シゲルさんの成功物語:87歳で18億円の資産を作り上げた伝説のトレーダーが明かす、勝つための投資の秘訣

最近テレビでも話題の投資家で有名な『シゲル』さん!彼は87歳の現役バリバリのデイトレーダーって事、知ってますか?

彼の株式投資の軌跡は、まさに驚異の物語です。

19歳で株取引を開始してから68年。この長い間に、シゲルさんは時代の変遷と経済危機を乗り越え、18億円という巨額の資産を築き上げました。バブル崩壊時には大きな打撃を受けましたが、彼は2億円を残し、その後の賢い資産運用で見事に回復させた、生きる伝説トレーダーです。

彼の成功の秘訣は「心・技・体」のバランス。冷静な判断を下す「心」、適切なタイミングを見極める「技術」、健康と資金面での「体力」の維持が重要だと説いています。シゲルさんにとって、この三つが揃っていなければ成功は望めないと言います。

目次

イメージ画像

また、株取引は脳のトレーニングにもなると語るシゲルさん。重篤な病を乗り越え、投資活動を続ける彼の精神力と経験は、多くの人にインスピレーションを与えています。

彼の著書『87歳、現役トレーダー シゲルさんの教え 資産18億円を築いた「投資術」』では、豊かな経験談とともに、株初心者に向けた貴重なアドバイスが満載。高額な豪邸を買うことができる立場にありながらも質素な生活を選ぶ彼から、心豊かな資産形成のヒントを学ぶことができます。

87歳現役トレーダーが明かす、18億円の資産形成と信用取引の隠れたメリット

改めて87歳で現役を続けるトレーダーが、驚異の18億円資産を築いた秘訣」という話題が注目を集めています。その多くの人が避ける「信用取引』ですが、このベテラントレーダーによれば、実はそこには見過ごされがちなメリットがあるとのこと。信用取引は、高いリスクが伴うため一般には推奨されない取引方法です。しかし、この経験豊富なトレーダーは、そのリスクを上手に管理し、短期売買の強みを生かして成功を収めています。

また、特に注目すべきは、「配当落調整金」の受け取り可能性。これは配当金と同等の扱いでありながら、税面での利点がある点を強調しています。

このトレーダーは、「投資における知識の重要性」というメッセージを強く発信しています。

信用取引のリスクだけでなく、そのメリットを理解し、賢く活用することが、投資の成功への鍵と語っています。このような経験則からくるアドバイスは、投資家にとって非常に価値のあるものです。

シゲルさん『プロフィール』まとめ

藤本茂氏、通称シゲルさんは、日本の著名なデイトレーダーで、87歳の高齢にもかかわらず現役で取引を続けています。彼は1936年に貧しい農家の家族の一員として生まれ、高校卒業後にペットショップで働き始めました。

その後、株式投資に興味を持ち、19歳で投資を開始しました。1986年には専業投資家となり、2002年には66歳で生涯初のパソコンを購入し、ネット取引を開始しました。

現在、彼は取引時間中、日経CNBCの株式市況の放送を見ながら、3台のパソコンとモニターを使用して常時約80銘柄をチェックし、月に6億円分を売買しています。

彼はデイトレードが大好きで、テクニカル指標を重視し、命の続く限り現役デイトレーダーを続ける意気込みを持っています。バブル崩壊や2008年のリーマンショックなどの激動の波乱相場も乗り越え、資産18億円を築き上げました。

彼の投資哲学には、「もうやらない」と思ったらすぐにやめる決断力と、「これがやりたい」と思ったら即行動するという特徴があります。彼は自身の投資経験や日常生活からの学びを、隠し事なく公開しています。

また、デイトレードを「究極の脳トレ」と捉え、楽しみながら続けています。彼の資産は一時10億円からバブル崩壊時に2億円まで減少しましたが、現在は18億円に増えています。彼はお金を増やすことよりも、投資そのものの楽しさを重視しています。

シゲルさんに関する詳細は、彼の著書『87歳、現役トレーダー シゲルさんの教え』に詳述されています。

この本では、彼の投資術や生活に関するアドバイスが提供されており、読者に役立つ情報が満載です。

個人の専業ディトレーダーの人数は?

現在の日本における専業デイトレーダーの人数は、1万人以下であると推測されています。デイトレーダーの仕事は、技術の進化と市場の変化により難易度が高まっており、特にAIアルゴリズム取引の台頭により、人間のデイトレーダーには大きな挑戦が求められています。AIアルゴリズムは非常に高速で取引を行い、人間のデイトレーダーがこれに対抗するためには新しい戦略や技術を習得する必要があります。

また、デイトレーダーとしての生活は不安定で、不調期には他の収入源を確保することも重要とされています。これにより、厳しい市場環境の中でも生計を立てることが可能になります。デイトレードの世界は競争が激しく、多くのデイトレーダーが市場から退場していくとも言われています。このような状況下で、デイトレーダーが生き残るためには、市場の変化に適応し、柔軟な戦略を持つことが不可欠です。

デイトレーダーの平均年収は?

専業デイトレーダーの平均年収は、一般的に約1000万円とされています。しかし、デイトレードは日々の損益を合算して年収を計算するため、人によっては年収がマイナスになることもあります。実際に、デイトレーダーの中には約9割の人が負けていると言われており、中央値はマイナスであると考えられます。ほんの一部のデイトレードで「億」を稼いでいる人たちが平均年収を押し上げている現状があります。

デイトレーダーとしての仕事は、ギャンブル性が強く、細かい勝ちをコンスタントに続ける必要があります。デイトレードでの一日の目標利益は、持っている資金の1%が妥当とされています。例えば、100万円の資金があれば、一日に10万円の利益を目指すことになります。しかし、実際には、専業として大きな金額を稼ぐためには、相応の初期資金が必要になります。

また、デイトレーダーの仕事は非常に不安定で、突然稼げなくなる可能性があります。さらに、トレーダーとしての経験は職歴として認められにくく、再就職に影響する可能性があります。したがって、専業デイトレーダーとしての職業は、高い収入を得る可能性がある一方で、大きなリスクも伴います。

コメント

コメントを残す