投資・トレードの初心者に必見!かなり優位性がある『チャートパターンの2選』とは?

まず、投資家、トレーダーに、普遍的に参考にされている指標があります。それは、誰しも一度は耳にしているけれど、意外とおざなりにされがちなのが、ヘットアンドショルダーだ。これは基本的に、相場の天井や大底の転換点に現れます。日本語では『三尊』と言い、大底での三尊は『逆三尊』と言われています。

目次

また、人間が売り買いする、値動きを一つの箱の形に表したのが、チャート(ローソク足)であり、基本的に時間軸関係なしに当てはまる。その時折の、投資家の心理には嘘がなく、投資対象の銘柄分析に、加えることで、エントリータイミングがイメージできる。

マーケット参加者の心理を紐解くことが、相場で勝つための要素である。

その中でも、最も重要、優位性があるのは以下の2つのチャートパターンであると言われています。

逆三尊 (ヘッドアンドショルダ−)

コインポストさん 引用
  • 左ショルダー

最初の下落から、反発が必ず起き、再度、下げの展開して、そこで直近の安値を下抜けだす。

一旦反発されるも、トレンドは下落トレンドの為、まだ利益確定するのは時期尚早だろうと判断する投資家心理。

  • ヘッド

安値で、下抜けするも、再度大幅反発され、下落圧力が終了感が漂う中、不安になってくるような動きとなる。

  • 右ショルダー

最後の下落展開になり安心したのも束の間、再度上昇して、緑ラインを抜けると、ブレイクポイントとなる。

この逆パターンが、ヘッドアンドショルダーで、天井付近にでるものである。また、底値が、2回の二番底で、上昇することもあり、『2番天井二番底』とも言われております。

これらが投資家の行動が普遍的に形となって現れる、再現性がかなりあるテクニカルチャートである。

三角持ち合いチャート

コインポストさん 引用

上記の写真が、典型的な三角持ち合いとなります。三角の末路が上に行く所などが、ブレイクポイントとなり『上か、下か』抜けていく方向が、トレンドになります。

なぜなら、ブレイクポイントで、ポジション整理されることが多いからです。上記の写真の場合は、下落トレンドの持ち合いで、ショートポジション(売り)を保有している投資家の割合が多いと考えられまたポジション整理の買い戻しもで始める為、上昇トレンドになったと考えるべきでしょう。

そのほか、おすすめ指標のボリンジャーバンドでも!

ボリンジャーバンドとは

トレードで、ボリンジャーバンドとえば、『後付けだよ』というアンチ派の方もいるが、初心者にこそ、参考にしていただきたい指標である。移動平均線と標準偏差で構成されており、『価格の大半がこの帯の中に収まるという統計学を用いたテクニカルである。

ボリンジャーバンドの活用法の3選

1.順張り (ボラティリティリティー・ブレイクアウト)

相場の動きが貧しいときはバンドの幅が狭まり、動きが激しくなってくると、広がってきます。

バンドの幅が狭くなってきた時の値動きに注目して終値が、バンウド2をはみ出したら、素直にトレンドに乗り込むことが、セオリーと言われています

2. 逆張り (レンジ相場に適している)

バウンド1〜3を下値と上値の抵抗線と捉え、その時に、売り買いのエントリポイントとする。

3.バンドウオーク

相場にトレンドがある時、(中心線の傾きが強い場合)バウンド1と二を上下運動しながら、上昇、または下降していくことである。

マネックス証券様より 引用

ボリンジャーバンドの優位性の確立はすごいぞ、初心者必見!

ボリンジャーバンドのバウンド1(真ん中の移動平均線の一つ隣の線)

範囲内で収まる確立は、約68.3%

バウンド2の範囲内で収まる確立は、約 95.4%

きわめつけ外側のバウンド3の範囲内で収まる確立は、なんと、なんと約99.7%なのである。

この確率を念頭に置いて、エントリーできれば、さらに勝率が上がるでしょう。

関連記事

コメント

コメントを残す