絶対に押さえておくべきビジネススキルが学べる書籍『10選』トップリーダー達が実践する成功の秘訣がここにある!

ビジネスの世界で成功を収めるためには、特定のスキルを習得することが不可欠です。しかし、そのスキルをどこで学べば良いのか、どの書籍を読めば良いのかを知るのは難しいですよね。そこで今回、私たちは「絶対に押さえておくべきビジネススキルが学べる書籍10選」をご紹介します。これらの書籍は、トップリーダーたちが実践する成功の秘訣を詳しく解説しています。これらの書籍を読むことで、あなたもビジネスで成功を収めるためのスキルを身につけることができるでしょう。

目次

(1)ストーリーブランド戦略

http://directlink.jp/tracking/af/1524176/u3ahApBF/

(著者:ドナルド・ミラー)どんな人?

ストーリーブランド(Story Brand)社のCEOとして、『ニューヨークタイムズ』紙のベストセラーリストに名を連ねる著者。彼は効果的な情報発信の方法を企業に提供し、これまでに3000社以上の成長をサポートしてきました。また、彼はポッドキャスト番組『Building StoryBrand』で共同司会を務めています。

『本書要約』

ストーリーベースのブランディング戦略

7つの物語要素を活用してビジネスを拡大しよう!

あなたの企業は、その事業の本質を明確に伝えていますか。

もし伝えていないのであれば、

それは大きな機会損失です。

企業の成長を促進するためには、

伝達すべき情報を短縮し、精確にまとめ、

それを顧客に届けることが極めて重要です。

この本で説明する

「ストーリーベースのブランディングフレームワーク」は、

7つの普遍的な物語要素から成る構造です。

物語は強力なツールです。これを活用すれば、

製品やサービスの伝え方、そして販売方法が変わります。

顧客とのつながりを築き、あなたの製品、アイデア、サービスの利点を理解してもらいましょう。

そのテクニックを習得したとき、

あなたは自社に比類ない競争力が

付与されたことを実感するでしょう。

(2)Choose 新しいビジネスで勝つための最強の選択術

http://directlink.jp/tracking/af/1524176/cpsqaTKS/

(著者:ライアン・レヴェスク)どんな人?

ライアン・レヴェスクは起業家であり、アスク・メソッド・カンパニーのCEOとしてインク500企業(アメリカで最も急成長を遂げる500社)の一社に名を連ねています。彼はベストセラー本『Ask』の著者でもあります。この本は『インク』誌によって「マーケティング本の必読書ナンバーワン」と「新米起業家のための必読書ナンバーツー」として認定されました。彼の業績は『ウォール・ストリート・ジャーナル』誌でも特集され、彼のニューズレターでは25万人以上の起業家にビジネスのアドバイスを提供しています。さらに、彼は起業家向けのマーケティングファネルソフトウェア会社であるバケット・イオ社の共同設立者兼投資家でもあります。

『本書要約』

・ビジネスがなぜ失敗し、また成功するのかについての多岐にわたる事例。

・明瞭で理解しやすい4つのビジネスモデル。

・市場選択の際に参考になるワークシート。

・市場決定における5つの必須条件等。

これらの情報が詰まっています。

「自分のビジネスを立ち上げたい」
「会社を退職して起業や独立を考えている」
「自分に最適な起業の分野を探している」

このような方々に、この本の読解を強く推奨します。

以上が、本書の概要となります。

(3)Expert Secrets

http://directlink.jp/tracking/af/1524176/IXFzewiO/

(著者:ラッセル・ブランソン)てどんな人?

ラッセル・ブランソンが初めてオンラインビジネスを立ち上げたのは、大学でレスリングに打ち込んでいた時期でした。そして、大学を卒業してから1年も経たないうちに、彼は自宅の地下室で作り出した製品とサービスで100万ドル以上の売上を達成しました。過去10年間で彼は100万人以上の起業家から支持を得て、自身の著書を数十万冊売り上げ、セールスファネルという概念を広く普及させました。さらに、彼はソフトウェア会社クリックファネル社の共同設立者となり、何万人もの起業家が迅速に自身のメッセージを市場に届けることを支援しています。

(4)売れる脳科学

http://directlink.jp/tracking/af/1524176/ixoP3kWf/

(著者:クリストフ・モリン、パトリック・ランヴォワゼ)

『本書要約』

人を動かす説得の図式「Neuro Map」™

著者のクリストフ・モリンと
パトリック・ランヴォワゼは、

「脳科学」をビジネスの世界に応用できないか?と

20年以上研究と実験に明け暮れた。

そして神経科学、メディア心理学、行動経済学など

最新の研究に基づき、包括的な説得モデルを構築した。

それが「Neuro Map」

「Neuro Map」™を使えば、脳に関する理解を深め、

マーケティング、販売、コミュニケーション活動に

応用できるようになるので、

広告や販売メッセージの効果を高めることができる。

事実、この「Neuro Map」™は、

日立やエプソン、ペイパル、GEなど

名だたる大企業がマーケティングに導入し、

効果的なウェブサイトや広告を作ってた。

効果のない無駄なメッセージや広告を

打たなくて良くなったので、利益も上がった。

そしてこの方法は、

中小企業や個人経営の方にももちろん使える。

事実、諸外国の中小企業では

このモデルの熱狂的ファンが多く、

「Neuro Map」™を利用して膨大な利益を手にしてきた

最新の「脳科学」をビジネスに応用して、

お金を無駄にしないメッセージ戦略を

取り入れたい方にとっては、

本書はとても魅力的な内容となっている。

(5)The Confidence Game 信頼と説得の心理学

http://directlink.jp/tracking/af/1524176/OoQUjX8F/

(著者:マリア・コニコヴァ)どんな人?

モスクワで生まれ、アメリカで育った彼の初めての著書「シャーロック・ホームズの思考術」は、ニューヨーク・タイムズのベストセラーリストに名を連ねました。彼は心理学や文化についての洞察を、ザ・アトランティック誌やニューヨーク・タイムズ紙、サイエンティフィック・アメリカン・マインド誌など、多数の著名な雑誌や新聞に寄稿しています。

『本書要約』

著者、マリア・コニコヴァは、ハーバード大学の卒業生であり、コロンビア大学で心理学の博士号を取得した専門家です。

本書では、詐欺師がどのようにして人々の信頼を獲得し、騙すことができるのかという問いについて、詐欺(心理戦)の背後にある心理的な要素を明らかにしています。

本書には多くの事例が掲載されており、読者は興味深く読み進めることができます。例えば、

  • 佐村河内が使用した、人々を引きつける「ストーリーテリング」の技術
  • 「フリーメイソンに追われている」という虚偽を信じさせる優越性バイアスの手法
  • 警察官を偽の選挙に関与させ、資金提供を約束させる「策略」
  • 初対面の人に200万円を支払わせる「接触」の技術
  • 医師の資格を持たずに軍医になりすます「信頼獲得」のテクニック

など、詐欺師が「信頼と説得」の達人であることを事例を通じて学ぶことができます。

(6)リスト・ビジネスの教科書

http://directlink.jp/tracking/af/1524176/XrdQWKwm/

(著者:メアリエレン・トリビー)どんな人?

従来の起業家たちとは一線を画す存在です。現在は、情報出版やデジタルマーケティング分野で成功を収めた起業家たちに対してコンサルティングやコーチングを提供しています。また、世界中の名だたる出版社にも協力しています。

25年以上にわたるキャリアの中で、『フォーブス』や『クレインズニューヨークビジネス』、『タイムズ・ミラー・マガジン』などの企業において、数百万ドル規模の部署を成功に導きました。アーリー・トゥ・ライズではCEO兼発行人として活躍し、わずか15カ月で売り上げを800万ドルから2600万ドルに増加させ、業界に旋風を巻き起こしました。その他にも数々の実績を上げてきました。

アーリー・トゥ・ライズ以前には、ワイス・リサーチ社の社長として活躍し、わずか1年で売り上げを1100万ドルから6700万ドルに急増させました。

2008年には、働く母親たちに力を与えるメディア企業であるWorkingMomsOnly.comを設立し、現在もCEOを務めています。また、講演家や作家としても高い評価を得ており、マイケル・マスターソンとの共著『小さな会社のメディア・ミックス・マーケティング12の方法』(ダイレクト出版)は、発売からわずか10時間でアマゾンのベストセラーランキング1位に輝きました。

『本書要約』

この本は、ネットビジネスを確実に収益を上げるものにするために、理想的な顧客リストの作成からさまざまなツールを提供しています。著者は情報出版やデジタルマーケティングの分野でコンサルティングやコーチングを行い、多くの起業家の成功を支援してきました。本書では、主にインボックス・マガジンと呼ばれるビジネスモデルを通じて、ビジネスの立ち上げから経営、そして事業を大きく成長させるための具体的なステップをアドバイスしています。

具体的なステップとしては、以下の内容が挙げられます:

  1. 情熱を傾けられるアイデアを考える:自身の情熱や興味に基づいて、ビジネスアイデアを練ります。
  2. 市場を精査し、理想的な顧客リストを構築する:ターゲット市場を調査し、理想的な顧客プロファイルを作成します。
  3. 絶好のネーミングを生み、魅力的なウェブサイトを構築する:ビジネスのブランド名やウェブサイトのデザインを考え、魅力的なオンラインプレゼンスを作ります。
  4. ソーシャルメディアで売り込み、ファンを作る:ソーシャルメディアを活用して、商品やサービスを宣伝し、ファンや顧客を獲得します。
  5. もっと読みたいと思わせるコンテンツを作り、会員を増やす:魅力的なコンテンツを提供し、読者の興味を引くことで会員を増やします。
  6. 広告スペースを売り、他の起業家と提携する:広告スペースを販売することで収益を上げたり、他の起業家と提携することで相互のビジネスの成長を促進します。
  7. ビジネスを軌道に乗せ、規模を拡大する:着実な成長を実現するために、ビジネスを拡大させる戦略を立てます。

本書は、読者が自分の情熱に基づいたビジネスを構築し、それを収益を上げる事業に成長させるための指南書として活用できます。夢を現実のものにするために、好きなことをしながら利益を上げるビジネスを築くための手助けとなるでしょう。

(7)瞬間のちから

http://directlink.jp/tracking/af/1524176/xQm0Cbjx/

(著者:チップ・ハース&ダン・ハース)どんな人?

チップ・ハース:

スタンフォード大学ビジネススクールの教授で、専門は組織行動学と経営戦略。世界をリードする企業、例えばGoogleやGapなどの企業に対してコンサルティングを提供している。新興企業450社以上のビジネス戦略や企業のメッセージングに関わり、その成長を支援している。過去にはシカゴ大学ビジネススクールやデューク大学のフュークアビジネススクールでも教育に従事。カリフォルニア州ロスガトスが現在の居住地。

ダン・ハース:

デューク大学の社会起業推進センター(CASE)に所属するシニアフェロー。ハーバード大学ビジネススクールでMBAを取得し、その後同大学で研究員を務めた経歴を持つ。オンライン教育分野でリーディングカンパニー「シンクウェル」の共同設立者でもあり、社会起業家たちの活動を支援する役割も担っている。彼の居住地はノースカロライナ州ダーラム。

『本書要約』

短期的な影響力

お客様を引き付け
従業員のモチベーションを高める心理技術

印象深い体験を意図的に創り出そう!

その結果、
人々を喜ばせながら
収益も向上できる!

(8)一生お客に困らない常連システムの作り方

http://directlink.jp/tracking/af/1524176/grH2Sdgs/

(著者:ダン・ケネディ&ショーン・バック)どんな人?

ダン・ケネディは、ダイレクトレスポンス界のトップであり、多数の中小企業や大企業のビジネスオーナーや起業家に大きな影響を与えています。彼は156種類の業種において革命的な成長を遂げ、オーナーや起業家を数多くの億万長者に育て上げるという素晴らしい実績を持っています。

ダン・ケネディはプロのコンサルタントとしても知られており、彼が育てた企業は数億円規模から数千億円規模まで様々な規模のクライアントを抱えています。彼が育てたTVショッピングの会社は世界有数の企業に成長しました。現在、彼のコンサルティング料金は1日あたり最低128万円であり、コーチングプログラムの参加費は年間320万円以上と非常に高額です。

また、ダン・ケネディはプロのスピーカーとしても活躍しており、ジグ・ジグラーやブライアントレーシー、マーガレットサッチャー元英国首相、ブッシュ元大統領、フォード元大統領、レーガン元大統領、ノーマン・シュワルツコフ将軍などのスーパースターと共に全国で講演しています。年間20万人以上の観客に向けて講演を行っています。

彼はまた、プロのコピーライターとしても優れた才能を持っています。彼の広告素材の作成費は1プロジェクトで1000万円以上にもなります。さらに、その広告を使用する限り、クライアントは売上の一部をロイヤリティとして支払い続ける必要があります。高額な料金を請求しているにもかかわらず、彼のもとにはキャンセル待ちのクライアントが殺到しています。

ダン・ケネディはプロの著者でもあり、これまでに10冊以上の本を執筆しています。彼の一部の著書は日本語に翻訳されており、「究極のマーケティングプラン」「大金持ちをランチに誘え!」(ともに東洋経済新報社、2007年)、また「常識の壁をこえて」(阪急コミュニケーションズ、2005年)や「ビジネス版 悪魔の法則」(ティビーエス・ブリタニカ、1999年)などがあります。

(9)シリコンバレー発会員制ビジネス起業術

http://directlink.jp/tracking/af/1524176/1ptAlEYo/

(著者:ロビー・ケルマン・バクスター)どんな人?

コンサルタントであり、講演家でもあります。20年以上にわたり、シリコンバレーの企業に事業戦略コンサルティングサービスを提供してきました。メンバーシップ・エコノミー起業を支援するコンサルタント企業であるペニンシュラ戦略LLCの設立者です。私たちは、大企業であるNetflix、SurveyMonkey、Yahoo!などから、小規模なベンチャー企業や新興企業まで、さまざまなクライアントと協力してきました。私たちは、20以上の異なる業種にわたるプロジェクトに取り組んできました。

現在でも、定期的に職業団体、主要大学、企業で講演を行っています。

『本書要約』

シリコンバレー発 会員制ビジネス起業術

あなたの会社には定期収入がありますか?

毎月決まった額の給料が振り込まれるのと同じように、毎月決まった額(もしくはそれ以上)の売上があれば、
どんなにビジネスの不安が取り除かれるでしょうか。

また、あなたの会社の収益は、どこから得られているでしょうか。

もしひとつの企業からの請負業だとすると、その取引先から切られたら……。
たちまち会社は倒産の危機に陥るかもしれません。

そういった不安を取り除いてくれるのが「会員制ビジネス」。
簡単に言ってしまえば、数多くの有料会員を集め、彼らから定期的な収入を得るビジネスです。

今、シリコンバレーでは、新しい会員制ビジネスが登場しています。

成功している企業を挙げるだけでも、

Netflix(ネットフリックス)、Pandora(パンドラ)、Airbnb(エアビーアンドビー)、
Uber(ウーバー)、IMVU(インビュー)、Gold’s Gym(ゴールドジム)、
Dropbox(ドロップボックス)、LinkedIn(リンクトイン)、CrossFit(クロスフィット)

など、数多く存在します。

「最新のビジネスを成功させる鍵は、会員制にある」と言ってもいいかもしれません。

日本でも、昔から会員制ビジネスがありました。
レンタルビデオやスポーツジム、携帯電話、ゴルフ場などが、その代表でしょう。

ただ、会員制ビジネスにも新しい時代が到来しました。

その要因のひとつが、SNS の進化です。
わかりやすい例で言えば、Airbnb(エアービーアンドビー)でしょう。

エアービーアンドビーは、空いている部屋を旅行者などに貸し出す CtoC のビジネスですが、
部屋を提供する側と利用する側がお互いに相手を評価する仕組みになっています。

そして、新しく利用する人は、それらの評価を参考にするわけですが、
いわゆる提供する側が利用する側に一方的に情報を提供するのではなく、
そこに大多数の人のコミュニケーションが生まれているのです。

今、このようなビジネスが主流になっています。
その発端となっているのが、アメリカのシリコンバレー。

そこで 10 年以上もコンサルタントとして活躍してきたのが、
著者のロビー・ケルマン・バクスターなのです。

彼女は言います。
「定期購入者は一度登録するだけで、忠誠心ある定期購入者として永続的に取引を続けてくれる
永遠とまではいかなくても、短くとも数年はとどまってくれる」と。

人間には、集団に属していたい本能があります。

そういった人間の深い心理を刺激する、
一回限りの客で終わらない会員制ビジネスの最前線を紹介したいと思います。

特に、これから起業を考えている人、
新しいビジネスを考えている人には必ず役立つ内容だと思います。

10)世界一ずる賢い価格戦略

http://directlink.jp/tracking/af/1524176/99YDG02L/

(著者:ダン・ケネディ、ジェイソン・マーズ)どんな人?

ダン・ケネディは全米で多くの億万長者を生み出し、「億万長者メーカー」として知られています。彼は著者としても活動し、日本語版を含む11冊以上の本を出版しています。

また、講演家としても活躍し、過去9年連続で20以上のイベントに出演してきました。彼はブラアントレーシー、マーガレットサッチャー元英国首相、ブッシュ元大統領、レーガン元大統領、シュワルツコフ将軍などとも講演を共にしてきました。彼は2000以上の国内の協会、企業、独立系セミナープロモーターと契約を結んでいますが、現在は講演の受け入れはほとんどありません。

マーケティング・コンサルタントとしての彼のキャリアは32年に及び、年商数千万円から数千億円規模のクライアントを育ててきました。彼の指導のもと、ニキビケアのテレビ通販企業が世界一になるなど、数々の成功事例を生み出しています。

彼の月刊ニュースレター『屁理屈なしマーケティング・ニュースレター』は、現在アメリカで2万人以上、日本で2000人以上の会員に届けられています。

現在、彼のコンサルティングフィーは1日128万円であり、コーチングプログラムは年間320万円です。彼のコピーライティングプロジェクトは1000万円前後+ロイヤリティ(すべてキャンセル待ち)です。2009年には彼のコーチングクライアントが主催するセミナーに合計10万人以上が出席しました。彼は起業家やマーケターにとって非常に影響力のある人物です。

ジェイソン・マーズはマーケティングスペシャリストであり、起業家やプロフェッショナルに対して斬新なビジネス戦略の指導を行っています。彼はクライアントの価格に対する恐怖心や誤った考え方を取り除き、本来の利益を最大化し、飛躍の機会を提供するサポートを行っています。

また、ジェイソン・マーズは起業家としても成功しており、ヘルスケア、教育、出版関連、コンサルティングなどの分野で大きな成果を上げています。

『本書要約』

ビジネスにおける最強の価格戦略

ビジネスリーダーや起業家たち、マーケティングやセールスのプロフェッショナル、つまり、「売り手」である全ての人々にとって、この本は必読の一冊と言えるでしょう。

著者ダン・ケネディの言葉を借りれば、”ビジネスは価格によって生き、価格によって死ぬ”ということです。ビジネスは価格が全てとも言えます。

価格設定に失敗すれば、ビジネスそのものが軌道に乗らないことになります。商品の価格が高すぎれば売れ行きが鈍り、逆に価格が低すぎれば利益が出ず、価格競争に巻き込まれる危険性があります。

それでは、商品を売る際、どのように価格を設定すれば良いのでしょうか?無料や割引、値上げの適切な使い方はどうすればいいのでしょうか?

理論部分
理論部分では、価格を下げたときや逆に価格を上げたときに何が起こるのかを、豊富なデータと事例を基に解説しています。

たとえば、価格を下げると販売が増える一方で何が失われるのか、また、売上を維持しつつ価格を上げるためにはどうすればいいのかなどが解説されています。

さらに、「無料」の戦略についても詳しく解説しています。無料にすべきではない商品、無料にすることで強力なツールとなる商品、無料を利用して攻撃してくる競合に対抗する方法など、無料戦略の効果的な利用法や絶対に避けるべき無料戦略について詳細な説明があります。

実践部分
実践部分では、商品の価格を決定する具体的なテクニックが紹介されています。

多くの人は、商品の価格を設定する際に、思いつきや業界の常識、顧客の要望やコストに基づく価格設定など、直感に頼ってしまいます。

しかし、最大の利益を追求するためには、「スキミング戦略」を合理的に採用することが重要です。

また、99セントと1ドルの価格設定が消費者にどのような心理的影響を及ぼすのかなど、価格設定の重要なポイントについても触れられています。

サンプル部分
サンプル部分は短いながらも、価格戦略を利用した広告のサンプルが掲載されています。価格に関する全ての要素がこの本に詰まっています。

商品の価格設定に悩むとき、この本は信頼できるガイドとなるでしょう。

まとめ

ビジネス書籍を精読することは、成功への道を開く一つの方法です。書籍から得られる知識や洞察は、ビジネスにおいて有用なツールや戦略を学ぶ機会を提供してくれます。しかしながら、単に書籍を読むだけでは成功が保証されるわけではありません。

成功を収めるためには、読書から得た知識を実践し、継続的な学びと成長を追求することが重要です。書籍に書かれているアイデアや戦略を自身のビジネスやキャリアに適用し、試行錯誤を通じて経験を積むことが求められます。

また、ビジネス書籍だけでなく、他の情報源や経験からも学びを得ることが重要です。実践的な経験や他の成功者のインタビュー、ビジネスコミュニティでのネットワーキングなど、多角的な学びの機会を活用することが成功へのチャンスを高めるでしょう。

つまり、ビジネス書籍を精読することは成功の一部ではありますが、それだけでは十分ではありません。知識を実践し、経験を積みながら自身のスキルを磨くことが重要です。真の成功を追求するためには、常に学び続け、自己成長を促進することが不可欠です。

コメント

コメントを残す