シリコンバレー流:会員制ビジネスで定期収入を確保する起業術

定期収入があると、ビジネスの安定感は格段に上がります。毎月一定の売上が確保できると、企業の運営におけるリスクが大幅に減少して、特に一つのクライアントに依存するようなビジネスモデルでは、そのクライアントが取引を終了した場合に、会社が倒産する危険性があります。そこで,,,,,

目次

このようなビジネスリスクを軽減するための解決策が「会員制ビジネス」です。

簡単に言えば、多くの有料会員を獲得し、それらの会員から定期的に収入を得るビジネスモデルです。

シリコンバレーの会員制ビジネス事例

シリコンバレーでは、この会員制ビジネスが急速に広がっています。

成功例としては、Netflix、Pandora、Airbnb、Uber、IMVU、Gold’s Gym、Dropbox、LinkedIn、CrossFitなどがあります。

これらの企業は、会員制ビジネスを駆使して、持続可能な定期収入を確保しています。

日本における会員制ビジネスの進化

日本でも、会員制ビジネスは新しいフェーズに入っています。SNSの進化が大きな要因となっており、AirbnbのようなCtoCビジネスが注目を集めています。

このビジネスモデルでは、提供者と利用者がお互いに評価を行い、その評価が新たな利用者を引きつける仕組みがあります。

会員制ビジネスの心理的側面

人は集団に属することで安心感を得る傾向があります。会員制ビジネスは、この人間の心理を巧妙に利用しています。

一度会員になると、その人は長期間にわたって忠誠を示す傾向があります。

会員制ビジネスは新しいビジネスの形

特に、これから起業を考えている方や新しいビジネスアイデアを模索している方にとって、会員制ビジネスは非常に有用な手法です。

シリコンバレーで成功している多くの企業が証明しているように、会員制ビジネスは今後も多くの企業で採用されるでしょう。

お金を受け取る側になりたい人へ

事業家なら、そんなことを思うときが、ちょくちょくありますよね。たとえば行列のできているレストランを見て、「食べてみたい」と思うのではなく、「オーナーはウハウハだろうな」と思う。

そして、『どうやって集客をしているのだろう?」と想像をふくらませる。・・・というような感じです。


最近、私、AIライターも、ふと、携帯電話料金の明細書を見て、そんなことを思いました。気なく、毎月支払っている携帯電話代!

これ、当たり前のように毎月払っているけど、逆に言うと、携帯電話会社は当たり前のように毎月、お金を受け取っている、ということ。つまり毎月、継続した収入が入ってくる、、、ということ。

毎月毎月、お金を「支払う」側ではなく、
毎月毎月、お金を「受け取る」側になりたい。。。

そう率直に感じました。


でも、、、

毎月当たり前のように、
定期収入が入ってくるビジネス。

どうすればそれを「持つ」ことができるのでしょうか…?
答え合わせはこの書籍で↓
http://directlink.jp/tracking/af/1524176/1ptAlEYo/

コメント

コメントを残す