【徹底解説】サステナブルとは?簡単に学ぶ”持続可能な社会”への道

はじめに

近年、地球温暖化や環境破壊、資源枯渇など、様々な環境問題が深刻化しています。このような状況を受けて、「サステナブル」という言葉が注目されるようになりました。サステナブルとは、簡単に言えば「持続可能な」ということです。人間活動と環境の調和を図り、将来世代にも豊かな地球を残すための取り組みを指します。本稿では、サステナブルの概念と、様々な分野での実践例について詳しく解説していきます。

サステナブルの概念

sustainability

サステナブルの概念は、1987年に国連が公表した「Our Common Future(共有の未来)」という報告書で初めて提唱されました。この報告書では、将来世代のニーズを損なうことなく現在世代のニーズを満たす開発が「持続可能な開発」であると定義されています。つまり、経済発展と環境保護の両立を目指すという考え方です。

3つの側面

サステナブルな社会の実現には、環境、経済、社会の3つの側面を総合的に捉える必要があります。環境面では、地球温暖化対策や生物多様性の保全、資源の持続可能な利用などが求められます。経済面では、持続可能な経済成長と雇用創出が重要です。そして社会面では、貧困撲滅や教育機会の確保、平和と公正な社会の構築が課題となります。

これらの側面は密接に関連しており、一つの側面に取り組めば、他の側面にも影響を与えます。例えば、再生可能エネルギーの導入は、環境保護と経済成長の両立に寄与します。また、公正な雇用によって貧困が解消されれば、平和な社会づくりにもつながります。このように、サステナブルな社会の実現には、あらゆる側面を意識した総合的なアプローチが不可欠なのです。

SDGsとの関係

2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」は、サステナブルな社会の実現に向けた具体的な目標となっています。SDGsは17の目標と169のターゲットから構成され、2030年までに達成することが期待されています。

SDGsの17の目標には、貧困撲滅、飢餓撲滅、健康と福祉、質の高い教育、ジェンダー平等、水と衛生、エネルギー、経済成長と雇用、インフラ整備、都市と住居環境、持続可能な生産と消費、気候変動対策、海洋資源保護、陸上資源保護、平和と公正などが含まれています。これらの目標の達成を通じて、サステナブルな社会の実現が目指されているのです。

サステナブルな取り組み

sustainability

サステナブルな社会の実現に向けて、さまざまな分野で具体的な取り組みが行われています。企業活動においても、環境や社会に配慮したサステナブルな経営が重要視されるようになっています。

企業のサステナブル経営

企業がサステナブル経営を実践するには、環境負荷の低減、人権や労働問題への配慮、腐敗防止の取り組みなど、幅広い分野での対応が求められます。これらの取り組みを通じて、企業は社会的責任を果たすとともに、リスク低減やイメージアップ、新たなビジネスチャンスの創出などのメリットも得ることができます。

具体的な取り組み事例として、環境に配慮した製品開発、省エネ設備の導入、再生可能エネルギーの利用、廃棄物の削減やリサイクル、公正な労働環境の整備、地域社会への貢献活動などが挙げられます。最近では、ESG投資(環境・社会・ガバナンスに配慮した投資)への関心も高まっています。こうした取り組みを通じて、企業はサステナブルな経営を実践することが期待されています。

著:吉高 まり
¥3,190 (2024/03/29 16:34時点 | Amazon調べ)
\最大8%ポイントアップ!/
Amazonで見てみる

暮らしでのサステナブル実践

サステナブルな社会の実現には、企業の取り組みだけでなく、私たち一人一人の意識と行動が大切です。暮らしの中で、環境に配慮した「サステナブルライフスタイル」を実践することが求められています。

  • : 地産地消、フードロス削減、植物性たんぱく質の摂取
  • : 省エネ住宅、再生可能エネルギーの活用、断熱性の高い住宅
  • 移動: 公共交通機関の利用、電気自動車、カーシェアリング
  • 消費: 3R(リデュース・リユース・リサイクル)、グリーン購入、フェアトレード製品の選択

このように、食や住まい、移動、消費の分野で、できることから実践していくことが大切です。一人一人が環境に配慮した選択肢を選ぶことで、サステナブルな社会の実現に貢献できるのです。

まとめ

サステナブルとは、持続可能な社会を実現するための取り組みを指す概念です。環境、経済、社会の3つの側面を総合的に捉え、将来世代のニーズを損なうことなく現在世代の課題を解決することが重要視されています。企業や自治体、そして私たち一人一人が、サステナブルな視点を持ち続けることで、豊かな地球を未来へ継承していくことができるのです。

よくある質問

サステナブルとは何ですか?

サステナブルとは、環境、経済、社会の3つの側面において持続可能な社会を実現するための取り組みを指す概念です。将来世代のニーズを損なうことなく、現在世代の課題を解決することが目的とされています。

サステナブルな社会の実現には何が必要ですか?

サステナブルな社会の実現には、企業活動や暮らしの中での具体的な取り組みが必要とされています。企業では環境負荷の低減や社会への配慮、個人では環境に配慮したライフスタイルの実践が求められます。これらの取り組みを通じて、持続可能な社会の実現が目指されています。

SDGsとサステナブルの関係は何ですか?

2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標(SDGs)」は、サステナブルな社会の実現に向けた具体的な目標となっています。SDGsの17の目標には、環境保護、経済成長、社会的課題の解決など、サステナブルな取り組みに直結する内容が含まれています。

一人一人にできることはありますか?

はい、一人一人が日々の生活の中で環境に配慮した選択をすることが重要です。食、住、移動、消費の各分野において、地産地消やフードロス削減、省エネ住宅の利用、公共交通機関の利用、3Rの実践など、できることから始めることが求められています。これらの取り組みを通じて、サステナブルな社会の実現に貢献できます。

コメント

コメントを残す