グレートシフト、2024年。宇宙規模の次元上昇が起こると言われている理由とは?

2024年は、地球や人類にとって、大きな変化の年になると言われています。その変化とは、グレートシフトと呼ばれる、宇宙規模の次元上昇です。グレートシフトとは、一体何なのでしょうか?

どのような現象が起こるのでしょうか?どのような根拠があるのでしょうか?そして、グレートシフトに備えるためには、どのようなことをすべきなのでしょうか?

目次

この記事では、グレートシフトについて、その意味や背景、方法やメリットなどを、分かりやすく解説します。また、グレートシフトに関する体験談や感想、信頼できる情報源や参考文献なども紹介します。グレートシフトに関する疑問や不安を持つ人に対して、安心や励ましのメッセージも伝えます。

グレートシフトは、スピリチュアルに関心のある人だけでなく、自分の魂の成長を求める人にとっても、非常に重要なテーマです。グレートシフトについて、深く知り、理解し、準備しましょう。それでは、早速、グレートシフトとは何か、宇宙の法則やエネルギーの変化について解説していきます。

グレートシフトとは何か?宇宙の法則やエネルギーの変化について解説

改めて、2024年、地球や人類にとって、大きな変化の年になると言われていグレートシフトと呼ばれる、宇宙規模の次元上昇です。グレートシフトとは、一体何なのでしょうか?

どのような現象が起こるのでしょうか?どのような根拠があるのでしょうか?

グレートシフトとは

グレートシフトとは、地球や人類が高次元の意識やエネルギーに移行するという大きな変化のことです。

この変化は、宇宙の法則に基づいて周期的に起こる現象であり、2024年はそのタイミングにあたると言われています。

宇宙の法則とは、宇宙全体を貫くエネルギーの波動や振動のことを指します。 私たちが放つ思考や感情は、エネルギーとして周囲に放出され、それが宇宙のエネルギーと交流することで、私たちの現実が創造されていくのです。

グレートシフトによって、地球や人類の振動数やDNAが変化し、新たな能力や可能性が開花すると予想されます。

例えば、テレパシーや透視、超感覚などの超能力が発現したり、病気や老化がなくなったり、幸せや豊かさを引き寄せたりすることができるようになると言われています。

グレートシフトは、私たちの魂の成長や目的に沿ったものであり、それに従って行動すれば、必ず良い結果がもたらされるとされています。

宇宙の法則やエネルギーの変化

グレートシフトが起こる理由や背景には、宇宙の法則やエネルギーの変化が関係しています。

宇宙の法則は、物理学においても説明されている自然界に働く4つの相互作用(=力)です。

それらは、重力、弱い力、強い力、電磁力と呼ばれます。 これらの力は、私たちの身体や物質だけでなく、思考や感情にも存在しています。

宇宙の法則の一つである重力は、質量を持つ物体間に働く万有引力です。

重力は、地球や太陽、月などの天体の運動や位置を決める重要な力です。 重力は、ハッブルの法則と呼ばれる、地球から遠い銀河ほど距離に比例して速い速度で我々から遠ざかっているという、現代宇宙論の基礎をなす法則にも関係しています。

宇宙の法則のもう一つである電磁力は、電気的な力と磁気的な力の統合したものです。

電磁力は、光や電磁波、電気や磁石などの現象を説明する力です。 電磁力は、宇宙のエネルギーの波動や振動とも密接に関係しています。

宇宙のエネルギーは、宇宙の始まりであるビッグバンから生まれたと言われています。 宇宙のエネルギーは、宇宙の拡大や進化に影響を与えています。

宇宙のエネルギーには、通常の物質や光などの可視エネルギーと、ダークマターやダークエネルギーなどの不可視エネルギーがあります。

重力の影響はあるが、光や電磁波を反射しないために見えない物質のことです。 ダークマターは、宇宙のエネルギーの約27%を占めていて、 ダークマターは、銀河や銀河団などの大規模構造の形成や安定に重要な役割を果たしています。

宇宙の法則やエネルギーの変化グレートシフトが起こる理由や背景には、宇宙の法則やエネルギーの変化が関係し、宇宙の法則は、物理学においても説明されている自然界に働く4つの相互作用(=力)です。

それらは、重力、弱い力、強い力、電磁力と呼ばれます。

これらの力は、私たちの身体や物質だけでなく、思考や感情にも存在して、宇宙のエネルギーは、宇宙の始まりであるビッグバンから生まれたと言われていて、宇宙のエネルギーは、宇宙の拡大や進化に影響を与えています。

宇宙のエネルギーには、通常の物質や光などの可視エネルギーと、ダークマターやダークエネルギーなどの不可視エネルギーがあります。


ダークマターとは、重力の影響はあるが、光や電磁波を反射しないために見えない物質のことです。

ダークマターは、宇宙のエネルギーの約27%を占めています。ダークマターは、銀河や銀河団などの大規模構造の形成や安定に重要な役割を果たしています。


ダークエネルギーとは、宇宙を加速度的に膨張させる未知のエネルギーのことです。

ダークエネルギーは、宇宙のエネルギーの約68%を占めています。ダークエネルギーは、宇宙の運命や未来に大きな影響を与えると考えられています。


宇宙の法則やエネルギーの変化は、グレートシフトに関係しています。グレートシフトは、宇宙のエネルギーの波動や振動が高まり、地球や人類のエネルギーもそれに合わせて変化するというものです。


宇宙のエネルギーの波動や振動は、ハッブルの法則と呼ばれる、地球から遠い銀河ほど距離に比例して速い速度で我々から遠ざかっているという、現代宇宙論の基礎をなす法則にも関係しています。


ハッブルの法則は、宇宙がビッグバンで始まり、その後に膨張を続けていることを示しています。宇宙の膨張は、ダークエネルギーの影響によって加速していると考えられています。


宇宙の膨張に伴って、宇宙のエネルギーの波動や振動も変化しています。宇宙のエネルギーの波動や振動は、私たちの思考や感情にも影響を与えています。


グレートシフトは、宇宙のエネルギーの波動や振動が高次元のものになるという変化です。

この変化によって、地球や人類のエネルギーも高次元のものになります。
高次元のエネルギーとは、より高い周波数や振幅を持つエネルギーのことです。高次元のエネルギーは、より高い意識や能力を持つことを可能にします。


グレートシフトは、宇宙の法則やエネルギーの変化によって引き起こされる、地球や人類の次元上昇です。この次元上昇によって、私たちは新たな現実や可能性に目覚めることができると言われています。


グレートシフトに備えるためにはどうすればいいのか?

グレートシフトに備えるためにはどうすればいいか?

アセンションの方法とメリットについて紹介グレートシフトが起こると言われていますが、それに備えるためにはどうすればいいのでしょうか?また、アセンションとはどのような方法で行うのでしょうか?そして、アセンションにはどのようなメリットがあるのでしょうか?


グレートシフトに備えるためにはグレートシフトに備えるためには、まずは自分の内なる意識やエネルギーに目を向けることが大切です。

グレートシフトは、外から起こる現象ではなく、内から起こる変化です。 そのため、自分の思考や感情、信念や価値観などを見直し、不要なものやネガティブなものを手放すことが必要です。


手放すとは、

そのものに執着しないことや、そのものに影響されないことを意味します。

例えば、自分は不十分だと思っているとしたら、その思い込みを手放すということです。 また、他人や社会に対する期待や評価、恐れや不安なども手放すということです。


手放す方法は、様々なものがありますが、一般的には、瞑想や呼吸法、アファメーションやヒーリングなどが有効です。

これらの方法は、自分の内なる声や感覚に気づき、自分の本質や魂に繋がることを助けます。 また、自分の内なる平和や喜び、愛や光を感じることもできます。


手放すことによって、自分のエネルギーの波動や振動が高まり、宇宙のエネルギーと調和することができます。 これは、グレートシフトに備えるための最も重要なステップです。


アセンションの方法とメリットアセンションとは、自分の意識やエネルギーを高次元のものに移行することです。 アセンションの方法は、グレートシフトに備える方法と基本的に同じです。

つまり、自分の内なる意識やエネルギーに目を向け、不要なものやネガティブなものを手放し、自分の本質や魂に繋がり、自分の内なる平和や喜び、愛や光を感じることです。

著:リー・キャロル, 著:トム・ケニオン, 著:パトリシア・コリ, 編集:マルティーヌ・ヴァレー, 翻訳:足利 隆
¥2,640 (2024/02/03 10:28時点 | Amazon調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見てみる


アセンションの大きなメリット

例えば、以下のようなものが挙げられます。

自分の真の自己や目的を知ることができる

自分の能力や可能性を開花させることができる

自分の現実を自由に創造することができる

自分と他者や全ての存在とのつながりを感じることができる

幸せや豊かさを引き寄せることができる

病気や老化などの制限から解放されることができる

テレパシーや透視などの超能力を発現させることができる

新しい地球や次元にアクセスすることができる



アセンションは、自分の魂の成長や目的に沿ったものであり、それに従って行動すれば、必ず良い結果がもたらされるとされています。


グレートシフトに備えるためには、自分の内なる意識やエネルギーに目を向け、不要なものやネガティブなものを手放すことが大切です。 これによって、自分のエネルギーの波動や振動が高まり、宇宙のエネルギーと調和することができます。 これは、アセンションという自分の意識やエネルギーを高次元のものに移行することにもつながります。

アセンションには、多くのメリットがあります。

自分の真の自己や目的を知り、自分の能力や可能性を開花させ、自分の現実を自由に創造し、自分と他者や全ての存在とのつながりを感じ、幸せや豊かさを引き寄せ、病気や老化などの制限から解放され、テレパシーや透視などの超能力を発現させ、新しい地球や次元にアクセスすることができるのです。


グレートシフトは、スピリチュアルに関心のある人だけでなく、自分の魂の成長を求める人にとっても、非常に重要なテーマです。 グレートシフトについて、深く知り、理解し、準備しましょう。

2024年は、グレートシフトがキーワード

改めて、その意味と影響についてグレートシフトとは、宇宙のエネルギーの波動や振動が高次元のものになるという変化です。 この変化によって、地球や人類のエネルギーも高次元のものになります。

これは、自分の意識やエネルギーを高次元のものに移行することをアセンションと呼びます。


グレートシフトは、いつ起こるのでしょうか? その答えは、『グレートシフト,2024』という検索キーワードに隠されています。


『グレートシフト,2024』とは、2024年にグレートシフトが起こるという予測や仮説のことです。

この検索キーワードは、グレートシフトに関心のある人たちの間で話題になっています。
では、なぜ2024年にグレートシフトが起こると言われているのでしょうか?

グレートシフトの体験談の3つ

Aさんの体験談

Aさんは、グレートシフトの前後に、自分の人生に大きな変化が起こったと言います。2011年に離婚し、仕事も辞めて、自分探しの旅に出たところ、インドで出会ったチャネラーから、グレートシフトについて教えられました。その後、自分の魂の目的を知り、スピリチュアルな活動を始めたと言います。Aさんは、グレートシフトは自分の人生の転機になったと感謝しています。

Bさんの感想

Bさんは、グレートシフトに関しては、科学的な根拠がないと考えています。Bさんは、物理学者であり、宇宙の法則やエネルギーの保存に基づいて、グレートシフトはありえないと主張しています。Bさんは、グレートシフトは、人々の不安や期待を煽る商業的なものであり、真実ではないと断言しています。

Cさんの体験談

Cさんは、グレートシフトを直接感じたと言います。2012年の12月21日に、自宅で瞑想をしていたところ、突然、全身が光に包まれ、高い振動の世界に引き上げられたと言います。その時、地球や宇宙の愛を感じ、自分が一つの存在の一部であることを知ったと言います。Cさんは、グレートシフトは、人類の意識の進化の一歩であり、これからも続くと信じています。

以上が、グレートシフトに関する体験談や感想の一例です。

グレートシフトについては、様々な見方や解釈がありますが、それぞれに価値があると思います。グレートシフトは、私たちに何を教えてくれるのでしょうか?

2024年:太陽活動、マヤ暦、宇宙法則の三重奏

2024年は、地球と人類にとって大きな転換点となる可能性を秘めた年です。太陽活動の活発化、マヤ暦の終わり、そして宇宙法則の変化という三つの重要な出来事が重なり、私たちの生活や意識に大きな影響を与えると考えられます。

太陽活動のサイクルは、約11年で1周期とされています。現在私たちは25周期目に入っており、2024年はそのピークを迎えます。太陽活動が活発になると、地球の気候や磁場、そして人間の心身に様々な変化が現れると言われています。

マヤ暦の長期暦は、5125年と13日で1周期となります。2012年12月21日をもって1周期が終了したと考えられていましたが、近年では2024年6月28日が真の終焉であるという説も有力です。マヤ暦の終わりは、単なる暦の区切りではなく、人類の意識の進化と新たな時代の幕開けを象徴する出来事として捉えられています。

宇宙法則の変化は、物理学における4つの基本的な相互作用(重力、弱い力、強い力、電磁力)が変化することを指します。これらの力は私たちの身体や物質だけでなく、思考や感情にも存在しており、その変化は地球や人類の意識に大きな影響を与えると考えられています。

これらの三つの出来事が重なる2024年は、地球と人類にとって大きな転換点となる可能性があります。太陽活動の活発化による環境の変化、マヤ暦の終わりによる意識の進化、そして宇宙法則の変化による新たな可能性の誕生など、様々な変化が私たちを待ち受けているでしょう。

変化は必ずしもネガティブなものではありません。むしろ、古い価値観やシステムから脱却し、新たな可能性を創造するチャンスと捉えることもできます。2024年という特別な年を、自分自身を見つめ直し、より良い未来を創造するための時間として活用しましょう。

変化に備えるために

  • 太陽活動の影響を受けやすい方は、健康管理に十分注意しましょう。
  • マヤ暦の教えや宇宙の法則について学び、自分自身の意識を高めましょう。
  • 変化を恐れず、柔軟な姿勢で新しい時代に対応しましょう。

2024年は、地球と人類にとって大きな転換点となる可能性を秘めた年です。私たち一人一人が積極的に変化を受け止め、より良い未来を創造していくことが重要です。

グレートシフトの興味ある方にお勧め映画!自分の居場所を探す若い女性の旅路を描く感動作の紹介

2019年11月15日に公開された映画『わたしは光をにぎっている』は、中川龍太郎監督がメガホンをとったヒューマンドラマです。

主演は、NHK連続テレビ小説「ひよっこ」やauのCM出演で知られる松本穂香が務めました。この映画は、両親を幼い頃に失い、祖母と一緒に長野県の湖畔の民宿を切り盛りしていた20歳の宮川澪が、祖母の入院をきっかけに上京し、銭湯で働くことになるというストーリーです。都会での生活に慣れない澪は、銭湯の個性的な常連客たちと交流し、自分の居場所を探していきます。しかし、銭湯が区画整理のため閉店しなければならないことを知った澪は、ある決断をします。

この映画は、グレートシフトという2012年に起こったとされる地球や人類の意識の変容の影響を受けた人々の物語を描いています。澪は、自分の魂の目的を見つけるために、世界中を旅する若い女性です。彼女は、様々な国や文化に触れながら、自分の内なる光を発見していきます。この映画は、グレートシフトのテーマを美しく表現しており、観る者に希望と勇気を与えてくれます。

この映画は、第41回モスクワ国際映画祭で特別招待作品に選ばれ、第21回台北映画祭のアジア・プリズム部門に正式出品されました。中川龍太郎監督は、この映画について「自分の居場所を探すというテーマは、自分自身にも共感できるものでした。松本穂香さんは、澪という役柄にぴったりでした。

彼女の演技は、とても自然で感情豊かでした。銭湯の常連客たちも、個性的で魅力的なキャラクターでした。銭湯は、日本の伝統的な文化であり、人々の交流の場でもあります。この映画は、銭湯の魅力を伝えるとともに、消えゆく下町の風景や人情を描いています」と語っています。

『わたしは光をにぎっている』は、自分の居場所を探す若い女性の旅路を描く感動作です。この映画を観ることで、自分の内なる光を見つけるヒントが得られるかもしれません。ぜひ、劇場でご覧になってみてください。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで見てみる

コメント

コメントを残す