2023年の富士ステークス:競馬の舞台で繰り広げられるドラマが待っている?!

富士ステークスは、日本競馬の中でも特別なレースです。このレースは、1981年にジャパンカップ創設に伴い、国際招待競走として始まりました。当初は東京競馬場の芝1800メートルで行われていましたが、1997年に距離が芝1400メートルに短縮され、11月下旬に開催されるようになりました。この変更により、当時12月中旬に行われていたスプリンターズSの前哨戦として位置づけられました。

目次

データから見るレースの傾向

  • 年齢別成績: 過去10年のデータによると、好走率が最も高いのは4歳馬です。しかし、GⅡに昇格した2020年以降では、3歳馬が優勢になっています。
  • 昇格後の影響: 2020年にGⅡに昇格して以降、このレースはさらに注目を集めています。例えば、2020年の優勝馬セリフォスは、その後のマイルチャンピオンシップも制し、JRA賞最優秀短距離馬に輝きました。
  • ビッグレースへの布石: 富士ステークスは、翌年以降のビッグレースに影響を与えることが多いです。例えば、2021年の富士Sで重賞制覇を果たしたソングラインは、翌2022年の安田記念でGⅠタイトルを獲得しました。

富士ステークスは、単なる一戦ではありません。

多くの馬がこのレースを通じて名声を得て、その後のビッグレースで活躍する場合が多いです。それだけでなく、年齢やクラス、そして戦術によってもレースの結果が大きく変わる、非常に戦略的なレースです。

2023年、今年の有力馬の7頭

  • ソーヴァリアント(牡5歳、調教師:大竹正博)
  • ナミュール(牝4歳、調教師:高野友和)
  • イルーシヴパンサー(牡5歳、調教師:久保田貴士)
  • エターナルタイム(牝4歳、調教師:中川公成)
  • キラーアビリティ(牡4歳、調教師:斉藤崇史)
  • ダノンタッチダウン(牡3歳、調教師:安田隆行)
  • レッドモンレーヴ(牡4歳、調教師:蛯名正義)

ソーヴァリアント

前回の札幌記念では、高レベルなメンバーが揃った中で見事なパフォーマンスを披露し、3位に食い込んだ。GⅠクラスのジャックドール、ウインマリリン、シャフリヤールを上回る結果を出し、前の2戦で失敗した後の回復を見せた。

騎手のC.ルメール氏も「冷静な走りで、勝利した馬にもしっかりと迫ることができた」と評価している。半姉マジックキャッスルと半兄ソーグリッタリング(父はステイゴールド)のように、マイルでの実績がある血統背景を持つため、初めてのマイル戦でも十分に対応可能。

その名の意味する通り「非常に勇敢」な一戦が期待される。

ナミュール

前回の安田記念では、直線で加速し始めた瞬間に内側の馬に押し込まれ、その影響で16位に沈んだ。それに続くヴィクトリアマイルでもスタート直後に他の馬に寄せられる不運があり、7位に終わるなど、GⅠレースでの不発が続いている。それでも、2022年のチューリップ賞で初の重賞勝利を挙げ、オークスで3位、秋華賞で2位という成績を残しており、その実力は確か。

特に、東京の芝1600メートルでは2021年の赤松賞で優勝、今年の東京新聞杯で2位と、得意とする条件での好成績がある。問題はスムーズなレース展開ができるかどうか。

それが叶えば、すぐに復活する可能性が高い。馬の名前は「サンブル川とミューズ川が交わるベルギーの地名に由来し、母馬の名前から連想されている。

イルーシブパンサー

前回の安田記念では、中団から慎重に進出し、得意の直線で力を発揮。最後は10着に終わったが、優勝馬ソングラインとのタイム差はわずか0.8秒で、着順よりも実力は高いと感じられた。騎手の岩田望来は「スタートもスムーズで、優勝馬を参考にレースを進められました。

ちょっとした要素が合えば、このレベルでも十分戦える」と前向きなコメントを残した。

特に印象的だったのは昨年の東京新聞杯で、後方から驚異的なスピードで追い上げ、上がり3ハロンのタイムは33.1秒(推定)で、次に速い馬に0.8秒の差をつけた。

東京マイルで失速したのはGⅠの2戦だけで、この対戦相手なら、再び見事な差し切りも十分に考えられる。馬の名前は「母の名前の一部と豹を組み合わせたもの」である。

エターナルタイム

驚異的なレースセンスを持ち、7戦中4着以下がたった一度という安定したパフォーマンスが目を引く。特に東京での最近の4戦で3勝を挙げるなど、明らかに力をつけている。

3戦前に芝1600メートルの2勝クラスで下したアスクコンナモンダがその後2連勝している点も、対戦相手の質が高いことを示している。予定していた関屋記念は夏バテの影響で出走を見送ったが、もし出走していたら上位人気になると見られていた。

慎重に調整されて重賞初挑戦となる今回、侮ってはいけない存在である。もし勝てば、1998年のエアジハード以来、前走が条件クラスからの優勝となる。今後もさらなる高みを目指せる有望馬である。馬名は「永遠の時」を意味している。


キラーアビリティー

7番人気で挑んだ前回の新潟大賞典は、非常に厳しい馬場状態でのレースだった。59キログラムのトップハンデを背負いながらも、最終的には5着でフィニッシュし、GⅠ経験馬としての風格を見せた。

騎手の北村友一は「スタートで少し遅れてしまい、ポジションが不利になりましたが、その状況でよく頑張ってくれた」と評価している。昨年の中日新聞杯で見せた復活劇、そして大阪杯での失速はあったものの、京都記念と新潟大賞典では5着以内に入るなど、GⅡ、GⅢレベルでは安定した成績を残している。

今回が初のマイル挑戦となるが、これが新たな刺激となれば、勝利も十分に視野に入る。馬名は「卓越した才能」を意味し、母名や一族名からインスパイアされている。

ダノンタッチダウン

前回のNHKマイルCでは中団から徐々に加速し、大迫力のフットワークで先行集団に迫り、勝者シャンパンカラーとのタイム差はわずか0.4秒で4着に食い込んだ。騎手の川田将雅は「本当に素晴らしい走りだった。

もし良い馬場であれば…」と、稍重の馬場を唯一の不満点として挙げた。デイリー杯2歳Sと朝日杯フューチュリティSでの2着は、いずれもメンバー最速の上がり3ハロンタイムを記録しており、特に前回のNHKマイルCと、重馬場での2走前の皐月賞では、本来の能力が十分に発揮できていないように見える。

もし良馬場であれば、東京の直線での急加速が期待できる。馬名は「冠名とアメリカンフットボール用語の組み合わせ」から来ている。

レッドモンレーブ

GⅠ初挑戦だった前走・安田記念。中団後方でうまく折り合うと、直線はスムーズに加速した。上位の馬には伸び負けたが、勝ち馬と0秒6差(6着)なら次につながる敗戦。騎乗した横山和生騎手は「ゲートでも我慢してくれたのが一番よかったです。勝ち馬の後ろが取れて、直線を向く時の雰囲気もオッというところがありました」と収穫ありの様子だった。

陣営はとにかく馬の気持ちに寄り添った調整を続けてきた。以前のようなレース前にエキサイトする面は解消されつつあり、勝負どころまでエネルギーを温存できるようになった。京王杯スプリングC(1着)で見せた豪脚で、2つ目の重賞タイトルを目指す。馬名の由来は「冠名+私の夢(仏)

最も注目したい『1頭』とは?

ナミュールだ!

半兄ヴェスターヴァルト(父はノヴェリスト)がオープンクラスに昇格し、半妹ラヴェル(父はキタサンブラック)も昨年のアルテミスSで優勝するなど、母系からの強固な血統背景を持つ。牝馬三冠での成功もその底力を証明しており、春季シーズンでの活躍が十分に期待できる。

jra引用元

ナミュール(Namur)のプロフィール

  • : ハービンジャー
  • : サンブルエミューズ
  • 母の父: ダイワメジャー
  • 性別: 牝(雌)
  • 馬齢: 4歳
  • 調教師: 高野友和(栗東)
  • 馬主: (有)キャロットファーム
  • 生年月日: 2019年3月2日
  • 生産牧場: ノーザンファーム
  • 毛色: 鹿毛
  • 産地: 安平町
  • 馬名の由来: サンブル川とミューズ川が合流するベルギーの都市。母名より連想。
  • レーティング(2023年): 110 M (T)
  • JPNサラブレッドランキング(2022年): 113 I (T)
  • 総賞金: 193,337,000円
  • 収得賞金(平地): 65,000,000円

主な出走レースと成績

  • 2023年6月4日: 安田記念(東京、芝1600m、良、18頭、9人気、16着)
  • 2023年5月14日: ヴィクトリア(東京、芝1600m、良、16頭、2人気、7着)
  • 2023年2月5日: 東京新聞杯(東京、芝1600m、良、16頭、2人気、2着)

引用元: JRA公式サイト

  • 恩田陸の文学世界:読まないと損をするかも!「夜明けの花園」累計100万部突破!

  • ソウルメイトとツインソウル:運命の出会いを理解する!魂のパートナーとの深いつながりを見つけるためのガイド

  • 未来を読み解く才能!実力派霊能者、木村藤子の驚異の予知能力とは?その秘密に迫る!

コメント

コメントを残す