聴く読書で楽しむ!『生きるとか死ぬとか父親とか』著者ジェン・スーが話題

「父の愛、子の成長: 家族絆の探究」という言葉が合う書籍は、家族という小宇宙の中で、特に父親の役割に光を当てます。この物語は、父親という存在が私たちの人生においてどれほどの意義を持つか、その深い洞察を与えてくれる一冊です。

幼い頃、私たちは父親を英雄として見上げます。彼の一挙一動は、私たちの心に大きな影響を与え、未来への道を照らしてくれます。しかし、成長するにつれ、その輝かしいイメージは徐々に変わり、より現実的で複雑な人間像に変化していきます。この本では、父親との関係が、子供時代から成人に至るまでの私たち自身の成長と、どのように密接に結びついているかを探ります。

父親の愛情表現、感情の理解、そして家族における彼の役割を深く掘り下げ、私たち自身の自己認識と人間関係における成長にどう影響を与えるのかを見ていきます。この旅は、父親との絆を通じて私たちが自己を発見し、より豊かな人間関係を築くためのガイドとなるでしょう。

本書の概要

本書では、父親の人間性を理解するための第一歩として、父親が自分自身に与える意義と、関係の変化に焦点を当てます。父親の存在がもたらす自己肯定感と安定感は、私たちの人生における重要な要素として描かれています。父親との関係が子供時代に母親によってどのように築かれ、深められたのか、その過程が詳細に語られます。

母親の視点から見た父親の特徴も、本書の重要な要素です。父親が家庭内でどのように頼りになる存在であるか、また、家族のためにどのように尽力しているかが描かれます。母親と父親の協力関係がどのように子どもたちに影響を与え、父親の人間像をより明確にするのかが、洞察に満ちた描写で表現されています。

父親の愛情表現と感情の理解についての章では、父親がどのように愛情を表現し、その感情が家族にどのように影響を与えるのかが探求されます。言葉や行動を通じて示される父親の愛情の多様性と、それが家族の絆の構築にどのように貢献するかが詳細に語られています。

父親の人生の喜びと苦悩に焦点を当てた章では、父親が経験する喜びと苦悩が彼の人間像をどのように形作っているかが明らかにされます。

最後に、父親への感謝と尊敬のメッセージを通じて、父親との関係の重要性と、それが私たちの成長にどのように寄与するかが強調されます。

この本は、父親との関係を深く掘り下げ、その多様性と複雑さを理解するためのガイドとなります。

父親の人間像の多面性を受け入れ、それを深く理解することで、私たちはより豊かな人間関係を築き、自己成長を促進することができるでしょう。

著者『ジェン・スー』プロフィール

ジェーン・スーは、1973年に東京で生まれた日本人で、作詞家、コラムニスト、ラジオパーソナリティとして活動しています。彼女は『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』で講談社エッセイ賞を受賞しました。その他の著書には『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』、『女の甲冑、着たり脱いだり毎日が戦なり。』、『揉まれて、ゆるんで、癒されて』、『これでもいいのだ』、『女のお悩み動物園』などがあります。

彼女の活動は多岐にわたり、TBSラジオの番組「ジェーン・スー 生活は踊る」やポッドキャスト番組「ジェーン・スーと堀井美香の『OVER THE SUN』」のパーソナリティとしても知られています。

🔗画像 # Amazonオーディブルで聞いてみる

コメント

コメントを残す