日本一周列車旅行&ウォーキング:50代が楽しむ観光と絶景!意外と知られていない『お得なチケット』とは?

50歳代に突入したとたん、何かが変わったと感じたことはありませんか?子育ても一段落し、これからの人生に何を求めるのか、どう過ごすのか。そんな大きな問いに答えを出すのは容易なことではありません。

しかし、答えが見つからないからといって、新しいことに挑戦しないわけにはいきません。

そこで提案したいのが、この”日本一周列車旅行&ウォーキング:50代が楽しむ観光と景”です。

新しい冒険を求める50代の皆さんに、日本の美しい風景、歴史ある名所、そして地元の文化を身近に感じる旅を提案します。

列車でのんびりと移動し、気に入った場所では歩いてその土地を深く探る。そんな旅が、新しい自分を見つける第一歩となるでしょう。

50代が楽しむ日本一周列車旅行がもたらす幸福度

  1. 非日常的な体験:
    列車の旅は、日頃とは異なる経験を提供します。新たな景色、認識したことのない風景、そして晴れた日には絶景が広がります。これらの非日常的な体験があなたの心を豊かにし、幸福度を上げます。
  2. 移動の楽しみ:
    列車で移動するというだけでも、非常にエキサイティングです。窓から見る景色に添えられた景色は、Souvenirの数でははかり知れない幸福をもたらすでしょう。
  3. ストレスフリー:
    車を運転することなく移動できるため、交通渋滞や道路状況に関する心配をする必要がありません。これにより、ストレスが軽減され、リラクゼーションと幸福感が増すため、最高の滞在時間を得ることができます。
  4. その地域の人々との交流:
    列車の旅では、さまざまな場所から来た人々と出会う機会があります。このような交流は新しい視点や価値観を学ぶ機会を提供し、幸せを感じさせます。
  5. 快適な宿泊設備:
    列車旅行では、寝台車や個室も利用でき、ホテル滞在に匹敵するほどの快適さを提供します。「旅行」そのものに一日を過ごすことで得られる追加の安心感は、あなた自身の幸福度をあげるでしょう。
  6. 美味しい料理体験:
    列車内部で提供される食事は一品一品が手作りであり、その地域の新鮮な食材を用いています。列車旅行は美食の旅でもあり、新たな味覚体験は幸福感を引き立てます。
  7. 自己探求の時間:
    列車旅行では本を読んだり、音楽を聴いたり、景色を眺めながら自分自身の思考に浸る時間も与えます。このような時間は自己理解と自己探求につながり、内的な幸福感を得ることができます。
  8. 新たな学び:
    列車旅行を通じて、我々は新たな地理的知識や文化的理解を深める機会を得ます。この新たな学びは知識や経験の豊かさを増し、幸せ感を高めます。
  9. リラクゼーション:
    列車旅行は疲労やストレスの解消につながります。ロマンチックな気分やリラクゼーション感はその都度心地GOODです。
  10. 人生の後半にグレードアップした体験:
    最後に、50代以上の年齢であればあるほど、列車で日本一周する旅行は体験不足からくる豊かさと幸福感をもたらします。新たな経験への期待とワクワク感はそのまま一層幸福度へと直結します。

50代が楽しむ日本一周列車旅の準備

  1. 目的を明確にする:日本一周列車旅の目的を決めましょう。観光や文化体験、ご当地グルメなど、自分が楽しめる要素を考えましょう。
  2. ルートを計画する:どのエリアを旅するかを決め、具体的なルートを作りましょう。有名観光地や知られざる穴場スポットなど、バランスよく回ることがポイントです。
  3. 列車の予約:日本一周をする場合、多くの列車を利用することになります。事前に各列車の予約を済ませ、スムーズな移動を心掛けましょう。
  4. 必要な持ち物を準備する:快適な旅をするために、必要な持ち物を揃えましょう。必要最低限の荷物で移動することが重要です。
  5. 観光スポットやイベント情報を調べる:訪れるエリアの観光スポットやイベント情報を事前に調べておくと、旅をより楽しめます。
  6. 旅路の情報を確認する:列車のダイヤや停車駅など、旅路の情報を把握しておきましょう。迷わずに移動できるようになります。
  7. お金の管理を考える:長期の旅なので、お金の管理は重要です。旅費や食事代などを事前に計算し、予算内で過ごしましょう。
  8. 交通手段の予約:列車以外の交通手段(バスやタクシー)も利用するかもしれません。必要な場合は事前に予約しておくことをおすすめします。
  9. 宿泊施設の予約:各エリアでの宿泊施設の予約も忘れずに行いましょう。特に人気の観光地では早めの予約が必要です。
  10. お土産リストを作成する:旅先でのお土産は楽しみの一つです。自分や家族、友人へのお土産リストを作成しておいて、忘れ物がないように気を付けましょう。

50代が楽しむ日本一周列車旅のおすすめスポット

  1. 京都:歴史と文化が息づく京都は必訪スポットです。金閣寺や清水寺などの世界遺産を訪れ、美しい風景を堪能しましょう。
  2. 九州・熊本:熊本城や阿蘇山などが魅力のある九州エリア。温泉でゆっくり癒されたり、美味しい郷土料理を楽しんだりしましょう。
  3. 北海道・函館:函館は海と山に囲まれた美しい街です。夜景や海鮮料理が楽しめることで知られています。
  4. 名古屋:観光スポットが集まる名古屋は、高層ビルから歴史的建造物までさまざまな魅力があります。
  5. 東京:日本の首都・東京は多様な文化と観光スポットが溢れています。東京タワーや浅草寺などを訪れ、都会の魅力を味わいましょう。

50代が楽しむ日本一周列車旅のポイント

  1. 時間を大切にする:日本一周は長期の旅になるため、時間の有効活用が重要です。計画を事前に立て、スケジュールを守りましょう。
  2. 旅の安全を確保する:旅中の事故やトラブルを防ぐため、安全対策を徹底しましょう。保険に加入したり、貴重品は常に管理しておくことを忘れずに。
  3. ローカルな体験を楽しむ:地元の人との交流やローカルな食事体験など、現地の文化に触れることができる体験を積極的に取り入れましょう。
  4. ゆったりとしたペースで旅をする:日本一周は長期間の旅ですので、無理せずゆったりとしたペースで旅を楽しみましょう。自分のペースで周ることが大切です。
  5. バランスを考える:各エリアには魅力的なスポットがたくさんありますが、無理なくバランス良く回ることを心掛けましょう。全ての場所を制覇することよりも、充実した時間を過ごすことが大切です。

50代が楽しむ日本一周列車旅の楽しみ方

  1. 地元の特産品を堪能する:各地でのご当地グルメや特産品を楽しみましょう。食べ歩きやお土産を探すことも、旅の楽しみの一つです。
  2. 自然の美しさを堪能する:日本一周は美しい自然を存分に楽しむチャンスでもあります。山や海、川など、自然の美しさに触れることができるスポットを訪れましょう。
  3. ローカルなイベントに参加する:各地で開催されるローカルイベントに参加することで、現地の文化や伝統に触れることができます。地元の人との交流も楽しい経験になるでしょう。
  4. 歴史と文化を学ぶ:日本は歴史的な建造物や文化遺産が数多くあります。各地の歴史的な場所や博物館を訪れ、日本の歴史と文化に触れましょう。
  5. 美しい景色や夜景を楽しむ:日本一周では美しい景色や夜景を楽しむチャンスがあります。特に海や山、都市部の夜景は見逃せません。

50代が楽しむ日本一周列車旅のポイント

  1. リラックスできる上級列車の利用:快適な移動をするために、上級列車や特等席などを利用しましょう。ゆったりとした空間で旅を楽しみましょう。
  2. 旅の記録を残す:日本一周の旅は一生の思い出となります。写真や日記を残すことで、旅の記録を振り返ることができます。
  3. 健康管理を徹底する:長期の旅ですので、健康管理は欠かせません。食事や適度な運動、睡眠をしっかりと確保しましょう。
  4. 現地の情報をチェックする:旅先での天候やイベント情報など、現地の情報を常にチェックしておきましょう。予期せぬトラブルを防げることもあります。
  5. 他の旅行者との交流を楽しむ:同じく日本一周をしている旅行者との交流も楽しい経験です。情報共有や旅のエピソードの交換など、新たな出会いが待っています。

列車のチケット購入

日本一周の旅では、多くの場合、JRの「ジャパンレールパス」が非常に便利です。

このパスは、一定期間内で全国のJR列車が乗り放題となるもので、特に長距離を移動する際にはコストパフォーマンスが高いです。

また、地域限定のパスもありますので、計画に応じて選ぶことができます。

JRジャパンレールパスとは?

日本一周の最適なパートナー

「ジャパンレールパス」は、日本国内のJR(日本旅客鉄道)が運行する列車に乗る際に非常に便利なパスです。

このパスは、一定期間内にJRの列車が乗り放題となる特別なチケットです。

具体的には、新幹線をはじめとする多くの列車、さらには一部のバスやフェリーもこのパスで利用できます。

どうして便利なのか?

  1. コストパフォーマンス: 単発でチケットを購入するよりも、このパスを使った方が、特に長距離を移動する際には大幅に安くなります。
  1. 自由度: 有効期間内であれば、予定にない場所にも自由に行けます。
  1. シンプルな手続き: 一度購入すれば、別途チケットを買う手間が省けます。これが特に50代以上の方々には便利です。

種類と価格

  • 一般的なジャパンレールパス: 7日間、14日間、21日間の3種類があり、大人の場合、約29,000円から60,000円程度です。
  • 地域限定パス: 北海道レールパス、東日本レールパスなど、特定の地域だけを旅する場合に便利です。

購入方法

海外の旅行者向けには、日本到着前に購入する方法が一般的ですが、日本国内の住民でも一部のパスが購入可能です。

購入は、JRの指定窓口や公式ウェブサイト、旅行代理店などで行えます。

この「ジャパンレールパス」は、日本一周の旅を計画する際にはぜひ検討すべきオプションです。

特に50代の方々にとって、コストパフォーマンスと利便性を兼ね備えたこのパスは、日本一周の旅をより快適で充実したものにしてくれるでしょう。

参考料金表『ジャパンレールパス』

JR公式ページ引用2023年8月現在

50代が楽しむ日本一周列車旅の持ち物リスト

日本の美しい景色や文化を満喫できる列車旅は、旅行好きな50代にとって理想的な選択肢です。

しかし、十分に準備をして楽しい旅をするためには、持ち物リストが重要です。

ここでは、50代が日本一周列車旅を楽しむために必要な持ち物をリストアップします。

  1. 軽量かつ頑丈なスーツケース:長時間の移動や列車内での収納の便利さを考えて、軽くて丈夫なスーツケースを選びましょう。
  2. 快適な服装:旅行中の快適な服装は重要です。季節や気候に応じて、薄手の上着や防寒具、動きやすい服装を持っていきましょう。
  3. 歩きやすい靴:観光地の散策や移動が多いため、履き慣れた快適な靴を選びましょう。また、防水性のある靴もオススメです。
  4. 充電器と電源アダプター:スマートフォンやカメラの充電ができる充電器や国内外の電源に対応できるアダプターは必須です。
  5. 薬品と応急処置セット:健康を守るためには、必要な薬品や応急処置セットを用意しましょう。
  6. 旅行保険カード:万一の事態に備えて、旅行保険のカードを持参しましょう。突然の病気や怪我に備えることができます。
  7. 日本地図とガイドブック:日本の地図とガイドブックを持っていくことで、現地の観光地やおすすめスポットを確認することができます。
  8. 免許証やパスポート:身分証明書として必要な免許証やパスポートは、コピーを持っていくと安心です。
  9. 折りたたみ傘:急な雨に備えて、コンパクトな折りたたみ傘を持っていきましょう。
  10. お金やクレジットカード:列車内や観光地では現金が必要になることがありますので、国内外で使えるクレジットカードや現金を準備しましょう。
  11. 携帯用のヘッドフォン:列車内で音楽や映画を楽しむために、快適なヘッドフォンを持っていくと良いでしょう。
  12. パッキングキューブ:スーツケース内の整理整頓をするために、パッキングキューブを持っていくことをおすすめします。

これらの持ち物リストを参考にしながら、50代の皆さんは日本一周列車旅を充実させるために必要なものを準備しましょう。

心地よい旅のために、しっかりと準備をして思い出に残る旅行を楽しんでください。

Amazonでタブ関連を見てみる

50歳で経験した日本横断の旅を終えて〜レビュー

東京都在住の幸弘と申します。55歳の平凡なサラリーマン。

50歳の節目を迎え、自分に何ができるのか、何をすべきか見つめ直すために全国を旅する決意をしたのです。

その結果について反省し、共感する方々に語りかけてみたくなりました。

しかし、沈痛な心持ちで、なぜなら、この旅の終えとなる現在、自分が思い描いた光景と現実はかけ離れていました。

日本全国を旅し、見る景色は美しい。私の心を癒し、日々の疲れを忘れさせてくれました。

それぞれの地域の独自の文化や風習に触れることで、日本の多様性を再認識する機会ともなりました。

私自身の考え方や価値観も模索することができ、それは新たな視点を私にもたらしてくれました。

成功だと思いましたが、同時に心に深い悲しみを感じていました。

温室効果ガスの増加、海水温の上昇、森林消失。これらの現実を理解し、地球の危機を目の当たりにしてきました。

美しい風景の裏には、私たちの生活スタイルが環境に及ぼす影響があり、「自然と共生」の重要性を痛感しました。

ゴミの山、廃棄された建物、見かけば見るほど、人類のエゴと無責任さに突きつけられていました。

しかし、旅を通じて私が最も感じたのは、私たちは一人一人が変化をもたらす力を持っているということです。

沿道の人々の善意、地域団体の活動、環境保護を推進する個々の努力。

これらは必ずしも大きな変化をもたらすわけではありませんが、

しかし、私たちは一歩ずつ地球を守るための道を切り開くことができるのです。

今回の旅で私が学んだことは、個々の行動と選択が全体の未来を左右するということです。

美しい日本の風景を次世代に引き継ぐためにも、私たちは自然と共生する生活を目指すべきだと胸に刻みました。

私の話が誰かの心に響き、少しでも行動のきっかけとなれば、それが最高の旅の結果だと思います。

Amazonで旅関連 bookを見てみる

100 人気 本

日本各地の観光スポットと絶景

日本は多様な自然環境と文化が共存する美しい国です。

この章では、北海道から九州まで、各地域で特に50代の方々におすすめの観光スポットと絶景をご紹介します。

大地と美食の楽園の北海道

北海道は日本の最北部に位置する広大な地域で、美しい自然環境と新鮮な食材が魅力です。

特に50代の方々には、リラックスと冒険を同時に楽しめる多彩なスポットがあります。

おすすめルートと観光スポット

札幌到着後、小樽運河へ

  • まずは札幌空港からJRで小樽へ向かいましょう。小樽運河での散策と夜のライトアップを楽しむことができます。
  • 歴史的な建物と美しい運河が織りなす風景は、まるでヨーロッパの小さな町を思わせます。
  • Google Map Link for 小樽運河

旭山動物園公式ホームページ

公式ホームページ

公式ホームページ引用
旅のアクティビティ・マーケット【Hello Activity】
  • 小樽から札幌を経由して旭川へ。旭山動物園で一日を過ごすことができます。
  • 日本で最も人気のある動物園の一つで、特にペンギンの行進は見逃せません。
  • Google Map Link for 旭山動物

絶景ポイント

  • 知床半島
    • 旭川から特急で斜里へ。
    • 知床半島でのクルーズやトレッキングで、手つかずの自然を堪能できます。世界自然遺産にも登録されています。
    • Google Map Link for 知床半島
  • 大雪山と温泉
    • 知床から旭川へ戻り、大雪山へ。四季折々の風景が楽しめる山で、特に秋の紅葉は壮観です。登山はもちろん、周辺の温泉地でリラックスするのもおすすめです。
    • Google Map Link for 大雪山

東北:歴史と温泉が魅力

東北地方は歴史的な名所と温泉地が点在するエリアです。

特に50代の方々には、心温まる風景と日本の歴史を感じることができる場所が多くあります。

おすすめルートと観光スポット

  • 松島への訪問
    • 東北地方に到着したら、まずは松島へ。松島は日本三景の一つで、多くの小島と美しい海が広がっています。遊覧船でのクルーズがおすすめです。
    • Google Map Link for 松島
  • 五色沼の自然散策
じゃらん引用
  • 松島からは、五色沼へ。五色沼は美しい湖が点在するエリアで、ハイキングや写真撮影に最適です。
  • Google Map Link for 五色沼

絶景ポイント

  • 鳥海山
    • 鳥海山は東北地方の代表的な山で、登山やハイキングが楽しめます。山頂からの眺めは絶景です。
    • Google Map Link for 鳥海山
  • 田沢湖
    • 田沢湖は日本で最も深い湖として知られ、その静かな美しさが魅力です。湖畔での散策や、湖でのボート遊びも楽しめます。
    • Google Map Link for 田沢湖

関東:都会と自然が交錯する地域

関東地方は、都会の活気と自然の美しさが共存する多面的なエリアです。

50代の方々には、文化的な名所と自然の絶景を一度に楽しむことができます。

おすすめルートと観光スポット

  • 浅草寺の探訪
    • 関東地方に到着したら、まずは浅草寺へ。
    • 歴史的な寺院であり、雷門や仲見世通りも楽しめます。お土産選びや食事も充実しています。
    • Google Map Link for 浅草寺
  • 箱根温泉でのリラクゼーション
    • 浅草寺からは、箱根温泉へ。
    • 美しい自然環境の中で、温泉につかりながらリラックスできます。
    • Google Map Link for 箱根温泉

絶景ポイント

  • 富士山
    • 富士山は日本一の山で、その美しさは世界的にも有名です。
    • 特に箱根からの眺めは絶景とされています。
    • Google Map Link for 富士山
  • 日光の華厳の滝
    • 日光は歴史的な名所が多く、その中でも華厳の滝は見逃せません。
    • 滝壺から吹き上げる水しぶきが虹を作ることもあります。
    • Google Map Link for 華厳の滝

中部:日本の心、美しい風景と文化

おすすめルートと観光スポット

金沢の兼六園

名古屋城

長野の上高地

白川郷

近畿:歴史と現代が融合するエリア

おすすめルートと観光スポット

絶景ポイント

中国:美味しい料理と壮大な自然岡山の後楽園

  • 岡山には日本三名園の一つ、後楽園があります。
  • 美しい日本庭園での散策は心を癒します。
  • Google Map Link for 後楽園

広島平和記念公園

絶景ポイント

四国:神秘的な自然と温泉

絶景ポイント

九州:温泉と火山、自然の力を感じる

  • 長崎の出島
    • 長崎にある出島は、日本が鎖国政策を行っていた時代に、唯一外国との交流があった場所です。
    • Google Map Link for 出島
  • 熊本城

絶景ポイント

  • 阿蘇山
  • 宮崎の青島

夏の北海道から九州まで列車ルートの要約

  1. 北海道(札幌)から東北(仙台)
    • 列車: JR北海道・東日本新幹線
    • 所要時間: 約5-6時間
  2. 東北(仙台)から関東(東京)
    • 列車: 東北新幹線
    • 所要時間: 約2時間
  3. 関東(東京)から中部(名古屋)
    • 列車: 東海新幹線
    • 所要時間: 約1.5-2時間
  4. 中部(名古屋)から近畿(大阪)
    • 列車: 東海新幹線
    • 所要時間: 約1-1.5時間
  5. 近畿(大阪)から中国(広島)
    • 列車: 山陽新幹線
    • 所要時間: 約1.5-2時間
  6. 中国(広島)から四国(高松)
    • 列車: 瀬戸大橋線
    • 所要時間: 約2.5-3時間
  7. 四国(高松)から九州(博多)
    • 列車: 山陽新幹線
    • 所要時間: 約3-4時間

日本一周の列車旅行は、50代にとっても楽しみ方が無限に広がる素晴らしい経験です。

各地域の観光スポットと絶景を巡りながら、列車での移動を楽しんでみてはいかがでしょうか。

旅のアクティビティ・マーケット【Hello Activity】

コメント

コメントを残す