[緊急] 青汁王子が語る!日本の危機的な未来についてのメッセージとは?

この青汁王子のメッセージは、政治家による不正行為に対する彼の個人的な経験と感情を表明しています。彼は自身の脱税事件と、政治家による裏金問題を比較し、その扱いに対する不平等を強調しています。また、国の将来に対する懸念、特に少子高齢化、経済的な困難、若者の将来に対する不安を表現しています。彼は、これらの問題に対処するために政治家がもっと行動すべきだと主張し、社会の不公平に対する自分の見解を述べています。

目次

記事の内容

  • 彼は自身の脱税事件と政治家による裏金問題を比較し、不公平を指摘する。
  • 日本の将来、特に少子高齢化や経済的困難について心配を表明する。
  • 政治家はもっと国民のために行動すべきだと強調する。
  • 自分は政治家にはならないが、社会問題に対して意見を述べ続けるつもりであることを明かす。
  • まとめ:青汁王子は、政治家と市民の間の不平等と、国の将来に対する懸念を強く感じており、社会の変化を促進するために自身の立場を利用し続けることを宣言している。

青汁王子が語った内容が深い!

現在、私はドイツのフランクフルトにおり、時刻は朝の5時19分です。

見ての通り、寝癖があります。今、思い立ったことがあって、カメラを回しています。紙を直したり、色々短くして撮影しようかと思いましたが、今この気持ちを伝えなければ、おそらく伝えることができないだろうと思っています。ずっと自分の中に秘めている思いがあるうちに撮影しています。さっき、ツイートを何件か投稿しました。

結論から言うと、この国の未来が本当に心配です。

最近、自民党の政治家たちが約5年間にわたって5億円の裏金を作っていたということが報道され、話題になっています。しかし、私が伝えたいのは、この裏金自体が本当に問題であるということです。それに、税金を払っていないことが大きな問題です。収支報告書に記載せず、収入として記載しなかったために税金を払っていないのです。

私の話をさせてもらいたいのですが、2019年に約1億8000万円を脱税したとされ、逮捕されました。14億4000万円の納税をしていたにも関わらず、1億8000万円で全てを失ったのです。それは自分のことなので、それでよしとしましょう。しかし、なぜこの政治家たちは裏金を作ったことが明らかになっても訂正で済んでいるのでしょうか。自分は本当に全てを失いましたが、政治家たちは訂正で済むのはおかしいと思います。この差は何なのでしょうか。なぜ政治家は許されて、自分は許されないのでしょうか。

しかし、100歩譲って私はそれでいいとしましょう。私はインフルエンサーとして、多くの人に応援してもらっています。この立場で、伝えたいことを伝えられるようになりました。必要だったのかもしれません。では、何を伝えたいかというと、現在国民たちはインボイス制度により、税負担が強くなっています。増税が行われ、ガソリンも上がって物価も高騰しています。多くの人々が苦しんでいます。

私のもとにはたくさんのDMが来ます。助けてください、お金を貸してくださいというメッセージが非常に多いです。これはSNSを始めてから、今がピークだと思います。多くの人々が不安を持っていて、生活がままならない状況が続いているのです。Twitterなどで、様々なコメントを見ているからわかります。

政治家たちは、なぜそんなことをして、それが許されるのでしょうか。

これは上級国民と忖度以外の何者でもないと思います。

一般経営者や一般人が同じことをしたら、逮捕されて見せしめにされ、メディアに晒されて全てを失います。なぜこれが政治家には許されるのでしょうか。

私は、この国の政治家たちは自分たちの利益と裏金を作ることばかり考えていて、国民のために政治をしている人がどれほどいるのか疑問です。自民党の複数名の政治家たちが裏金を作ること自体、先にやるべきことがあるはずです。国民の暮らしをよくすること、貧しい人たちが救われる法律を作ることが必須だと思います。なぜそれをやらずに裏金を作るのでしょうか。

私は、この国が変わらなければならないと強く感じています。少子高齢化が進んでおり、未来に向けて深刻な問題があります。若者たちは子供を産まないし、高齢者ばかりが残っています。未来に何年、何十年経っても、65歳以上の高齢者が全国民の1/4を占めるような状況になりつつあります。私は多くの国を訪れてきましたが、日本の活気のなさを感じます。将来の暮らしに対する不安が原因です。増税と負担で、若者たちは子供を産む気になれないのです。

そんな中、政治家たちは裏金を作ることをして許されるのはおかしいと思います。私は、この国が沈没することを本当に心配しています。この動画を撮っているのは、何かを伝えたいからです。しかし、政治家になることはありません。この国の文化に疲れてしまいました。私は、自分の会社を経営し、自分や仲間たち、フォロワーや視聴者が幸せになるような発信を続けたいと思っています。しかし、世の中の人のことまでは、正直、それほど関心を持てません。それは、私がこの国を心の底では好きではないのかもしれません。それでも、誰かが動かなければならないと思っています。

たとえば、若者を政治家にするための支援をすることで、間接的にこの国に貢献できると思っています。一方で、この国は理不尽です。僕や堀江さん、井川さんなど、金額が大きかったから悪く言われるが、お金を返しても有罪になることがあります。一方で、裏金を作った政治家は訂正で済むのはおかしいです。なぜ我々はそうなるのか。結局、力を持っていないからです。

しかし、私たちは何もない状況から0から1へと成り上がってきました。そういった人たちは、政治家から見れば、見せしめにされるべき存在だったのでしょう。私たちは、見せしめのように対応されて全てを失いました。それでも、納得はいかないと思っています。私たちの真実がまだあるのに、それについて話すつもりはありません。私は、何かを変えたいと思って発信を続けています。

しかし、政治家たちや、メディアに晒されて全てを失います。なぜこれが政治家には許されるのでしょうか。

私は、この国の政治家たちは自分たちの利益と裏金を作ることばかり考えていて、国民のために政治をしている人がどれほどいるのか疑問です。自民党の複数名の政治家たちが裏金を作ること自体、先にやるべきことがあるはずです。国民の暮らしをよくすること、貧しい人たちが救われる法律を作ることが必須だと思います。なぜそれをやらずに裏金を作るのでしょうか。

私は、この国が変わらなければならないと強く感じています。少子高齢化が進んでおり、未来に向けて深刻な問題があります。若者たちは子供を産まないし、高齢者ばかりが残っています。未来に何年、何十年経っても、65歳以上の高齢者が全国民の1/4を占めるような状況になりつつあります。私は多くの国を訪れてきましたが、日本の活気のなさを感じます。将来の暮らしに対する不安が原因です。増税と負担で、若者たちは子供を産む気になれないのです。

そんな中、政治家たちは裏金を作ることをして許されるのはおかしいと思います。私は、この国が沈没することを本当に心配しています。この動画を撮っているのは、何かを伝えたいからです。しかし、政治家になることはありません。この国の文化に疲れてしまいました。私は、自分の会社を経営し、自分や仲間たち、フォロワーや視聴者が幸せになるような発信を続けたいと思っています。しかし、世の中の人のことまでは、正直、それほど関心を持てません。それは、私がこの国を心の底では好きではないのかもしれません。それでも、誰かが動かなければならないと思っています。

たとえば、若者を政治家にするための支援をすることで、間接的にこの国に貢献できると思っています。一方で、この国は理不尽です。僕や堀江さん、井川さんなど、金額が大きかったから悪く言われるが、お金を返しても有罪になることがあります。一方で、裏金を作った政治家は訂正で済むのはおかしいです。なぜ我々はそうなるのか。結局、力を持っていないからです。

しかし、私たちは何もない状況から0から1へと成り上がってきました。そういった人たちは、政治家から見れば、見せしめにされるべき存在だったのでしょう。私たちは、見せしめのように対応されて全てを失いました。それでも、納得はいかないと思っています。私たちの真実がまだあるのに、それについて話すつもりはありません。私は、何かを変えたいと思って発信を続けています。しかし、政治家たちは、裏金を作りながらも、何も問題にされないのは理不尽だと思います。私は、自分の意見を発信し、皆さんに危機感を持ってもらい、少しでも考える時間を取ってほしいと思ってこの動画を撮っています。

自分たちの未来、そして将来生まれる子供たちのためにも、この国の現状について深く考える必要があると思います。政治に興味がないと言っている場合ではありません。現在進行中の裏金問題を見ても、政治家たちは国民のことを考えるよりも、自分たちの利益を優先しています。貧しい人たちの声に耳を傾けるべきです。

私自身、何ができるかはわかりませんが、より積極的に社会に対して役立つことを考えていきたいと思います。この動画を見てくれた皆さん、思ったことをコメント欄に書いてもらえたら嬉しいです。いつもの動画とは違うかもしれませんが、こういった内容も発信していきたいと思います。ありがとうございました。

青汁王子公式チャンネル引用より

扶桑社
¥890 (2023/12/19 21:08時点 | Amazon調べ)

コメント

コメントを残す