ヨーロッパのAI規制合意と気候変動対策の新保険モデル:国際的な取り組みと進展

ヨーロッパのAI規制合意:グローバル標準を設定する歴史的な一歩

最近の国際ニュースで、日本ではあまり報道されていないかもしれない重要な話題があります。このニュースは、ヨーロッパにおける人工知能(AI)規制に関する重大な進展に関するものです:

  • 12月8日、ヨーロッパでは人工知能の使用に関する欧州連合(EU)の規則について暫定的な合意に達しました。これには、政府による生体認証監視のAI利用や、ChatGPTのようなAIシステムを規制する方法が含まれています。この合意により、EUはAIを統括する包括的な法律を制定する最初の主要な世界大国となることになります。合意内容には、市場投入前のAIシステムに対する透明性の義務、高影響度の基盤モデルが体系的リスクを評価し緩和する要件、政府による公共空間でのリアルタイム生体認証監視の制限が含まれます。消費者は苦情を申し立て、意味のある説明を受ける権利があり、違反に対する罰金は750万ユーロ(約8.1億円)または売上高の1.5%から、3500万ユーロ(約40億円)または世界売上高の7%に及ぶ可能性があります​​。 (引用元URL)

この発展は、AI技術のグローバルな規制において先例を築くものであり、世界中の技術業界やAIのガバナンスに広範な影響を及ぼす可能性があります。

気候変動対策としての新保険モデル:脆弱な国々への支援策

もう一つの注目すべき国際ニュースとして、気候変動に脆弱な国々への保険に関する新しい研究があります:

  • 富裕国が気候変動に最も脆弱な100カ国に1カ国当たり1000万ドルを拠出することで、年間約250億ドルの損害を補償できるという研究が発表されました。この研究は、ケンブリッジ大学サステナビリティ・リーダーシップ研究所によって行われました。気候災害に見舞われた国々をコストの増大から守るために基金をどのように活用すべきかについて、重要な進展があったとされています。これは、気候変動がもたらすリスクのモデルに基づいて、最も脆弱な国でも2050年まで保険を受けられることを示しています。保険のようなリスク分担システムがドナー国の拠出金を活用し、脆弱な国に提供できる補償を大幅に拡大できることも示されています。極端な気候災害によって発展途上の小規模島しょ国はGDPの50~300%に相当する損失に直面する可能性があると指摘されています​​。(引用元URL

この研究は、気候変動によるリスクに対処するための国際的な努力と、脆弱な国々を支援するための新しいアプローチを示唆しています。これにより、気候変動の影響を受けやすい国々への具体的な支援策が提案され、国際的な連携と対応の重要性が強調されています。

コメント

コメントを残す