ChatGPT-4の新機能『All Tools』と『DALL-E3』の最新機能とは?

ChatGPT-4の新機能「All Tools」は、ユーザーにとって画期的なアップデートであり、これによりGPT-4の全ての新機能を同時に利用することが可能になりました。

具体的には、このアップデートにより、ユーザーは「Browse with Bing」、「Advanced Data Analysis」、「Plugins」、「DALL·E 3」などの新機能を、『切り替えることなく』一箇所で探索し利用することができるようになりました。

これにより、ユーザーはテキストだけでなく、画像をDALL·E 3に提示するなど、GPT-4の機能を最大限に活用することが可能になりました。

ただし、「All Tools」機能は、ChatGPTのプラグインを含んでいない可能性があります。この新機能は、GPT-4の最新アップデートで一つに統合された全機能を利用し、AIをフル活用することで、効率的な操作を実現し、ユーザーの効率を格段に向上させる可能性があります。

一方、DALL-E3は、OpenAIが以前にリリースしたDALL-EとDALL-E 2の後続バージョンであり、高い文章読解力と複雑なプロンプトに対する忠実さを特徴としています。

DALL-E3は、画像生成技術の最新進化を代表するAIツールで、画像生成の驚異的な能力と使いやすいユーザーインターフェースを提供します。

DALL-E3は、画像生成AIの主要プレイヤーである「Midjourney」や「Stable Diffusion」を上回る高性能と見られており、世界中で注目を集めています。

さらに、DALL-E3は、大規模言語モデルGPTをベースにしたChatGPTと完全に統合されており、ChatGPT PlusおよびEnterpriseの顧客に利用可能となっています。

目次

DALL-E3生成

ChatGPT-4の新機能「All Tools」

具体的には、「All Tools」機能は次のような利点を提供します。

ChatGPT-4の「All Tools」という新機能は、2023年10月29日にリリースされたアップデートにより導入されました。

この機能は、ChatGPTの全ての機能を1つのチャット内で切り替えなしで同時に使用できるようにするもので、

これによりユーザーはGPT-4の全ての新機能を同時に利用できるようになりました。

  1. 一連の流れで使用できる: ChatGPTの全機能、例えばリアルタイム検索、文書や画像のアップロードからの分析、グラフ作成、画像生成などを、切り替えなしで一連の流れで使用できます。
  2. 異なる種類のドキュメントをアップロードして分析: PDFやデータファイルなどさまざまな種類のドキュメントをアップロードし、簡単に分析することができます。
  3. ツールの自動切り替え: 以前はツール間を切り替える必要がありましたが、「All Tools」機能により、Browsing、Advanced Data Analysis、そしてDALL·Eへのアクセスが自動化され、切り替える必要がなくなりました。
  4. 新しい画像生成の機能: 以前、「DALL-E 3」はテキストによる画像生成しかできませんでしたが、このアップデートにより、アップロードした画像を元に新しい画像を生成することができるようになりました。

これらの機能強化により、ChatGPT-4は、テキストだけでなく、画像や他の多くのデータタイプを扱うことができ、これにより、ChatGPT-4の利用者は、これまで以上に多くの情報を効率的に処理し、生成することができます。また、ChatGPT-4の全ての機能を同時に利用することで、利用者はより速く、そして効率的に作業を行うことができます。

さらに、「All Tools」はGPT-4のアップデートの一部であり、ChatGPT Plusおよび法人版のChatGPT Enterpriseのユーザーが対象となります。これにより、個人ユーザーだけでなく、企業もChatGPT-4の強力な新機能を利用できるようになりました。

DALL-E3の最新機能の紹介

DALLーE3で生成

OpenAIが開発したDALL-E3は、テキストから画像を生成するAI技術の最新版であり、以前のバージョンと比較して非常に優れた進歩を遂げています。

以下の新機能と改善点について詳しく説明します。

1. 高い文章解釈能力

DALL-E3は、以前のシステムよりもはるかに優れたニュアンスと詳細の理解を示し、ユーザーのアイデアを非常に正確な画像に簡単に変換できるようにします。具体的には、複雑なプロンプトに対しても忠実で正確な画像を生成する能力が向上しています。

2. ChatGPTとの統合

DALL-E3は、ChatGPTにネイティブに組み込まれており、ChatGPTをブレインストーミングパートナーとして利用することができます。ユーザーは、単純な文から詳細な段落まで、ChatGPTに何を見たいか尋ねるだけで、ChatGPTは自動的にDALL-E3用のテイラーメイドで詳細なプロンプトを生成します。

3. 改善された画像生成能力

DALL-E3は、同じプロンプトであっても、DALL-E2よりも大幅な改善を示します。このことは、DALL-E3が前のバージョンよりも優れた画像生成能力を持っていることを示しています。

4. 安全性への焦点:

DALL-E3は、暴力的、成人向け、または憎悪的なコンテンツを生成する能力を制限するためのステップを踏んでいます。特に、公衆の人物の名前をリクエストすることを拒否する対策が施されており、公衆の人物の生成や視覚の過剰/不足表現に関連する有害なバイアスのリスク領域での安全性のパフォーマンスが向上しています。

5. 創造的なコントロール:

DALL-E3は、生きているアーティストのスタイルで画像をリクエストすることを拒否するように設計されています。さらに、クリエーターは、今後の画像生成モデルのトレーニングから自分の画像をオプトアウトすることもできます。

DALL-E3は現在、ChatGPT PlusおよびEnterpriseユーザーに利用可能で、APIおよびLabsを通じて今年の秋に利用可能になる予定です【15†(OpenAI)】。これらの新機能と改善点により、DALL-E3は画像生成技術の最新進化を代表するAIツールとなっています。

DALL-E3で生成した参考画像

この記事は『kattbe.aiライター』を併用しております。

コメント

コメントを残す