぎます。さらに定期的な運動することで、体全体の血流を良くし、健康的な消化に必要な栄養素を供給すると同時に、全体的な健康状態も良くします!加えて毎晩十分な睡眠をとることは、慢性的な便秘などの消化器系の問題を解決し、一般的な健康維持のためにも重要です!

薬に頼らない食事法

便秘は一般的な消化器系の疾患で、大きな不快感や日常生活に支障をきたすことがあります。症状には『腹痛、膨満感、排便時の力み』また、1週間に3回以下の排便、硬い便や塊のある便などがあります。

幸いなことに、薬を使わずに便秘を改善する自然療法があります。そのひとつが、薬を使わない食生活を送るという方法です。市販の便秘薬や便秘治療薬の処方箋を使用せず、薬に頼らない食生活を送ることです。そして便秘の症状を緩和するために薬に頼るのではなく、自然に症状を改善するために食生活を見直すことが重要です。

薬に頼らない食事で便秘を改善するには、繰り返しになりますが、まず食物繊維の摂取量を増やすことが大切です。食物繊維は、便を柔らかくし、腸壁の収縮を刺激することで規則正しい生活を促し、食べ物をより早く効率的に消化管に運ぶ働きがあります。

食物繊維を多く含む食品には、玄米やオーツ麦などの全粒穀物、豆類、ナッツ類、リンゴや梨などの果物、ほうれん草やブロッコリーなどの野菜、亜麻仁やチアシードなどです。これらの摂取量は、体が慣れるまで徐々に増やすことが大切です。また、水をたくさん飲むと便が柔らかくなり、体内を通過しやすくなります。

電解質を含む飲料も効果的です。クエン酸カリウムや炭酸水素ナトリウムを含む飲料は、腸内の酸レベルのバランスを整え、消化を助けることが示されています。

プロバイオティクス食品が大事

プロバイオティクスを摂取することで、腸内細菌叢に健康的な消化をサポートする有益な細菌を補充し、全体的な消化を改善することができますので、意識して撮ることを心がけましょう。

ヨーグルトザワー、クラウト、キムチ、味噌汁、ケフィア、テンペなどのプロバイオティクス食品を食べることは、便秘を改善する自然な方法です。

消化不良や不規則な生活は、多くの人にとって現実的な苦悩となり得ます。便秘は最も一般的な消化器系の問題の1つで、適切な方法で対処しなければ、さらなる健康問題につながる可能性があります。

食物繊維を多く含む食品を食べるだけでなく、消化管内の流れをスムーズにするためには、水をたくさん飲むことも大切で、水分補給をすることで、便を柔らかく保つことができ、便が通過しやすくなり、腸内で逆流したり詰まったりするリスクを減らすことができ流ので、1日に少なくともグラス8杯を目安にしましょう。

薬に頼らない便秘解消やダイエットの計画には、運動も重要な要素です。継続するのが難しいと思いますが、運動は、腸壁を含む全身の筋肉の収縮を刺激し、食べ物をより迅速かつ効果的に私たちのシステムを介して押し出すのに役立ちます。ウォーキングや水泳など、少なくとも30分以上の運動を日課にすると、より効果的です!

最後に一番大事な『不安感情』

不安は便秘をはじめとする胃腸の問題に、一番関連していると言われています。

ストレスレベルを管理することも、消化と規則性を自然に改善するために『リラックスして呼吸法』を実践することでコルチゾールなどのストレスホルモンを減らすことができます。結果的に、規則正しい生活に導きますので実践したいものです。

コメント

コメントを残す